同梱物で顧客の心をつかむテクニック・アイデアその1

印象に残る同梱物

この記事は約4分で読むことができます。

ECサイト運営者として、まず認識しないといけないことのひとつが「購入者は必ずしも、あなたのお店を指名して購入したのではなく『たまたま』買っただけ。そして、購入後、あなたのお店を記憶することは、まずない。」ということです。

さらに言うなら、よほどのことがない限り「思い出すこともない。」ということです。

新規客の大半は通りすがりです。

ですから、注文に対して、普通に商品を送るだけでは、リピートはまず望めないんですよね。

リピートしてもらうには、憶えてもらうこと。

そして、思い出してもらうこと。

その「憶えてもらう」ためのテクニックのひとつが同梱物です。

商品を購入したら、手書きで「ありがとうございました。なんたらかんたら・・・」と、付箋やメモなどが入っていた経験のある人も多いと思いますが、そが記憶するほどのインパクトがあるかというと、そうでもないですよね?

ま、手書きの手紙を見たこともない人にとっては衝撃かもしれませんが、通販常用者にとっては、特段印象に残るものでもありません。

今回利用したR天のお店は、ひとひねりした同梱物を入れていて印象に残ったので紹介します。

それは・・・

大入り袋

小さな(お年玉を入れるぽち袋サイズ)に5円玉。

そこまでなら、誰しも思いつくことです。5円玉をもらったら捨てる日本人はいないでしょうから、とりあえず見ます。

でも、今回のお店は違います。

その5円玉に付加価値をつけてきました。

東京銭洗い弁天と呼ばれている小網神社で清められた5円です。

本当に清められたかどうかは不明ですが、そんなご利益(ここで洗った硬貨を財布の中に入れておくと、それが「種銭」となってお金を呼び寄せるとか。」)のありそうな5円玉はインパクトがあります。

なかなか粋な同梱物を入れるなぁ~と印象に残りました。

ただ、そういった付加価値のついたような同梱物を、「だた入れたら」良いかと言うと、そうではないと思います。

このお店を利用する前に、一度問い合わせをしたのですが、その返答が「人情味にあふれる」というか、一個人が普通に返信を書いた感じの文面だったんですよね。

ちょっとわかりにくいかも知れませんが、いわゆる、AIでも、できそうな機械的な、マニュアル的な返答ではなかったってことです。

例えば、AI的な返答なら「お問い合わせありがとうございます。商品Aの重さは476gです。」と言うところを、当該店舗の返答は「お問い合わせありがとうございます。店長の髙島です。重さは476gです。ペットボトルの500mlぐらいのイメージですね。見た目ほど重くないですよ!」という感じでした。

というわけで、個人的に、とっても印象に残った同梱物だったのでメモっておきます。

そして、参考にしたいと思います。

ちなみに、そのお店は中野区ですから、日本橋まではそこそこ距離がありますよね。清めている写真などがあれば、よりリアリティーがありますよね。

ちなみに、今回のような個性的な同梱物でリピート策の工夫をしているお店は、Eストアーショップサーブで出店している専門に多い印象です。

「なんでもかんでも扱っているお店」はあまりやってないし、やったところで効果ないですね。専門店専用のテクニックですね。