*

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

この記事は約4分で読むことができます。

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」というビジネスも、なかなかおもしろそうです。そういった売買ができるポータルサイトを見ていると、各案件の撤退理由には「本業が忙しくなったから」とか「別で始めた事業に集中するため」とか言った理由が書かれていることが多いです。

売却

確かに、例えば、月商500万のネットショップができたとき、同時進行で運営している月商2万、3万のお店は、必然的に、おざなりになってしまいます。人間、現金なもんで、つい、優等生をかわいがってしまうわけです。そこで、そういったメインに比べて重要度の低いサービスは、他人や会社に売り飛ばしてしまうという案も浮上します。

でも、これらは「結果的に、そうなってしまうケース」ですが、逆転の発送で、売却目的にサイトを立ち上げるというもの全然アリということになります。そうなると夢は広がります。

当然、赤字のネットショップやECサイトは売れるワケがありませんが、ある程度の集客力があったり、会員も持っていたり、PV(ページビュー)があれば、それなりの値段がつきます。もしかすると、2年3年と運営していれば、現状より大きな収益を生むかもしれませんが、そこに執着せず、すぐに手放すというもの悪くないと思います。

必要なのは、(1)アイデア、(2)技術力、(3)そして売買に関する知識

(1)アイデア・・・これがなければ何も生まれないので、とにかく見聞を広げて、だれもまだ手をつけていないアイデアを見つけることですね。

(2)技術力・・・サイトを立ち上げて、SEO施してPVや売上の実績を作る。売上に関しては1円以上であれば、「ポテンシャルあり」ということで、評価される可能性は高いでしょう。サイトのシステムは、ショップサーブなどを使って、仕組みを作っておけば、技術的な引き継ぎはいらないので、そこはASPを使っておきたいですね。

(3)売買・・・売った買ったが基本ですが、ドメインやサーバーの名義変更などが必要になるので、あらかじめ、そういったことに対応できるサービスをあらかじめ選んでおく必要があります。ムームードメイン(mumu domain)もショップサーブも簡単にできます。

後は引き継ぎ系です。小さいとは言え、事業そのものを譲渡するわけですから、運営方法を完全にシステム化、マニュアル化しておく必要があります。勘に頼る部分とか、暗黙知の部分はなるべくないほうが良さそうです。HTMLがわからないような人でも運営できる仕組みを作っておけば、より高く売却できるでしょう。おそらく。。。

ちなみに、yahoo! shoppingで作ったネットショップを譲渡することは今のところ無理です。X店をA社からB社に譲渡する場合、B社はX店のデータを譲り受けても、X店をそのまま運営することはできません。B社が新たにYと計約して新店を開設した上で、X店のデータをインポートしなければいけないようです。

http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/a_id/101387/p/519

事業譲渡

Adsense

関連記事

呪縛からの開放

無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システム)。かつては、「無料で作る」

記事を読む

副業GO

副業はネットショップでGO!

「脱サラしてネットショップ起業」なんて言葉も、なつかしいですが、今では副業基本ですからね。 ど

記事を読む

ランディングページ

LP作成、ショップサーブは使えない

「単品販売用のちゃんとしたランディングページ(LP)作る場合、ショップサーブって使えないよね

記事を読む

自動引落

クレジットカードの継続課金、自動引き落としについて調べ中

お客さんに定期的に買って欲しい新商品をがあって、それを、「カードで毎月引き落としするあれでやってみる

記事を読む

ヤフオクドル箱

ヤフオクがドル箱状態に?

最近よくヤフオクを使うんですが、すんごい売れるんですよね。 一時期は、同業他社もネット

記事を読む

ネットがつまらない

ネットがつまらなくなった理由を考えてみた

古くからネットをやっている人で「ネットつまらなくなったよね~」という人は多いです。スマホ世代はそうで

記事を読む

キャンセル

客としてキャンセルのメールを書くなら

「自分なら、キャンセルメールはこのように書く。」という文例。 参考になるかどうかはわかりません

記事を読む

アンカリング効果

そのテクニックには心理学の名前があった

ページ作りや商品構成を考えてるときに、普通に使っているあのテクニックやこのテクニック。 実は、

記事を読む

アプリ開発

CGIやPHPアプリ開発前に依頼者が理解、習得しておくべきこと

ネットショップ開業と同じく、一発当てられる可能性を秘めているスマホアプリ、CGIやPHPアプ

記事を読む

送料無料

「送料無料」・・・無料なのはお客さんだけ(泣)

おもしろランディング・キーワード「ネットショップ 送料無料の送料はどこが払っているのですか?」。昨日

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑