*

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

この記事は約4分で読むことができます。

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」というビジネスも、なかなかおもしろそうです。そういった売買ができるポータルサイトを見ていると、各案件の撤退理由には「本業が忙しくなったから」とか「別で始めた事業に集中するため」とか言った理由が書かれていることが多いです。

売却

確かに、例えば、月商500万のネットショップができたとき、同時進行で運営している月商2万、3万のお店は、必然的に、おざなりになってしまいます。人間、現金なもんで、つい、優等生をかわいがってしまうわけです。そこで、そういったメインに比べて重要度の低いサービスは、他人や会社に売り飛ばしてしまうという案も浮上します。

でも、これらは「結果的に、そうなってしまうケース」ですが、逆転の発送で、売却目的にサイトを立ち上げるというもの全然アリということになります。そうなると夢は広がります。

当然、赤字のネットショップやECサイトは売れるワケがありませんが、ある程度の集客力があったり、会員も持っていたり、PV(ページビュー)があれば、それなりの値段がつきます。もしかすると、2年3年と運営していれば、現状より大きな収益を生むかもしれませんが、そこに執着せず、すぐに手放すというもの悪くないと思います。

必要なのは、(1)アイデア、(2)技術力、(3)そして売買に関する知識

(1)アイデア・・・これがなければ何も生まれないので、とにかく見聞を広げて、だれもまだ手をつけていないアイデアを見つけることですね。

(2)技術力・・・サイトを立ち上げて、SEO施してPVや売上の実績を作る。売上に関しては1円以上であれば、「ポテンシャルあり」ということで、評価される可能性は高いでしょう。サイトのシステムは、ショップサーブなどを使って、仕組みを作っておけば、技術的な引き継ぎはいらないので、そこはASPを使っておきたいですね。

(3)売買・・・売った買ったが基本ですが、ドメインやサーバーの名義変更などが必要になるので、あらかじめ、そういったことに対応できるサービスをあらかじめ選んでおく必要があります。ムームードメイン(mumu domain)もショップサーブも簡単にできます。

後は引き継ぎ系です。小さいとは言え、事業そのものを譲渡するわけですから、運営方法を完全にシステム化、マニュアル化しておく必要があります。勘に頼る部分とか、暗黙知の部分はなるべくないほうが良さそうです。HTMLがわからないような人でも運営できる仕組みを作っておけば、より高く売却できるでしょう。おそらく。。。

ちなみに、yahoo! shoppingで作ったネットショップを譲渡することは今のところ無理です。X店をA社からB社に譲渡する場合、B社はX店のデータを譲り受けても、X店をそのまま運営することはできません。B社が新たにYと計約して新店を開設した上で、X店のデータをインポートしなければいけないようです。

http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/a_id/101387/p/519

事業譲渡

Adsense

関連記事

no image

訪問キーワードを見てあれこれぐだぐだ

人生山あり谷ありとは言いますが、人生暇あり忙ありもアリじゃないでしょうか。すう「忙しい」と声に出して

記事を読む

画像の切り抜き

画像の切り抜き方

AdobeのPHOTOSHOP(フォトショップ)など、写真編集のテクニックのひとつに「切り抜き」とい

記事を読む

ROE

「とは」で検索して「とは」について考えたSEO

ネットショップ運営者に取って「検索」は、ショップ運営する上での呼吸のようなものです。ほぼ毎日欠かさず

記事を読む

コンテンツマーケティング2

コンテンツマーケティング。利用する側から。

今から7、8年前でしょうか。激しく怒ったことがあるんです。 ブランドバッグ等のネット販売す

記事を読む

URL書き換え

動的URLを静的URLに書き換えるための.htaccessの書き方(さくらインターネット版)

動的URLの例 https://〜〜.com/abc.php?id=def&color=b

記事を読む

TVショッピング

テレビショッピングは販売の仕掛けなど見どころ満載

テレビショッピングと言えばショップチャンネル。日本初のTV通販番組として1996年に設立された会社で

記事を読む

no image

役に立つビジネス書籍の見分け方について

ついビジネス書に手が伸びるわけですが、かなりの確率でババを引いてしまいます。最終的にハズレを引いたの

記事を読む

メイクショップとショップサーブ比較

今さらメイクショップとショップサーブを比較してみた

「隣の芝生は青い。」ってことわざがありますよね。 英語で言えば、The grass is

記事を読む

no image

文章検索増加傾向

もっぱらパソコン検索なので、「オーケーGoogle」を使ったことがないのでわかりませんが、文章での検

記事を読む

baseアプリ

ベイス(base)はネット開業ASPの理想形

ショップサーブでお店を運営しながら、つい、使いにくい点に不満たらたらで、ブログにも「あんな機能とかこ

記事を読む

Adsense

Adsense

最強のメルマガCGI
メルマガCGI、こんなに素晴らしい最強のCGIがあったのを忘れていた・・・

2018年からの傾向なんですが、通販システムを借りているショップサ

事情
一部のネット販売店の実情

最近話したAさんのお話。。。「ネット販売やっています。」というと、

確定申告
2019年確定申告の時期だよ~テキトーな個人的裏(ウラ)話

来ましたか?確定申告のハガキ!1月下旬に来たハガキ、忘れないように

みるみる残高が増える
やれば、銀行口座残高がみるみる増えるヽ(^o^)

銀行口座の残高が増えるって嬉しい! って思いませんか? 思

insta
instagramやるべき店とやるべきではない店(ネット販売)

インスタは一応アカウント持ってますが何年か放置です。当然です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑