*

ニュース記事の編集って楽しそう

公開日: : 最終更新日:2018/07/11 ネーミング・キャッチコピー

この記事は約3分で読むことができます。

最近よくyahooニュースを見ることが多いのですが、「見出しよく考えられてるよね~」と思っていたところ、おもしろい記事がありました。ヤフーのニュース記事編集部の話です。

見出しはほぼすべて13文字!

へぇ~~~気づかなかった!

ですよね。

この記事では、その見出し13文字ルールにしているものの、ホイットニーヒューストン(これだけで12文字)などの見出しを作るときに、とても悩んだそうです。

そこで、考えた末言い換えた言葉が「米歌姫」

いやぁ~素晴らしい発想ですね。というか、その仕事楽しそうなんですけど?

また、『【WeezerのVo.なぜ紅白目指す】という見出しを、【米人気歌手 なぜJ-POPに挑戦】』と変更したところクリック率が3倍になったといったエピソードも紹介されています。

これもオモシロイですね~

Weezerと具体的なバンド名を出すより、「米人気歌手」と具体名を隠すことで好奇心を刺激されます。隠されると見たい知りたいって思いますから。チラリのあれと同じです。禁止されるとやってみたくなるカリギュラ効果も同系統の心理効果です。

さらに、おいしいのは、ヤフーニュース20年のノウハウの一部として、ユーザーにクリックしてもらうための言葉が紹介されています。これ言っちゃっていいの?って感じですよね。

そのクリックを誘う言葉として紹介されていたのは、「なぜ」「理由」「訳」「真相」「○○の正体」、読み手の感情を揺さぶる「激怒」「謎の」「珍事」「批判殺到」、ニュースへの反応「場内あ然」「まさか」「衝撃」です。

今ではブログなど、いろいろな記事で見かける言葉ばかりので、驚きはないですが、確かにこれらの言葉を使われると、興味をそそられますよね。

もうひとつ。

【三木谷氏 けがで短パン会見】など、ユーザーにとって非日常的な言葉と身近さを感じる言葉の組み合わせによる意外性も反応は良かったそうです。「あのITトップ企業の社長が短パンで会見!?」認知的不協和の心理効果を感じますね。

編集部の仕事って楽しそう。転職できないかな~。できれば、ショップサーブのEストアーとダブルワークで。

参考・引用
https://news.yahoo.co.jp/newshack/inside/yahoonews_topics_heading.html



Adsense

関連記事

キャッチコピー

売れるキャッチコピー作成の基本を動画で学ぶ

売れるキャッチコピーの作り方を学びたい! そんなときは、つい本を買おうとしてしまいます。確かに

記事を読む

チョコとオズボーン

バレンタイン商戦のブレイクスルーに学ぶ

いよいよ今月の一大イベントのバレンタインデーです。バレンタインと言えば、昔は「女性が好きな男性にチョ

記事を読む

ランディングページテンプレート

ランディングページ・テンプレートPC用

「これぞランディングページ販売向けの商品」と言えるモノが入ってきました。 これまでもランディン

記事を読む

大人専用

難しいことはイヤ!簡単にオリジナルロゴを作りたい。

ネットショップをやっていても、ロゴ作成だの写真編集だの、面倒くさくなるんですよね。いちいちソフトを立

記事を読む

ECサイト運営者の思い込み

ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重要性をあらためて感じた事件、い

記事を読む

movie

映画からキャッチコピーやキャッチフレーズを学ぶ

暇すぎて、HULUで映画を観ました。 これ。 映画のネット配信、便利ですよね。レンタ

記事を読む

納税は国民の義務

税理士法人のネーミング(ヒマつぶし)

ランサーズ(Lancers:仕事募集応募サイト)を見ていると、新規法人や新商品、新サービスのネーミン

記事を読む

no image

オリジナルプリントを入れたダンボールや宅配袋の効果

昔々、それは、まだショッピングカートCGIなどを使っていた時代に、佐川のドライバー君が近所でネット販

記事を読む

動詞の名詞化

アクションボタンを動詞から名詞に変換する

ショッピングサイトをはじめランディングページにはユーザーにアクションを促すボタンが配置されていま

記事を読む

LPOケーススタディ

ランディグページのデザイン・設計のケーススタディー

英語が聞き取れないコンプレックスを持っているがために、つい反応してしまった広告がこれ。イ*ラン先生・

記事を読む

Adsense

Adsense

バリエーション売上げアップ
ショップサーブのバリエーションを使った売上アップテクニック

バリエーションの使い方で、わかりやすい例は、「同じ柄のTシャツでサイズ

アマゾン2018
何でもかんでもアマゾンに出品すりゃ売れるってわけじゃない!?

「アマゾンにやらてちゃって・・・」といったネットショップオーナーの嘆き

コンテンツマーケティング2
コンテンツマーケティング。利用する側から。

今から7、8年前でしょうか。激しく怒ったことがあるんです。

ECサイト
回り回って、結局、ネットショップ(ECサイト)が一番イイネ

ある企業に5年社員として働いて転職した人が言ってました。

SEO Wiz
Googleが称賛したWixのSEO Wiz

2018年5月10日に行われたGoogleの開発者カンファレンス「Go

→もっと見る

PAGE TOP ↑