*

緊急!自作ネットショップさんは早急に常時SSL化を

公開日: : 最終更新日:2018/07/08 ECニュース, ウェブ・テクニック

この記事は約4分で読むことができます。

常時SSL化

ネットショップ運営者として「常時SSL化って何?」という方、相当ヤバイですよ。特に、自作構築でネットショップを運営している人は急務の話です。モール出店や、ショップサーブなどのASPでお店を出している場合は、さほど心配する必要はございません。

もし、あなたの自作のネットショップがこれからも「http://」のままだと、近い将来、ブラウザに表示されないかもしれません。「ブラウザに表示されない」=「お客様はショッピングができない」=「売上0円」。月商10万のお店であっても、月商10億のお店であっても、ある日を起点に、ECサイトの存在そのものが葬り去られる可能性が出てきたのです。

いや~~~~これは実に恐ろしい!しばらくしたら復旧するような、サーバーダウンどころの話じゃないです。

さて、常時SSL化。

何?

という方に簡単に説明。

昔ながらの「http://」でブラウザから接続した場合、セキュリティーが甘いんです。情報がダダ漏れする場合があるわけです。そこで、近年の流れでは「https://」と暗号化で接続する仕組みが普及してきています。

数年前までは、「情報のやり取りのページさえSSL化されていば良し」という雰囲気がありましたが、今現在は、「全部まるごとSSL」でないとダメであるという流れになってきたのです。

ちょっと大げさになりました、常時SSL化は、自作ユーザーにとっては、技術的には初歩レベルなので、すぐに対処できるかと思います。HTMLをソースレベルで扱えますし、フルパスだの相対パスなども当然理解していますからイージーだと思います。

ただ!自作ページ数に比例して工数も増えるので何千ページを作っている方は、ブラックな作業を覚悟したほうがよろしいかと思います。

そして、一言にSSLと言っても、無料サービスから、年間24万円のサービスがあります。とりあえずは、ほとんどの方は無料を選ぶかと思いますが、「あなたの借りているサーバーが、その無料SSLを提供してくれていますか?」というのが第一関門です。

このサイトは、さくらインターネットで運用していますが、無料のSSLの提供があります。

でも、ネットショップ運営ではHETEMLを使っているのですが、無料SSLを利用するには、新サーバーへの移行が必要になります。移行の際、CGI他、設定や記述が変わる場合があるので、HETEML利用ユーザーさんは注意が必要です。カラー・ミーショップ・プロは、さすがですね。ポチポチっと簡単に移行できてしまいます。

そして、1店舗だけで使っている某W社などは、新サーバーへの移行が必須(無料)のうえ、SSLは年間3万円程度~という場合(無料SSLの提供なし)もあります。新サーバーへの引っ越し作業や有料SSLを考えるとWは解約ですね。

まずは、あなたのネットショップがどこのサーバーを利用しているかによって、これからの対策が変わるかと思います。


Adsense

関連記事

保存忘れ

保存作業しなくていいツールを選ぼう

Window98とか、その辺りの時代によくやってしまった事故。 データ保存忘れ・・・ 3

記事を読む

no image

リアルタイム受注状況を表示させる方法(無料CGI提供)

楽天で良く見かけるリアルタイム受注状況の小窓(こんなやつ)ですが、ショップサーブにはその機能はありま

記事を読む

ヤフー掲示板

このアイデアは失敗に終わった

カラーミーの助け合い掲示板は盛況なのに、yahoo! shoppingの出店者用の助け合い(サポート

記事を読む

記事ライター

副業記事ライターが知るべきの3つの知識

ネットには色んな仕事があって、その中の内職的仕事のひとつが記事ライター。ブログやサイトの記事を書いて

記事を読む

副業モバイル格安SIM

副業のモバイル環境、格安SIMについて

ネットショップ開業は副業として始める時代となって久しいですが、サイドビジネスを持つ人の大半は、本業の

記事を読む

サイト風テーマがない

WordPressのサイト風テーマがない

あるテーマを思いついたんですが、ブログというよりサイトなんですよね。で、今さらHTMLでページ作成な

記事を読む

Wixニュースレター

Wix.comのニュースレター送信機能をテストしてみた

メルマガ(ニュースレター)を送信する場合、昔はメルマガCGIを使っていましたが、現在はメール送信専用

記事を読む

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング制作中

新しくブログというか、ウェブサイトを作っています。いわゆるコンテンツマーケティングの部類にはいるので

記事を読む

CPI

レンタルサーバーの時代はもう終わった

レンタルサーバーを借りてネットショップを作ったりホームページを作ったりしたい人が、2004年に100

記事を読む

非SSL化やばい

非SSL、ついにレッドカード警告(常時SSL化の件)

常時SSL化されてないサイトを、チェックしたところ、赤文字で警告が出ていました。 これ

記事を読む

Adsense

Adsense

バリエーション売上げアップ
ショップサーブのバリエーションを使った売上アップテクニック

バリエーションの使い方で、わかりやすい例は、「同じ柄のTシャツでサイズ

アマゾン2018
何でもかんでもアマゾンに出品すりゃ売れるってわけじゃない!?

「アマゾンにやらてちゃって・・・」といったネットショップオーナーの嘆き

コンテンツマーケティング2
コンテンツマーケティング。利用する側から。

今から7、8年前でしょうか。激しく怒ったことがあるんです。

ECサイト
回り回って、結局、ネットショップ(ECサイト)が一番イイネ

ある企業に5年社員として働いて転職した人が言ってました。

SEO Wiz
Googleが称賛したWixのSEO Wiz

2018年5月10日に行われたGoogleの開発者カンファレンス「Go

→もっと見る

PAGE TOP ↑