*

緊急!自作ネットショップさんは早急に常時SSL化を

公開日: : 最終更新日:2018/07/08 ECニュース, ウェブ・テクニック

この記事は約4分で読むことができます。

常時SSL化

ネットショップ運営者として「常時SSL化って何?」という方、相当ヤバイですよ。特に、自作構築でネットショップを運営している人は急務の話です。モール出店や、ショップサーブなどのASPでお店を出している場合は、さほど心配する必要はございません。

もし、あなたの自作のネットショップがこれからも「http://」のままだと、近い将来、ブラウザに表示されないかもしれません。「ブラウザに表示されない」=「お客様はショッピングができない」=「売上0円」。月商10万のお店であっても、月商10億のお店であっても、ある日を起点に、ECサイトの存在そのものが葬り去られる可能性が出てきたのです。

いや~~~~これは実に恐ろしい!しばらくしたら復旧するような、サーバーダウンどころの話じゃないです。

さて、常時SSL化。

何?

という方に簡単に説明。

昔ながらの「http://」でブラウザから接続した場合、セキュリティーが甘いんです。情報がダダ漏れする場合があるわけです。そこで、近年の流れでは「https://」と暗号化で接続する仕組みが普及してきています。

数年前までは、「情報のやり取りのページさえSSL化されていば良し」という雰囲気がありましたが、今現在は、「全部まるごとSSL」でないとダメであるという流れになってきたのです。

ちょっと大げさになりました、常時SSL化は、自作ユーザーにとっては、技術的には初歩レベルなので、すぐに対処できるかと思います。HTMLをソースレベルで扱えますし、フルパスだの相対パスなども当然理解していますからイージーだと思います。

ただ!自作ページ数に比例して工数も増えるので何千ページを作っている方は、ブラックな作業を覚悟したほうがよろしいかと思います。

そして、一言にSSLと言っても、無料サービスから、年間24万円のサービスがあります。とりあえずは、ほとんどの方は無料を選ぶかと思いますが、「あなたの借りているサーバーが、その無料SSLを提供してくれていますか?」というのが第一関門です。

このサイトは、さくらインターネットで運用していますが、無料のSSLの提供があります。

でも、ネットショップ運営ではHETEMLを使っているのですが、無料SSLを利用するには、新サーバーへの移行が必要になります。移行の際、CGI他、設定や記述が変わる場合があるので、HETEML利用ユーザーさんは注意が必要です。カラー・ミーショップ・プロは、さすがですね。ポチポチっと簡単に移行できてしまいます。

そして、1店舗だけで使っている某W社などは、新サーバーへの移行が必須(無料)のうえ、SSLは年間3万円程度~という場合(無料SSLの提供なし)もあります。新サーバーへの引っ越し作業や有料SSLを考えるとWは解約ですね。

まずは、あなたのネットショップがどこのサーバーを利用しているかによって、これからの対策が変わるかと思います。


Adsense

関連記事

WP引っ越し

ワードプレスのサーバ移行方法(ロリポからロリポへ)

2016年にロリポップを使ってWordpressで始めたブログを、同じく、別で契約しているロリポ

記事を読む

たたりなし

CMS・・触らぬ神に祟りなし

「触らぬ神に祟(たたり)なし」とは、『かかわり合いさえしなければ、余計な災いを受けることもない。』の

記事を読む

カートボタンを押した後は何をして欲しいのかを考えると

お客様がカートボタンを押した後、それも購入商品が決まったなら、お店としては、できるだけ早く「購入完了

記事を読む

予約システムCGI、PHP

予約システムCGIもPHPも、もう古い。今はアプリの時代かも!?

CGIやPHPの時代は終わった 料理教室、ピアノ教室、ヨガ教室、舞台イベント、コンサルティング、セ

記事を読む

ヴィレバン

Village Vanguardがクリエーター(ハンドメイド作家)を募集中

たまたまビレバンのオンラインストアを見ていたら、クリエーターを募集していました。クリエーターはハンド

記事を読む

本店サイト

御社本店ネットショップは伸びてますか?意外なほどやっていない事がたくさんありますよ!

ネット通販事業として最初に公開したのが楽天。同時に「rakuten.co.jp」のつかない本店サイト

記事を読む

写真加工やバナー作成におすすめの無料ソフト

ネットショップでは、写真加工やバナー作成はかなり重要な仕事になっています。写真加工は、一般的にはPh

記事を読む

レスポンシブ・ウェブ・サイト

レスポンシブ・ウェブ・サイトの仕組み

もっともレスポンシブ・サイトを作りやすいのは、コンテンツがデータベースに記録されているケースですね。

記事を読む

サイト風テーマがない

WordPressのサイト風テーマがない

あるテーマを思いついたんですが、ブログというよりサイトなんですよね。で、今さらHTMLでページ作成な

記事を読む

カウントダウン

時限(カウントダウン)タイマーを設置したい

楽天でショッピング中に見かけた、この100分の1秒単位でカウントダウン(キッチンタイマー?)

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

差別化
ランディングページに必ず盛り込みたい差別化を最大化するテクニック

(A)特待生で入学したAさんは、オリンピックで金メダルを取りました。

プラグイン3選
ネットショップのWordPressに必ず入れたいプラグイン3選

ネットショップのブログでコンテンツを配信し、また、その場で商品

→もっと見る

PAGE TOP ↑