One to Oneメールマーケティング25万円かかるサービスを、わずか3万円で済ませる方法

Eストアークエリー

この記事は約7分で読むことができます。

企業の言われるがまま料金を支払ってちゃきりがありません。

ショップサーブのオプションであるメルマガ(ステップメール)サービス「Eストアークエリー」。

Eストアークエリー

初期費用1万円、毎月2万円(顧客データ1000件まで。ケチ!)を1年使うと25万円。2年使うと49万円。3年使うと正比例で73万円!

でも、今回シェアする方法なら3万円ポッキリで済んじゃいます。

顧客データ無制限。

当店が実際取り入れている方法です。

25万が3万円。

お得だと思いませんか?

1年目は88%割引で、2年目以降は永久に無料!

ちょっとした知識(全然イージーな内容)があるだけで、1年目は22万円節約、2年目は46万円節約、3年目となると70万円もの節約になります。

知らなければ、ただの消費。

知って節約できれば、それは収入と言っても過言ではない。うん。

One to Oneマーケティングとは

ワン・トゥ・ワン・マーケティングとは、お客さんの特性別にアプローチ方法を変えて、お客さんとの関係を築いていく手法です。

わかりやすい例で言うと家電販売店。

沖縄のお客様と北海道のお客様の2名の顧客を持っているとします。

沖縄は5月くらいから暑く(26℃~)なってきます。

北海道(札幌)などは8月になってようやく26℃~です。

さて、沖縄が暑くなる季節の5月にメルマガで一斉に「エアコンいかがっすかぁ~」と投げかけます。

沖縄のお客さんは反応するかもしれません。

でも、北海道の5月は最低気温8℃~最高で18℃。

まだ寒い。

エアコンの必要性はないですよね。

ということは、2人の顧客に一斉メルマガ(2通)を送ったけど、北海道の顧客の1通分は無駄どころか、迷惑メールの扱いを受ける恐れさえもあるわけです。

そこで、沖縄のお客様には6月にエアコンを売り込み、北海道のお客様は10月くらいから暖房機器を売り込む。

これがOne to Oneマーケティング。

こんなことができる!9例

Eストアーコンペア の資料をもとに、同サービスでできることを9例紹介します。

(1)メルマガ購読者全員に一斉送信
(2)商品Aを買ったお客さんに3日後と7日後に自動メール送信
(3)商品Aを買ったと同時に「使い方メール」を自動送信
(4)昨年お歳暮を買ったお客さんに、今年のお歳暮の案内を送る
(5)購入っ日から90日以上経過した人にメルマガを送信
(6)メルマガだけの購読者にメルマガを送信
(7)購入回数10回以上、総額10万以上の人に特別案内メールを送信
(8)イベント開催地近郊のお客さんにイベント案内を送る
(9)受注総額100万円を超えた人にスペシャルメールを送る

これらすべてEストアーコンペアを使えば、1つの画面で操作を完了させることができるわけです。

1つの画面で操作できるのは便利ですが、それが2つの画面になったら2倍の時間がかかるか?」というと、そうでもないですよね。

ブラウザのタブで2画面分出しておけば、言ったり来たりはあるけど、別にその程度のことなら、さほどの面倒さはありません。

ステップメールCGIを買って設置するだけ

本題です。

1年目25万もかかるマーケティング・ツールを3万円で済ますには、ステップメールCGIを購入します。

当店で使っているのは楽メールEX。
https://www.raku-mail.com/

トップページにもえ系イラストが目立っているので、そっち系のサービスかと勘違いしそうなところはちょっと残念ですが、すばらしいCGIです。

別にこのCGIでなくても、同じ機能を持つCGIを見つければ、他のものでも大丈夫です。

そして、同一ドメイン内にCGIが設置できるのは、通販システム数あれど、ショップサーブだけという、なんとも不思議な現象。

裏技が利いてしまうサーバーの仕組みになっているのは、本業サーバー屋さんならではですね。

ちなみに、別にサーバーを借りて運用しても大丈夫ですが、メール配信のドメイン名が変わります。

当店の場合、hogehoge2020.comがショップサーブだとすると、hogehoge2020.netをステップメール専用で運用していた時期もありました。

ステップメール・システムは別ドメインにしてもSEOには一切関係ないので、問題はないです。

アクション数無制限!

1店で使っている楽メールのトップ画面です。

Eストアークエリー

楽メールPROは旧バージョンです。(でも完全動作!)

現状3つのステップメール・シナリオをセットしています。

このシナリオは無制限で作ることができます。

Eストアークエリー

そして、各シナリオでは、購入日や初回メルマガ送信日から数えて7日後、30日後など、すきな日程でメールを自動配信させることができます。

この設定数も無制限。

まあ、無制限とは言え、商品を買っただけなのに365通もメールが届くのは、迷惑行為ですから、実際は2通から、多くて10通程度です。

解除リンクも1クリックでできるようになっています。

開封率は不可能でもクリック率は測定可能

Eストアークエリー ではHTMLメールが送信できるので、開封率やクリック率も簡単に測定することができます。

でも、開封率は、顧客の受信するメールソフトなどによっては機能しない場合があります。

また、開封率は知りたいとは思いますが、結局のところクリック数とコンバージョン数がわかれば、PDCAは回せます。

なので、個人的には「開封率は捨てて良い。」と思っています。

で、クリック率の測定ですが、楽メールにはついていないので、Google Analyticsを使うと無料でできます。

あとは、メルマガ専用のリンク先のページなどを毎回作れば(人海戦術)、PV=クリック率とすることもできます。

以前やってみましたが、かなり面倒でしたが・・・

「そこまで面倒なことはしたくない。」

そんな人や企業さんは、どうぞEストアークエリーをご利用くださいませ。

当店は絶対に使わない。いや、使えない・・・コスト的に(T.T)