ネットショップ用撮影機材は何が良い?

撮影機材

撮影機材
撮影機材を語る前に、まずはカメラです。いい写真を撮ろうと思えば、いいカメラはマストです。いわゆる一眼レフという種類のカメラです。お値段はピンキリですが、プロの写真家を目指すわけではないので5、6万前後のもので十分です。

特にこだわりがない場合は、EOS Kissで失敗はありませんね。

次は撮影環境です。いくらいいカメラでも、十分な明るさでない場所で撮影してもうまく取れないです。カメラの性能を最大限に発揮できる撮影環境づくりが重要になってきます。

で、その機材は何が良いかというと、これが実に難しいんです。

なぜか、商品が小さい場合は、次のような撮影機材のセットがあれば十分です。

王様の撮影キット↓

フォトラ(日本製)↓

(35cm×35cm×35cm以内に収まる商品向け)

このあたりのキットがあれば、写真のクオリティーを気にしていない他店とは比較にならないくらいのいい写真が撮れます。

問題は、このようなコンパクトな撮影キットに収まらないような商品を扱っている場合ですね。

スタジオのようなセットを用意するのはなかなか大変なので、布などでそれなりの環境を整えて、照明セットなどを利用するのが一番安上がりです。

「撮影キットは何が良いのか?」と気にしている人は、写真の質によって売り上げが変わることを知っている人ですね。

特に食品系は、シズル感をいかに引き出すかにかかっています。逆に、パソコン部品など、写真を見なくても、質感などがある程度想像できるものは、わざわざいいカメラで撮る必要はないと思います。

そんなこんなで、「写真で売り上げが変わるの?」ということが理解できない方はプリクラを思い浮かべてください。

現物よりもはるかに上物で写るじゃないですか。ほとんど全面改装してくれるプリクラなんかは完全に別人です。プライベートで楽しむぶんには問題ないですが、販売商品でそこまでやってしまうと、「思っていたのと違う!」といったクレームのもとになるのでご注意ください。

これは写真素材サイトからとってきたものですが、おそらく安いデジカメで撮られたものと思われます。トップの写真がシズル感が良く出ていて食欲をそそるのに対して。この写真は、家庭で作ったインスタント・パスタぽい印象で、あまり食欲をそそりません。ま、その感覚は個人差がありますが。

機材は何がいい