*

エクセルで日付別注文件数の統計グラフを作る方法

公開日: : 最終更新日:2017/09/30 パソコン・エクセル, 基礎知識やノウハウ

この記事は約3分で読むことができます。

ネットショップをやっているとエクセルを使うことは滅多にないんですが、それでもCSVファイルを使う関係で足し算や掛け算、合計くらいは使います。

ところが、日付別の注文件数を集計してグラフを作ろうと思うと、全くやり方を知らないことに気づきました。例えば、下のようなデータがあります。

2017/9/1 商品A
2017/9/1 商品A
2017/9/1 商品A
2017/9/1 商品A
2017/9/2 商品A
2017/9/2 商品A
2017/9/2 商品A

これだけの量なら9月1日は4件、9月2日は3件と、小学生ですぐに計算できます。でも、これが1000件1万件ともなると目視で数えていては日が暮れますし、正確でない可能性もあります。

そこで発見したエクセルの便利な機能がピボットグラフです。ネット検索するといろいろな関数が紹介されているんですが、ややこしそうな関数を見るだけで嫌になるので、これを避けながら探すとピボットグラフに行きついたわけです。

ピボットグラフはの関数の知識不要。クリックだけで誰でもグラフが作れちゃう便利なツールです。と言っても、今回は、この2列のデータを統計してグラフにするだけの作業です。それ以上のことはわかりません。

では、そのやり方です。

ステップ1 列を選択
ステップ2 「挿入」→「ピボットグラフ」→OK
ステップ3 右側の「日付」を軸欄にドラッグ&ドロップ
ステップ4 右側の「商品」をΣ値にドラッグ&ドロップ

棒フラフで表示されます。

折れ線グラフにするためには、グラフの上で右クリックをして「グラフ種類と変更」で折れ線グラフを選びます。以上で、日付別の注文件数などを自動で統計してグラフにしてくれます。

とりあえず、今はできますが、おそらく1ヶ月も経つと忘れてしまうので、一応メモ的に書いておきました。動画も作ったのでわかりやすいですね。クリックすると大きく見ることができます。(※アニメなのでループ再生しています。)

ピボットグラフ

ちなみに、ネットショップはショップサーブなどASPを使っていれば、このような統計は管理画面上で見ることがあるので、エクセルを使うことはほとんどないです。

中途半端なネットショップの機能でやってると、今回のようにエクセルで集計だ、グラフだという余計な仕事が増えてしまいます。楽するなら通販システムのパッケージアプリを使うのが一番ですね。


Adsense

関連記事

サブドメイン

サブドメインの移転とネームサーバの関係

サブドメインとは親ドメインに対する「子ドメイン」のような感じ。苗字が親ドメインで名前部分が「サブ」。

記事を読む

引っ越し!

ドメインの引っ越方法(年間4000円節約できた)

初めてドメインを取得したのは「お名前.com(GMO Internet Group)」で、当時、「.

記事を読む

副業モバイル格安SIM

副業のモバイル環境、格安SIMについて

ネットショップ開業は副業として始める時代となって久しいですが、サイドビジネスを持つ人の大半は、本業の

記事を読む

差別化

飽和状態の中で差別化する方法

以前は「通販に向く商材」という視点から、いろいろ商品を考えてましたが、今は、そういったモノは、ほとん

記事を読む

時間の計算

ネット販売を始める前に、時間がいくらあるか計算するのが良い

ネット販売に大量の個人はもちろん、多くの企業も通販事業部などとして参入してきたのは良いのですが、かな

記事を読む

ヤフーデザイン

ヤフーショッピング出店デザインはどうやって作るのか

「無料で簡単に」申し込みができるようになったヤフーショッピングですが、ページ作りをするには技術が必要

記事を読む

ココナラ

副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシャルTVで見たよ~。興味あるけ

記事を読む

Tポイント

ネットショップ運営者の基礎知識「Tポイント」の仕組み~その1~

ショップサーブで本店サイトを立ち上げた後、あるいは同時に、出店料やロイヤリティーのないヤフーショッピ

記事を読む

仕入れメール

仕入れをお願いするビジネスメールの書き方

仕入れをお願いするこをと正式には「新規取引のお願い」と言います。だからと言って、ビジネス文章の文例な

記事を読む

IT関係得意

周りの人よりパソコン得意だから頼られる。うざい。

こんな実話がありました。 Aさん「俺さ~ん、スマホが壊れちゃってさ、データ復旧できないかな?」

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑