居酒屋開業とネットショップ開業を比較してみた

居酒屋

この記事は約4分で読むことができます。

「居酒屋を始めたい!」という場合2つ方法がありそうです。

(A)自分が料理人になる(料理のプロ)
(B)料理人を雇う

(A)すでに修行を積んでいる場合は、資金があればすぐに始められますが、料理の経験がなければ修行からです。例えば、「5年後に独立するぞ!」という意気込みのもと、5年間の計画を立てて準備を進めます。いざ開店したときは、「料理人」兼「オーナー経営者」です。

(B)資金+料理人がそろえばすぐに居酒屋を始められます。このとき、お店を始めるあなたは「オーナー経営者」という立場になります。フランチャイズに加入してもオーナー経営者です。

少なくとも、どちらのパターンを選びたいのかはっきりさせる必要があります。

さて、「ネットショップを始めたい!」という場合は、どうなるか。

(A)自分が販売人になる(販売のプロ)
(B)販売業の人を雇う

居酒屋の場合は「オーナーが料理人」というもの多いし、「料理人を雇ってオーナー」もたくさんいますが、ネット販売の場合は(B)のパターンは少ないです(※1)。自分が販売業をする人になるパターンが9割以上じゃないでしょうか。

じゃ、販売業のプロ、しかも、ネット販売のプロになるには、具体的にどんな修行をすれば良いのでしょうか。

流れを比較してみました。

料理のプロ  ネット販売のプロ
1 素材を仕入れる 商品を仕入れる
2 料理を作る 販売ページに載せる
3 客を呼ぶ 集客する
4 注文をもらう 注文をもらう
5 料理を持っていく 代金を頂く
6 代金を頂く 商品を送る
7 見送る フォローメールを送る
8 顧客化する 顧客化する

分解して比較してみると、居酒屋開業もネットショップの開業もほぼ同じです。

「何を仕入れるか」は販売者の腕にかかってますし、「仕入れた商品をどのようにウェブ上で表現(料理)するのか」も腕の見せ所です。

ただし、注意しないといけない決定的な違いがあります。実店舗の場合は、いわば「立地」という集客(店舗家賃)を買っているので、ネット販売ほど集客の重要性は高くないです。

でも、ネット販売は、店舗家賃が限りなくゼロです。つまり、集客は0円でスタートしていることになります。ですから、そこにある程度お金をかけないと、「無人島にお店を作ってみた。」のと同じことになります。

※1ネットショップでも「金だけ出して」運営を任せてしまうケースもあります。運営代行業です。アパレルでもよく見られますが、販売専門の企業にスタッフの採用から店舗運営、販売まで丸々任せてしまうケースです。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)