ネット販売を始める前に、時間がいくらあるか計算するのが良い

時間の計算

この記事は約3分で読むことができます。

ネット販売に大量の個人はもちろん、多くの企業も通販事業部などとして参入してきたのは良いのですが、かなりダメになっているところが多いんですよね~。そのダメになった大きな理由のひとつが時間です。「使える時間がないのに参入はしてみたものの、予想に反して、全然進まず挫折・・・orz」というやつです。

ほんと多いの多いの。

銀行残高や財布の中身は目に見えるからわかりやすいですけど、「自分が今までとは違うことに使える時間はどれくらいあるのか?」については、あまり真剣に考える人はいないようです。

で、「どれくらいあればやれるのか?」というのが気になるところですが、これは、実際にやる人の力量に左右されます。同じ2時間でもパソコンに慣れている人と慣れていない人では収穫が違いますから。ま、目安として「1日3時間×5日、+土日ボーナス時間5時間×2」くらい取れたら十分ではないかと思います。

専業主婦なら余裕ですね。だから、専業主婦で成功する人が出てきたりするわけですね。


ちなみに、酷いケースでは、2週間に3、4時間とか取れないのに開業しようとした人がいました。と言うか、お店をオープンさせたのは良いのですが、商品登録は2、3点のみで、1年以上増えることもありませんでした。ま、登録商品数2、3点だと注文もほとんど入りませんから、1年以上、ただネット上にデータを放置していた、ということになります。

また、全然得意でもないのに業者に依頼してお店という形だけ作って、1年に1、2回ブログを更新して、そのままネットデブリにしてしまった社長もいます。ネット・デブリとはspace debris(スペース・デブリ/宇宙ゴミ)のスペースをネットになぞらえた造語です。

(例)ネットデブリとは!
・放置されたまま何年も更新されていないサイト
・閉鎖しているのに削除されていないサイト。

マナーとしてゴミは持ち帰らなければいけないのですが、そんなマナー意識の高い人は少ないようです。「ネットにデータのゴミを放置しても地球の環境を汚すわけではないので大丈夫では?」と思いますが、検索環境を汚していることを考えると、処分したほうが世のため人のためですね。反省します。

ネットデブリ