*

ショップ運営で一番苦労していること

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップ運営

ショップ運営で一番苦労していることと言えば、ずばり「売上げ」です。もっと売上たいのに、「思うように注文が増えない。」というやつです。どこのお店も悩みは同じですw。

その次に苦労しているのは「集客」です。「思うようにアクセス数が増えない。」という、これも、大半のお店にとっての永遠の課題です。

それを考えると、「仕入れをする」とか「開店させる」なんてのは、苦労のうちには入らないですね。

さて、売上げを上げる方法は5つしかないんです。でも、それは、頭ではわかっているんですが、「どーしたら良いの!?」って感じです。

売上を上げる5つの方法はこれ

  1. 新規客を増やす
  2. リピーターを減らさない
  3. 買ってもらう回数を増やす
  4. 一注文の単価(合計金額)を上げる
  5. 商品の価格を上げる

言われて見れば、納得できますが、いざ実践するとなると、「何からやっていいかわからない!」となるわけです。

新規客を増やすにはアクセス数を増やさないといけない。「どうやるの?」
「わかりませ~ん。」リピータを減らさないようにするって?どうやって?

買ってもらう回数を増やす方法?ダイレクトメールばんばん送るんですかね。嫌われますよ。2chにDMそのまんま晒されますよ。

単価を上げるには、ん~、アマゾン式の「これを買った人は、これも買ってます。」ってやつですが、ネットショップの機能として、そーいうのないです。

「商品の価格を上げる。」これは簡単にできますね。数字を変えるだけですから。でも、値上げして売れなくなったら、どう責任とってくれるんでしょう・・・

とりあえず、今日もショップサーブでバリバリお店運営中。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

メール便

クロネコメール便の代わりになるのは何?

クロネコメール便廃止のニュースは、関係者もびっくりするような、ブレイキングニュースだったようですね。

記事を読む

たたりなし

CMS・・触らぬ神に祟りなし

「触らぬ神に祟(たたり)なし」とは、『かかわり合いさえしなければ、余計な災いを受けることもない。』の

記事を読む

記事が多い理由

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。 最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多

記事を読む

Buyee

Buyee売れるよ~ショップサーブ出品自動~

日々いろいろなネットサービスが生まれては消えていくわけですが、最近の傾向としてネットショッピングのボ

記事を読む

撮影機材

ネットショップ用撮影機材は何が良い?

撮影機材を語る前に、まずはカメラです。いい写真を撮ろうと思えば、いいカメラはマストです。いわゆる

記事を読む

またのご利用

注文キャンセルメール テンプレート

昨日の客としてキャンセルのメールを書くのとは逆で、キャンセルを受理したときのお店側のテンプレート文例

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

色で人を操る心理学

色で人を操る心理学

色って意外に大事ですよね。時間つぶしで、セブンイレブンで書籍コーナーに行った時に期になったムック

記事を読む

仕入れてくれ

「商品を仕入れて欲しい」と問い合わせがあった場合の対応

自社では取り扱いのない商品を仕入れて欲しいというお客様。 多くはないですが、この種の問い合わせ

記事を読む

カウントダウン

通販会社スタッフに求められるスキル

「ウェブページが作れる」 「エクセル・ワードができる」 「フォトショップが使える」 「イラスト

記事を読む

Adsense

Adsense

売れるECサイトの共通点
売れるショップ・ECサイトの共通点

フェイスブックを見ていたら、「売れるショップの共通点」といった話題が流

激増2
ネット販売や開業に関する相談が激増中なのはなぜ!?

最近記事に書くことも増えてきた「問い合わせ急増」の件です。やたら多

値下げしても売れない
値下げしても売れない。

「小学生でもできる販売戦術のひとつが値下げですが、できれば、こんな

no image
店長ブログのテーマやネタに「ネットショップ紹介」はいかが?

ネットショップ運営にブログはつきもの。店長さんはじめ、ブログ担

no image
ニュース記事の編集って楽しそう

最近よくyahooニュースを見ることが多いのですが、「見出しよく考えら

→もっと見る

PAGE TOP ↑