思わず反応してしまったmakeshopのバナー

makeshop

この記事は約2分で読むことができます。

バナーもデザインやキャッチ次第で反応してしまいます。今回、視線が釘付けになったバナーは、ネットショップ開業サービスでおなじみのMakeshop(メイクショップ)の広告。

makeshop

「日本一売れる」ショッピングカートですよ。インパクトありませんか?ただし、「※」付きで「日本ネット掲載新聞調べ」だそうです。

冷静に考えてみると、「日本一売れるショッピングカートってどういうこと?」なんですが、このカートを使うと日本一の売上になるのか、他のサービスと比較しても国内で、もっとも売れやすいのか。

ま、そんなことはどうでもよくて、配色もケバケバしさもなく落ち着いた感じで良いデザインです。この「日本一」というキャッチコピーそのまま自分の店でも使いたいですね。

ただ、「日本一」の根拠を「自社調べ」では自作自演になるので、第三者機関にお願いしたいところですが、なさそうなので、自分で作ることに、、、すると結局、自作自演か。

ちょっと、ここで、クリックされやすいバナーの復習。

・キャッチコピーは端的に
・「ん?」と思わせる仕掛け
・内容に適したなフォント
・記事風バナーは王道
・つぶやき風、検索結果風も効果的
・手書き風も商材によっては効果的
・ターゲットユーザーのイメージ写真を入れる

たまに復習しておかないと、一人よがりのバナーになってしまいますからね。