*

フレームワークって何?わかりやすく教えて!

この記事は約6分で読むことができます。

「フレームワークとは何かを考えるときの枠組みである。」

と言われても、「わかるかっ!」ですよね。「枠組み」って漠然としすぎてるし。

そこで、この例がわかりやすいと思います。

例えば、独身男性のあなた(独身女性でも良いですよ。それぞれ反転して・・・)。女性を見るときを考えてください。

1.美人かどうか?
2.スタイルはどうか?
3.知力(学歴)はどうか?

など、あなたの持つ「いくつかのチェックポイント」を使って見ますよね。悪い言い方をするなら、あなたの基準でもってジャッジします。

この「いくつかのチュックポイント」が別名「フレームワーク」です。

あなたオリジナルの「フレームワークA」です。

でも、別の男性は女性を見るときに、あなたの「3つのチェックポイント」以外に、4つめのチェックポイント「育ち」も使います。

「フレームワークB」です。

女性と会話するなかで、女性の育ちを探るのです。彼の4つのチェックポイントに照らし合わせながら、自分の理想に近いかどうかを「考え」るわけです。

また、別の男性は「血液型」というチェックポイントを設けています。

「フレームワークC」です。

自分は血液型B型である。付き合う、あるいは結婚する女性はO型が理想で、最悪、妥協してABだ。

このように、思考するための道具がフレームワークです。

移動するための道具と言えば、近場なら「自転車」。長距離なら「新幹線や飛行機」です。思い出を記録するための道具なら写真やインスタなどでしょうか。

自転車や新幹線、インスタやカメラは自分の外側で使うツールですが、フレームワークは脳内で使う『ツール』と言えます。形がないのでわかりにくい、というのがあるんですね。

いかがでしょうか。フレームワークという言葉の意味がわかりましたか?

では、ひとつ、ビジネスの現場でよく使われるフレームワークを紹介しましょう。ビジネスマンなら「知らないとヤバイ」レベルのフレームワークです。

その名も、「アンゾフの成長マトリックス」と名のついたフレームワークです。これは、企業が今後「成長するためには?」を考えるときに便利な脳内で使うツールです。

アンゾフの成長マトリックス

フレームワークとは

マス目が4つだけのシンプルなものですが、あるのとないのとでは大違い、というくらい、思考するうえで役立つフレームです。(※この画像は、元のマトリックスをアレンジしています。)

ここで、架空のネット販売業者に登場してもらい、フレームワーク「アンゾフの成長マトリックス」を利用して、成長戦略を考えてみましょう。

(例)Aさんは、山梨県で無農薬の野菜3種類(キャベツ・ニンジン・タマネギ)を栽培しネット(だけで)販売していている。

1.第1象限

現在販売してる「ネットの野菜市場」だけで売上をあげていく方法です。「広告費を増やして、より多くのお客さんを獲得する」とか「既存顧客に対してメールマガの頻度を2倍にして売上増を狙う」などがあります。

2.第2象限

「ネットの野菜市場」において、これまで「キャベツ」「ニンジン」「タマネギ」だけでやってきたけど、新商品「ジャガイモ」を投入して売上げアップを図ろう。つまり、「新商品」を投入することで企業の成長を企てる方法です。

3.第3象限

「ネットの野菜市場」だけでやってきたけど、どうも頭打ち感がある。ここは、ちょっとネットを離れて、リアルの世界で販売できないだろうか。「道の駅で販売」するとか「地元のスーパーと提携」するとか、そのような方法はどうか、と考える方法です。

4.第4象限

第四象限は、「新規商品」×「新規市場」です。これまでは「無農薬野菜」として「野菜市場」で販売してきたけど、「キャベツのエキスを抽出した新規商品の『サプリメント』を作って『健康食品市場』に参入してみようか。」という考え方です。

※補足

「https://globis.jp/article/1586」によると、新規市場の捉え方として、地理的に新規(地域を変える国を変える)」と「地理的に既存でもセグメントを広げる」、あるいは、「変える」という考え方があります。

例えば、同一地域で「女性から男性」、「若年層」から「シルバー層」など。ターゲットを変えることも、ある意味市場を変えるということですね。

まとめ

いかがでたでしょうか。

当店も、ネット販売業では、正直、頭打ちの状況です。でも、「このアンゾフの成長マトリックス」というフレームワークを使って「リアルでの販売(新規市場)」の可能性を模索中です。

ちなみに、当店が使っている通販システム会社ショップサーブ(これも通販のためのツールですね!)も、「通販システム提供市場」で、第1象限の対策をあれこれやっているのが見て取れます。LPカートやABテストツールなどがそうですね。

そして、第4象限の「リアルのフリーペーパー」市場に参入したり、「ポータルサイト」(メディア市場)に参入するなど、やってきた経緯もあります。

でも、やはり、もっとも難易度の高いと言われる第4象限だけに、失敗、というと失礼かもしれませんが、結果、撤退しております。まずは、第1~第3象限で、「できる限りのことをする」のが鉄則でしょう。


Adsense

関連記事

資格や検定合格

ネットビジネスに資格や検定合格は必要なし

「TOEIC800点以上なら月給1万円アップ。」というのであれば燃えますよね。ゴールがあるし役にも立

記事を読む

レンタルサーバ比較

今さらレンタルサーバー比較

初めてのレンタルサーバーは、確か、NTT系の企業だったような気がします。容量100Mbで月額3150

記事を読む

スーツケース

従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そんな時代の趨勢に便乗して出張時は

記事を読む

バナー作りはプロに

バナー作りはプロに任せて安上がり

ランサーズ(Lancers)でオリジナル・バナーの作成を募集。 こういう手があったのを知らなか

記事を読む

カットしても良い

忙しくなってきたら重要でないことからカットする手法

ネットショッピングで珍しく「銀行振込」で購入しました。カードが使えないお店です。なぜカードが使えない

記事を読む

バレない副業

2015年副業しっかり。会社にバレない対策に意外な盲点あり。

「今年から副業に勤【いそ】しもう。」 そう考えているお勤めの方も多いことでしょう。ぜひ、ばれな

記事を読む

FTPで一括登録

商品写真や商品情報の一括登録をする方法はFTP

日々ショップ運営するなかで、ショップサーブの管理画面の遅さにはストレスを感じている人も多いと思います

記事を読む

no image

OEM契約とライセンス契約の違い

輸入品を扱っている場合など、わりと頻繁に出てくる基礎知識「OEM(オーイーエム)契約」と「ライセンス

記事を読む

勘違い

かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが、当時は「かっこいい。」と思っ

記事を読む

自信

自信がないのですが・・・

「やる以上は必ず儲けなければ」と思うと自信がなくて始められないのですが・・・。 経験もないのに

記事を読む

Adsense

Adsense

仕入れは楽しい
スーパーデリバリー(SD)・デビュー週数間。やっぱり仕入れは楽しいかも。

ふとした思いつきからネット仕入れのスーパーデリバリーを、審査を

スーパーデリバリー
仕入れ日記。スーパーデリバリー審査通った?落ちた?

ネット販売で小売業をやっていると、販売用の商品はもちろん仕入れ

イージーマイショップ
ネットショップ開業easy my shop(イージーマイショップ)の評価。べた惚れかも

EC業界、日々変化して、なにかと対応に追われる日々を送る店長X

イージーマイショップ
easy my shop(イージーマイショップ)はどうよ?評価は?by現役店長

ネットショップ開業と言えば、ショップサーブをはじめとして、カラ

格安SIM
年収300万円以下なのにオススメ格安SIMを使わないのは、お金にだらしないと言わざるをえないかも。

「お金ない~」って言う人いますよね。年収が少ないのかというと、そうでも

→もっと見る

PAGE TOP ↑