*

お客様に、なりすましサイトや偽サイトについて注意喚起する

公開日: : 最終更新日:2014/09/19 ネットショップ運営

この記事は約2分で読むことができます。

先日、ネットで買い物をしていたら、「成りすましサイトにご注意ください。」と大きく表示しているネットショップを見かけました。そのお店の店名から商品情報から丸々コピーして、堂々と営業しているサイトがあるとのこと。

ネットショップ運営者は、ネットビジネスのプロフェッショナルなので、なりすましサイトや偽サイトに騙されることは、ほとんどないです。(ないはずです)

でも、普段ネットを使い慣れていない人たちは、そういったサイトに簡単に騙されることも多いです。特に、ブランドものの偽販売サイトは多いので注意が必要ですね。

成りすましサイトが発生していなくても、ブログのネタとしてお客さんに、そういった注意喚起はやっておくのは良いと思います。「信用できるネットショップとそうでないネットショップの見分け方」という風に、タイトルを変えてもよいでしょう。

ちなみに、偽ネットショップによく見られる、あるいは、共通するのは以下の5つ。

1.自動翻訳のような不自然な日本語
2.異常な安さ
3.前払い銀行振込
4.特定商取引法のページがある
5.アドレス(http://~)が本物サイトと異なる

そして、信用できるネットショップのチェックポイントは以下の5つ。

1.特定商取引法のページに情報の記載がある
2.お客様によるレビューなどが多数書き込まれている
3.カートページ以降がSSLになっている
4.アドレスが正しい
5.ドメイン管理が日本企業になっている(whoisでチェック)

これらすべて満たしているからと言って100%信用できるかというと、そうではありませんが、すくなくとも、騙される確率は格段に少なくなるとは言えます。

チェックするには、やや専門的な知識が必要なので、その辺はかみくだいてわかりやすくお客様に伝えてみてはいかがでしょうか。

Adsense

関連記事

やり方

2015年からのネットショップのやり方

10年前の2005年と2015年のネットショップのやり方はすっかり変わりましたよね。 2005

記事を読む

no image

ショップ運営者のメール処理テクニック

ショッピングモールに出店して間もない運営者から「某hoo!さんから、こんなメールが来たのですが、どう

記事を読む

base

スマートフォンやタブレットでも開業できる

無料レンタルショップで同じみのBASE株式会社がやってくれました。 なんと、すでに、iPhon

記事を読む

カウントダウン

人気主婦ブロガーのビジネス化

調べ物していたときに衝撃的なブログがヒット。 失礼ながら、内容は普通なんですが、その主婦のブロ

記事を読む

初めてのメルカリ

初めてのメルカリショッピングで

ネットショップ運営者とは言え、EC業界人ですからね。EC業界のことは広く浅く知っておかねばなりませぬ

記事を読む

契約書

卸をする場合の契約書はいるのか?

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

記事を読む

メルカリ3

メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。 いいねの意味が違う 不要

記事を読む

No.1

クラウドソーシング・サイト比較

クラウドソーシングに関しては、クラウドワークスが最新で最大かと思っていたら違っていた!こりゃお恥ずか

記事を読む

売れない理由

売れない理由って単純じゃない?4つくらい?

売れない理由って、実は、単純じゃないのかな?とない頭で考えてみました。 売れない理由は全部で4

記事を読む

no image

インク代、トナー代を節約する方法

インク代ってバカにならないんですよね~。プリンタ本体は安いのに、「消耗するインク代はバカ高い」と

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑