ショッピングサイト向けレンタルサーバー3選

さくらインターネット

コーロナ騒ぎで巣ごもり。

ご存知の通り、ネット通販は絶頂期です。

これまでネット通販に目もくれなかった飲食店なども、こぞってネット通販はもちろん、テイクアウトやデリバリーを始めていまます。

さて、「ショッピングサイトを作るのには、どこのレンタルサーバーが良い?」と探している人も結構いるようです。

これには、すでに回答が出ているんですよね。

ショッピングサイトが作れるレンタルサーバーはいろいろあるんですが、探す間もなく決まっているんです。

EC歴(ショッピングサイト運営歴20年以上)のおれさん社長が解説します。

飲食店のネット通販はこれ

飲食店のネット通販参入の相談も、それなりに受けてきましたが、飲食店ならShopifyで決まります。

それ以外を使うメリットはありません。

「なぜ、そうなるか?」という説明をすると長くなるので、簡単にまとめます。

要点は2つです。

1.コストが安い
2.簡単に作れる

Shopifyはカナダのサービスですが、「コストが安い」と「簡単に作れる」を両方満たす国内サービスはありません。

おそらく多くの飲食店は、国内では最も有名なbase(ベイス)を検討したり、契約しているかもしれません。

baseは「無料」を謳っていますが、手数料率をみなさん見ていないんですよね。

6.6%(+1回あたり40円)。

送料も含めた手数料6.6%とか、普通に商売していたらあり得ない数字です。

腰が砕けるようなバリタカ手数料です。

最初はいいですが、のちのち自分の首を締めることになるので、しっかり商売する店舗さんにはおすすめしないですね。

中小企業のネット通販はこれ

年商で言うと100億未満ですかね。

中小企業の通販参入の相談もたまに受けますが、らくうるカートだのメイクショップだの、いろんなネットショッピング向けのレンタルサーバーを挙げられますが、、、、

「いやいや、、、なんでそんなところが気になるの?」って思っちゃいます。

中小企業で、しっかりネット通販に取り組むならショップサーブでしょう。

もうね、歴史と格とノウハウの蓄積量が違うんです。

確かに、ネット情報の検索だけだと、「ここが良さそう。」って思う気持ちはわかりますよ。

でも、裏を知っている人間からすると、「あ~あ、騙されちゃって・・・残念。ま、オレ関係ないから良いけど。」って思っちゃいます。

クソみたいなサービスを提供している企業に限って、知識のないユーザーに売るのがうまいんです。

「表面的に、こういうこと言ってりゃ契約者増えるんじゃね?」みたいなノリで、ウェブサイトだけはご立派にやっているわけです。

まぁ、自分が関わっていない企業がハズレを引いたところで、困らないので勝手にやってちょって感じなので良いですけどね。

ヤフーショッピングはマスト!

ヤフーショッピングは、はっきり言って「使いにくい!」です。

ショッピングサイト初審査は99%が撃沈するような難しさがあります。

なので、初心者は触らない方が良いでしょう。

おすすめしません。

でも、ショップサーブで本店サイトを立ち上げて、「そこそこ起動に乗った。さらに通販の業績を伸ばしたい。」というときは、絶対に出店してください。

ヤフーショッピングは、広告費無料でお客さんが集まってきます。

もちろん、有料広告を使ってお客さんを集めるサービスもありますが、基本「ほったらかしても売れてしまう。」という印象です。

10年近く使っていますが、当店では、ヤフーにはお金を使っていません。

でも、注文はポンポン入ります。

業種や商材にもよると思いますが、この無料サービスは使っておいて損はありません。

売れなければ0円ですから。

楽天なんて、売れようが売れまいが高額な出店料を取られますからね。