Tシャツ販売・・・そうは問屋が卸さない(ToT)

Tシャツ販売

この記事は約3分で読むことができます。

ドロップシッピング式のTシャツ販売サイトに、1つだけデザインを登録して2、3年放置していました。売れるなんて、毛頭思っていなかったところ、2016年に入って1枚売れてしまいました。嬉しい以前に、びっくりしました。

当然、人間ですから、欲がでて、「デザイン数を増やせば受注数も増える」と楽観的予測のもと、20件ほどデザインを追加しました。そして、ほぼ1週間ほど経ったのですが受注はなし。その程度で注文が入れば苦労はしないわ、ってなもんです。でも、まだ期待してるし。

Tシャツ販売

これは新しいデザインのアクセス状況です。システムがシンプル過ぎて、本人アクセスなのか、見込み客のアクセスなのか、サイト運営者のアクセスなのか、あるいは、新着として表示されたときに、たまたまクリックされたものなのかは、わからないです。

ただ、ひとつ言えることは、、、、

この程度のアクセス数では売れるワケがない!

ショップサーブで本店ネットショップを運営しながら、ひまつぶしで、仕入れも在庫もないTシャツ販売に勤しむのは、ちょっとした楽しみです。プチブーム。

以前からTシャツ販売サイトはやりたかったのですが、在庫の問題を考えると、どうしても二の足を踏みながら十数年。アパレル系の不良在庫は値段を下げれば捌けるほど甘くないですからね。売れないデザイン、売れないサイズは、とことん在庫用の棚に居座ってしまいます。ザ塩漬けです。

普通に考えると、この時期は半袖のTシャツよりも、ロングTシャツやパーカー、スエットのほうが売れやすいわけですが、システム上、一つのデザインを作って、ロンTやパーカーを同時出品することはできないようです。個人的にパーカーとかスエットは別に欲しくないので、夏シーズンに向けて、デザイン100を目指して追加していきたいと思います。

※Tシャツに関する人気記事
オリジナルのデザインTシャツをネットで販売する方法
祝!ヽ(^。^)ノ初受注!(オリジナルTシャツ販売)
オリジナルTシャツをネット販売する方法(T-Shirts Trinity×通販アプリ)

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)