*

棚卸しはやっていない。やってはいけない理由

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップ運営, 経理と会計と税金

この記事は約4分で読むことができます。

「棚卸しはやらないです。」と言うのは言い過ぎで、棚卸しをするのは年に1回だけで十分です。それは事業の決算月12月(個人事業主の場合)です。毎日とか毎週とか、毎月とか、ありえないです。スポーツジムに行って汗を流したほうがよっぽどましです。

棚卸しの目的は、数字と現実の商品の数がちゃんと連動しているのか確認することくらいで、さほど重要ではないです。特に、ネット販売に万引きなんて、ないわけですから、「なぜか在庫がなくなっている。」ということもあり得ません。

棚卸しによってわかるのは、「在庫どれだけ仕入れて、どれだけ残っているか。」ということです。

例えば、Tシャツ1アイテムだけ販売しているケースで見るとわかりやすです。

仕入れた数(個人事業主の事業年度)

数量
1月 10枚
2月 10枚
3月 10枚
4月 10枚
5月 10枚
6月 10枚
7月 10枚
8月 10枚
9月 10枚
10月 10枚
11月 10枚
12月 10枚

あえて毎月10枚にしたので1年間に120枚仕入れたことになります。そこで、12月の決算月に1回だけ、「何枚残ってるのか」を数えます。数えたところ5枚残っていた。すると、年間通じて115枚が売れたことがわかります。

120-5=115

小学生の算数の問題ですね。

これを簿記に変換すると、次のようになります。

期首棚卸在庫:10(実際は金額)

期末棚卸在庫:5(実際は金額)

毎月、仕入れたときの仕入額の記帳はしているはずなので、「1年間の仕入額」と「115枚×仕入れ金額」はぴったり一致する事になります。これをずれないようにするために行うのが棚卸しです。

いくら在庫があって、いくら残っている」というのを、全てバーコードでピピっとやっている場合は、人がいちいち数えなくても、コンピューターの数字を見れば良いわけです。ただ、コンピュータ化されているのは大手企業なので、小さなネットショップがそんなシステムを入れることはないです。

今回の例では、Tシャツ1アイテムとしたので間違いが発生する可能性は0%に近いですが、10アイテム100アイテム、5000アイテムともなると、「出荷したけど返品された。」とか、「1個注文のところ2個出荷してしまったがお客様からの連絡なし。」「注文品と違うものを送ったがお客様から特に報告はなし。」など、ほぼ間違いなく数字や在庫数のズレが発生します。

後者の2つは、毎日在庫を見ていないと気づかないので、数が多くなればなるほど、ズレが生じることになります。注文受付はオートマティックですが、出荷作業は人力ですから、遅かれ早かれミスは発生します。毎日在庫をチェックすれば、在庫数の正確性は保たれます。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

カラーミー

ハンドメイド品のカラーミショップユーザー店舗利用

「これは欲しい!」というものがあって検索したところ、カラーミーショップに出店している店舗さんがヒット

記事を読む

no image

製品や商品をオマケであげた(プレゼント)した場合の仕訳方法

「なかなか売れない死に筋商品が、ヤフオクで処分しようにも大量にある。なんとか早く捌かしたい。」そんな

記事を読む

ヤフーショッピング出店失敗

ヤフーショッピング出店失敗は3タイプか

何をもって「失敗」とするのか?考えてみると3つくらいありそうです。 1.まったく売れなかった・

記事を読む

動画風・・・意味なし

クリック率が高くなる仕掛け(動画風)を作ってみた

動画風バナーというか、「これクリックすると動画が再生される」と思ってしまうバナーです。で、ついクリッ

記事を読む

no image

在庫を切らさないようにするには?

言い換えると「欠品を起こさない方法」。「在庫があったら売れるたのに・・・」という「売り逃し」のことを

記事を読む

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

迷惑電話

ショップオープン時にかかってくる電話はすべてスルー

毎月29日は焼き肉の日。 さて、ネットショップをオープンさせると、じゃんじゃん電話がかかってく

記事を読む

知識は役立つ

ネットショップ運営で得た知識は役立つ

片手間、趣味感覚で始められるウェブショップ。たかがオンラインショップですが、されどNETSHOP。E

記事を読む

Eストアーリピート

長年使ってやっと分かったショップサーブの価値

「ネットショップを開業するにはホームページを制作しないといけないのか?」というレベルの人もいれば

記事を読む

本店サイト

御社本店ネットショップは伸びてますか?意外なほどやっていない事がたくさんありますよ!

ネット通販事業として最初に公開したのが楽天。同時に「rakuten.co.jp」のつかない本店サイト

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑