FREEE

freee

時間にお金以上の価値があると気づくようになると、仕事効率化や時短に繋がるツールを見つけるとテンションが上がります。子供がお年玉をもらうような嬉しさですね。例え、そのサービスが有料であっても、一応コスパを考えたうえで、ありがたく利用させて頂きます。

そのひとつが、クラウド会計のfreeeです。個人事業主なら、月額たったの980円で最新の会計ソフトが利用できます。

このサービスのスゴイ点は2つです。

まず、1つ目はクラウドであること。クラウドとはネット上で使うツールのことです。いちいちパソコンにソフトをインストールする必要はありません。ソフト購入とか、バージョンアップとかクソ面倒くさい作業から完全に開放されます。自分のパソコンがウィルス感染しようが故障しようが関係ありません。ネットに繋がるパソコンやタブレット、スマホさえがあれば、いつでもどこからでもアクセスできます。もちろん、編集可能です。

2つ目は、銀行の口座情報やクレジットカード情報の「自動取得」です。オンラインで銀行やクレジットカードの明細サービスとつながって、Freeeの画面上に数字が自動で取得されます。自動的に会計ソフトに反映されるのです。ですから、入力の手間から完全に開放されます。これまでも、自動取得はあったのですが、できる銀行できない銀行など、中途半端だったところ、Freeeは、ほぼ網羅してしまったのではないでしょうか。

3つ目は、かゆいところに手を届けてしまったところです。良いツールなんだけどなぁ。「これがあればなぁ~とかここがなぁ~」という微妙な難点が見つからないことです。法人の決算書はもちろんのこと、青色申告書に始まり、領収書管理、資金繰りレポート(売上グラフも簡単)、売掛買掛、そして、追いつけていない会計事務所のための各種会計ソフトへのエイクスポート機能など。

既存の会計ソフトを駆逐してしまいそうな勢いです。Google出身者と言うこともあり、技術力はピカイチですね。使った人だけがわかる、その価値。とりあえず、試してみてはいかが?freeeを。