ホーム > ブログ1 > ネットの仕入れサイトどうよ?

ネットの仕入れサイトどうよ?

「ネット仕入れのネット販売」も普通になりました。仕入れに苦労していた時代が懐かしいです。ただ、現在の取引先でネット発注ができるところは半分くらいです。業界が古いのもあって発注はFAXを使うことがおおいですね。

さて、「ネットの仕入れサイトってどんなのがあるの?」、そして「どのような感じなのか? 」ということが気になるあなたに、管理人の利用している仕入れサイトについて紹介します。

トップセラー

まずはこれですね。トップセラーは、ネット卸ですが、このサービスを利用する最強のメリットは在庫を持たなくて良く(買い取りなし)、売れたときに仕入れが発生し、しかも商品はお客さんに直送してくれると言う点です。

自宅開業で6畳の部屋が商品であふれかえるなんてことはないわけです。もちろん、出荷作業なんてのも存在しません。売れたら発注するだけ。だから、自宅開業という考えすらなくなります。場所がいらないわけですから。副業人や主婦はもちろん、ノマドワーカーになりたいと思っている人にはピッタリのネット卸だと言えます。

さて、現在管理人は300セレクトプラン(月額480円)を利用しています。40万点の商品群から売りたい商品をピックアップしてネットショップに公開します。まだ、300点にはいたってませんが、ひまがあればネットショップへの商品の登録や商材探しをしています。

洋服なんかもやりたいのですが、トップセラーのアパレル関係はは品揃えが貧弱なので使えません(泣)。チョイスするのはインテリア系が多いです。売れたときの発注は管理画面から簡単にできるのですが、カラーミーショップで作ったお店とは連動していないので、受注情報は一回一回コピペで入力します。まぁ、そんな飛ぶように売れるわけじゃないですから、それでも困まりませんが。

管理画面

通常の取引先のメーカー品は品切れすることが多く、ご注文を頂いたのに、お客さんに「申し訳ありません。在庫なかったです。」と謝ることが多いのですが、トップセラーは欠品率を低く押さえることにチカラを入れているようで2016年3月現在で欠品率1.6%というデータになっています。

注文を頂いたのに「すみません!」と謝る回数は100注文のうち1~2回。この欠品率はユートピアですよ。取引先メーカーに見習って欲しいものです。

ネッシー

ネット卸としてはネッシーのほうが古いので有名かもしれません。ただ、こちらは、仕入れるというよりは、仕入先を見つけるB2Bサイトという色合いが濃いです。B2Bはビジネスtoビジネスの略で、要するに企業間取引ということです。メーカーと小売という事業者が取引をするサイトです。

ネッシーには、仕入れ先を開拓するために個人ユーザーとしても参加しているし、卸としても参加しています。ただ、卸はほとんど売れません(><)ので、もっぱら、スポット的に必要になる商品を仕入れることが多いです。

ネッシー管理画面

これはネッシーの管理画面内のショッピングカートです。普通のショッピングをする感覚で仕入れを行います。ただ、管理人が取引をしている全社在庫買い取り方式です。つまり、お客さんに直送してくれません。自分のところで在庫を持たないと行けないやつです。

在庫を持つということに関してメリットはあるのはありますが、スペース的な問題や売れなかった場合のリスクなどを考えて、最小限の仕入れになるよう工夫しています。

足で見つけた雑貨卸メーカー

ネットでは絶対に見つけることのできない(と思う)アンティークや雑貨のメーカーとたまたま知り合いました。取引申込書もなく、ネットから仕入れられる管理画面を教えてもらいました。

このメーカーはネットで積極的に仕入れ先を見つけるということをしていないようですが誰でも卸してくれるそうです。こういったメーカーの良い点は掛け率です。基本5掛けですね。たっぷり利益が乗せられます。

というのもメーカーというだけあって、中国に自社工場があってオリジナル商品の企画から製造までをやっているようです。アンティーク系はヨーロッパなどから買い付けているようですが、ジャンルが違うのであまり良く聞いてませんでしたが。

ちなみに余談ですが、ネットで仕入れ先を探す場合は「○○ 卸」「○○ 仕入れ」と検索する人が多いのですが、それよりも「○○ 新規取引先募集」「○○ お取引ご希望の方(事業者様)」といった感じで、メーカー側が使う言葉で検索したほうが見つかりやすいですよ。

まとめ

ノーリスクで仕入れたい場合はトップセラーですが、ローリスク・ローリターンです。つまり、利益率は通常の仕入れよりもかなり低くなります。そりゃ、在庫持ってくれるわ、発送もしてくれるわの至れりつくせりですから、それでも利益があるってことを考えると良いと思います。

あるいは、在庫を持つ通常の仕入れは利益率がたかく儲かりやすいですが、反面売れ残りが出てスペースを圧迫したり、新しい商品が入れられないといったリスクがついて回ります。

ま、どういったスタイルでネットショップをやるのかによって、取引先の選び方が変わってくるのではないかと思います。個人的にはノマドワーカーでいたいと思うのですが、かれこれ10年以上も塩漬けしている不良在庫もあるので、とりあえずその処分からになりそうです(泣)

↑ PAGE TOP