*

IT弱者をカモるのはIT系商売の常套手段

公開日: : 日記

常套手段

「スノーボードを始めたい。ボードは何を買えば良いのか?」

ネット検索したところ、スノボ専門店の初心者向けボードにヒットして、読んでみると、「初心者は6万円から。」という商品が、お店もすすめるし良さそうだから買ってみた。それを持って友人とスノボに行った。「6万円!?初心者だろう?初心者なら3万円でも高いくらいだよ。」と言われて、初めて「やられた・・・」と思う。

架空の話です。
(スノボのことは無知です)

「ネット販売を始めたいけどどうすれば良いの?」

と考えていた中小企業に、ある営業マンがやってきて、「このシステムで簡単に通販ができますよ。」とすすめる。ネット業界に無知な社長は、言葉巧みな営業マンにのせられて契約してしまった。年額200万円。

中身はというと、ある開業サーバーのシステムの再販でした。そちらを直で借りると年額12万円ほど。180万円以上のぼったくりでした。

ま、ただ、「ぼったくり」とは書きましたが何の違法性もないんですよね。言ってしまえば、騙されるほうが悪いという見方もできるやつです。騙される人がいるかぎり騙す人がいる?そんな感じです。

いろんな業界で同じようなことはあります。ただ、有名店や有名企業がこーいうことをやってしまうと、ツイッターやFACEBOOKで大炎上してしまう危険性をはらんでいます。逆に、弱小店が多少アコギなことをやっても、Twitterやフェイスブックに書かれたところで、さほど影響はありません。

ちょっと前はPCデポの事件は良い例だと思います。

「高額請求」で大炎上、PCデポは氷山の一角だ
http://toyokeizai.net/articles/-/132414

IT弱者(ITやIT機器、ネット事情に疏い【うとい】人々)をカモる手法は、知らない人はいないあの超有名企業もやっています。それを心良く思わない人で、「某社はキライだ」という人はいても、ネット上で炎上することがないのは某社の戦略のうまさでしょう。

テレビCMなどで、前持って「そんな悪いことをする会社ではない。」「良い会社。」というイメージ広告という予防接種を打っているからです。イメージ広告に洗脳されてカモにされていることすら気づいていない人がいるのは、さすが一流企業の一流のマーケティングですね。

PCデポは、個人的には使ったことはありませんが業界では有名企業です。そんな企業が、イメージ広告を打てる大企業と同じ阿漕なことをした場合、平均的なユーザーの逆鱗に触れる危険性は高い、と感じたニュースでした。

ちなみに、今日のニュースで、DeNAのキュレーションサイトに関する問題が話題になっていました。

簡単に言えば、東証一部上場企業が「他のサイトの記事をパクってサイトを作ることを推奨していた!?」ということらしいです。ただ、違法性はないけど、倫理的に問題のあるやり方をしていた、というのが炎上の原因だったとか。

記事をパクられたことがある人はわかると思いますが、パクッた側は、それをまるで自分が書いたかのように演出していますから笑えます。見ているほうが恥ずかしくなるやつですね。そういう神経がわかりません。

ネットショップでも写真データから説明文、スペック情報の書き方まで、まるまるコピーしているようなお店もありました。あまりにひどかったの警告を出したらやめてくれましたが、やれやれです。2chの創設者が「リテラシーの低い人はネットを使うな。」と言っていましたが、それも一理ありますね。




Adsense

関連記事

ネットビジネス

ネットショップとアフィリはテクニックが9割

ネットビジネスはテクニックやノウハウを持ってるか否かで決まりそうですね。 オークションを見てい

記事を読む

本気がパクられる

ヤフオクを見てたら下の方に、こんな広告が! (数ヶ月前から気づいてけど、今上げる・・・)

記事を読む

好き嫌い

買うか買わないか、好きか?嫌いか?が基準

普段、友人などとの会話で、話題になっても良さそうですが、意外にそういった話題が出ないのが、この話。

記事を読む

ショップサーブ

ショップサーズのページ編集がしやすく(画像アップのコツ)

ショップサーブからのお知らせがきました。 今回の新機能は、APIや自動受注などいろいろあります

記事を読む

Google plus

スマートフォンの写真や動画の扱い方

友人などはスマートフォンで写真を撮ったら、それはそのまま保存しています。多い人になると4,000枚と

記事を読む

アヒルの写真

WADAX、Movable Typeとお別れ。乗り換え引っ越し日記

HETEMLから「【重要】Movable Type の利用に関する注意喚起」というメールが来たのをき

記事を読む

その他大勢から抜け出す

その仕入サイトの商材がパッとしないのには理由があった?

3月のアクセスキーワードを見ると「仕入れ」関係のワードが多いです。仕入れもいろいろあるので一概には言

記事を読む

コンビニ経営

「セブン-イレブンで年商2億」の広告のLP

関係無くても年商2億と見るとついクリックしてしまった先は、セブンイレブンのFC募集のサイトでした。ま

記事を読む

仕事スイッチ

仕事スイッチをいれるための方法を模索

日曜や祝日の夜ともなると、確実に仕事スイッチが入らないんですよね。 軽く調べてみたところ、仕事

記事を読む

最強の個人事業主

やっぱり個人事業主が一番いい

確定申告は今日までですよ~ A4形式ではなく、無意味に縦に長いの用紙に手書きしていた時代も経験

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑