*

まとめ割り機能で客単価アップ(セット割引)

公開日: : 最終更新日:2016/10/13 ショップサーブ, ネットショップ運営, 売上アップの方法

ショップサーブのまとめ割り機能の使い方講座2回目です。(使い方講座1回目

前回は、いわゆる「ソックス3足で1000円」という組み合わせ割引の使い方に続き、今回は「セット割り」です。セットなので「シャンプーとリンス」、「パンツとソックス」「掛け布団と敷布団」「トムとジェリー」という2つで1セットになるような商品に使えそうです。

割引のパターンは3つです。

(1)AとBを購入したら10%オフ ※定率割引
(2)AとBで10000円のところセットで買うと9000円 ※定額割引
(3)AとBなら1500円 ※固定価格

という感じです。

定率割引が分かりやすいので、水着と浮き輪のセットを買うと10%オフということでやってみましょう。

セットにする商品グループAとBを決める

水着と浮き輪の2つセットで割引するというルールを決めました。管理画面の「まとめ割引設定」から、新しくパターンを登録します。

セット割り

最初はちょっとわかりにくいかもしれませんが、セットなので「Aグループ」と「Bグループ」を用意するという点がポイントです。要するに「シャンプーとリンス」です。

カートに入れるとこうなる

さて、今回のセット割商品がカートに入れられると次のように表示されます。

セット割引カートの中

ただ、ショップサーブに改善をお願いしたい点。

カートからセット割引のページに飛んだ場合、セット割り商品Aグループのページが表示されてしまいます。Aグループの商品をカートに入れて「セットでオトク」とリンクをはっても、飛んだ先がAグループになります。同じグループはカートに入れても割引になりません。

Bグループを先にカートに入れた場合は、Aグループのページが表示されてわかりやすいですが、Aグループを先に入れてしまった場合は、セット商品はどこどこ?」となってしまいます。

改善方法としては、お店側で、切替のバナーをわかりやすく表示させる方法しかないです。まぁ、セット割引の「ヘッダーなどをうまく利用して、わかりやすいページを作れ」ってことですかね。

セット割




Adsense

関連記事

フローチャート

受注からお届けまでのフローチャート図

ネット販売のごく一般的なお店の受注から発送までのフローチャートを作ってみた。 Google dra

記事を読む

質問

この業界は1ヶ月にどれくらいのアクセスがあるのでしょうか?

間違いメールが届きました。送信者は、ショップサーブの契約を考えていて、こちらをEストアーと勘違いして

記事を読む

事業用口座

ネットバンクで事業用口座は作れる?

作れますよ~。手っ取り早いのは楽天銀行ですね。屋号の口座が作れる数少ないネットバンクのひとつです(ソ

記事を読む

no image

ショップサーブのサイトがリニューアル

ショップサーブのサイトがリニューアルされました。 (管理画面も早くニューアルしてくれ。)

記事を読む

no image

ネットショップ運営者向け電話機やスマートフォン

ネットに電話番号を公開すると、それは「電話を受けます」という意思表示としてとられて当然ですが、困った

記事を読む

一発出禁

代引きを受け取らなかったら一発で出禁

「代引きで注文して受け取らない人」がいます。いわゆる「代引きの受け取り拒否」です。 受け取り拒

記事を読む

楽天ID決済

楽天ID決済導入!楽天ユーザーが取り込めるチャンス!

Eストアー(ショップサーブ)からのニュースレターで大事なトピックを見逃してました。 なんと!い

記事を読む

なブログ終了

「なブログ」サービス終了で独自ドメイン所有の重要性を痛感

ブログでネットショップを作るというコーナーから、ブログサービスの「なブログ」へ移動すると、「サービス

記事を読む

激増

ヤフーストアどうやって作るの?という人が激増中

2013年から無料化されたヤフーショッピングですが、出店者が激増するのと同時に、「申込だけどお店

記事を読む

送料無料

送料無料で買うお客様を取り込む方法

『500円の商品を買いに来た。しかし、送料は860円。4個位まとめて買っても良いけど、それでも200

記事を読む

Adsense

Adsense

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

コンビニ経営
「セブン-イレブンで年商2億」の広告のLP

関係無くても年商2億と見るとついクリックしてしまった先は、セブンイレブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑