*

「マイナンバー制がスタートして金庫がバカ売れ?」に便乗した迷惑メール

公開日: : 最終更新日:2017/01/23 ネットショップ運営

マイナンバー

迷惑メールに大事なメールが入っていることがあるので、たまにチェックするのですが、真っ先に目に入ってきたのが「マイナンバー制度がどうの・・」という件名でした。目についた理由は、他の迷惑メールは中国語や英語だったから。

せっかくなので中身拝見といったのですが、「マイナンバー漏洩は罰則があるので、金庫に入れましょう。マイナンバー用金庫が2万円~」という普通のダイレクトメールでした。

ついでに、ショップサイトも覗いてみたところ楽天に出店しているお店です。驚いたことに、商品数3点だけ。こんな商品数の楽天ショップは初めて見たかもしれません。金庫3点だけで楽天に出店し続けることができるなら、相当売れているのでしょうね。

それはさておき、どこでメールリストを購入したのかはわかりませんが、「初回から迷惑メールに仕分けられた」ということは、何度か送信を行っているのかもしれないですね。

以前は、手動で迷惑メールを仕分けていましたが、Gmailを使うとAIが働いているのか、受けたことのないメールアドレスもすでに迷惑として振り分けてくれます。手間が省けて楽です。

まぁ~ネットショップのやり方もいろいろありますが、数万件のメールアドレスを何千円かで購入して、一斉にダイレクトメールを配信するという方法も悪いとは思いませんが、一応、副作用も考えておかないといけないですね。副作用として考えられるのは2つです。

1つ目は、頼んでもないメールを送りつけられたことを不快に思った人が、「お店の名前や住所はもちろん、担当者名、メール文面すべてをブログに公開してディスられれる。」という点です。晒す(さらす)ことをを専門にしたサイトもありそうです。

「お客さんがそういったブログを見て印象を悪くする。」という可能性は低いと思いますが、お店に関するネガティブなコンテンツがネット上に存在してしまうというのは、ちょっと気持ち悪いですね。

2つ目は、迷惑メール送信元のアドレスを認識されて、本当のお客さんにもメールを拒否されてしまう可能性があるという点です。取引関係先などにも、メールを送っても迷惑フォルダに入ってしまいます。迷惑フォルダにすぐに入ってるってことは、送信メールの大半が迷惑扱いで、結局誰も開いていないことも考えられます。


Adsense

関連記事

no image

売れているお店は何が違うのかPart2

ショップサーブ出店ユーザーの中から選ばれるネットショップ大賞。前回は、カテゴリ1位のメンズセレクトシ

記事を読む

管理画面比較

ネットショップ開店サービス4社の管理画面比較

ネットショップを始める場合、ASPと呼ばれるネット通販システムを貸し出す業者を利用するのが一般的にな

記事を読む

アンケート

アンケートに答えたらサービスがよくなった

アンケート(enquête)はフランス語で、英語ではSurvey、questionnaireと言うら

記事を読む

ストリーミング

販促にライブ動画(ストリーミング)配信とか?

自分のネットショップを含め、色んなネットショップを見てつまらないと思うことのひとつが「営業中感」のな

記事を読む

ハミングバード

ハミングバードを知らないあなたは・・・

「ハミングバード」と聞いて「何それ?」というあなたは相当遅れています。本日学んだ専門用語、英語で言う

記事を読む

迷惑電話

ショップオープン時にかかってくる電話はすべてスルー

毎月29日は焼き肉の日。 さて、ネットショップをオープンさせると、じゃんじゃん電話がかかってく

記事を読む

差し込み印刷(サムネイル)

ダイレクトメール(DM)はWORDの差し込み印で

ワードを使い始めて何年でしょう。 「差し込み印刷」という機能を初めて知りました。 こんな

記事を読む

no image

訪問キーワードを見てあれこれぐだぐだ

人生山あり谷ありとは言いますが、人生暇あり忙ありもアリじゃないでしょうか。すう「忙しい」と声に出して

記事を読む

差別化

飽和状態の中で差別化する方法

以前は「通販に向く商材」という視点から、いろいろ商品を考えてましたが、今は、そういったモノは、ほとん

記事を読む

no image

ショップ運営を丸投げする場合の費用

「ネットに参入したいけど時間も人もいない。」 そんな場合、「誰か代わりに運営をしてくれないか?

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑