*

なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

公開日: : 最終更新日:2018/04/22 ECニュース, ウェブ・テクニック, ショップサーブ

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに、「これから先、Eストアーどこへ向かうの?」って思って、コーポレートサイトのプレスリリースなんかを見るわけです。

去年の7月ですが「Eストアーコンペア」というサービスをリリースしたらしいことがわかりました。で、そのプレスリリースを読んでみたところ・・・

現存する多くのページABコンペアテストツールは、ページの転換評価が主であるため、CVR計測メインが多く、集客目的だけなら良いものの、通販領域においては顧客生涯価値(LTV)を検証せずに、単純に転換率の良し悪しを測っても、経営効率の改善は不可能です。Eストアーコンペアはこの点を重視し、高CVRの低LTVや、その逆も突き止めることが可能です。

これわかる人いる???かろうじて理解できるんですが、この文章、正直、難解じゃないですかね。社長直々の文章ですかね?CVR(コンバージョン)も、LTV(ライフ・ライム・ヴァリュー)もわかりますが、かなり「マニアックなサービスだな~。」という印象です。

2万店か3万店かわすれましたけど、一体、その中何%の店舗を対象にしているのでしょうか。当店でも、CVRは大いに気になるところで、数字のチェックは欠かせませんが、LTVなんか関係ないですからね。ローソンテレビか?くらいの感覚です。

そして、次の段落はさらに難しくなります。

設計思想で重視した二つ目の点は、CMS機能を商品性質化していない事です。これはCMSによるコンテナ入れ替えというコンテンツのAB差分作りは、その運用がラクな半面、販促マーケティングに最も重要なページデザインが大幅に毀損されるためです。この理由から、Eストアーコンペアは、100%完全オリジナルで作られたページのURLを指定するだけで運用出来ます。

正直、半分しか理解できないです。「商品性質化」とか「コンテナ入れ替え」「差分」って何?って感じです。輸入の話ならわかりますよ。「コンテナ入れ替えたんでしょ?20フィート?それとも40フィート?」って。でも、「CSMによるコンテナ入れ替え」って検索しても出てこないです。

コンテナは「入れ物」という意味なんで、テンプレートのことでしょうか。テンプレートはある意味、入れ物ですからね。そこに、オリジナルコンテンツを詰め込むわけですから、「テンプレートを使った中身を入れ替えるだけのABテストは楽」という意味合いでしょうか。

それだと「最も重要なページデザインが大幅に毀損される」って。名誉棄損みたいですが、要するに、オリジナルページを使ってABテストができるということを言いたいのではないかと推測しました。って、プレスリリースって推測しないといけないの?って感じですが・・・

そして、最後の段落。

以上の2点を特徴としたのは、システムの運用に振り回されて、計測が目的化する事を避け、本来の目的である、経営改善に集中できる事を明確化した為です。運用は極めてシンプルで、着地ページと、差分計測する複数ページのURLをセットし、あとは配分比率を決めるだけ。のちは、CVR、CPA、LTVの数値推移のトラッキングに集中できます。他の重要な特徴は、勝敗理由をのちに振り返って確認できるページキャプチャーやメモなど、”経営改善”の運用がラクに正しく出来、専門知識不要に大幅な人件費削減も出来るシステムです。このような設計目的から、従前より難しいと言われているデバイスの計測欠損が最大限に少ない高速エンジンを搭載しています。

降参まいりました

知っている言葉は目につきますが、もはや理解しようという姿勢はなくなりました。要するにABテストに関するCVRやCPA、LTVなどの測定ができるオプションサービスをリリースしたとか、その辺の話ってことで納得しておきます。

あ~むずかし(・・;)・・



Adsense

関連記事

カウントダウン

通販会社スタッフに求められるスキル

「ウェブページが作れる」 「エクセル・ワードができる」 「フォトショップが使える」 「イラスト

記事を読む

スライダーで賑わい感

紙芝居のように画像が入れ替わるパーツの正体は「スライダー」

ネットショップのヘッダーなどで、同じ場所で写真が自動的に入れ替わるパーツを「スライダー」と言います。

記事を読む

ガチT

粗利益の計算方法について

簿記の「ぼ」の字もわかってないころは、普通に「仕入れを増やせば経費が増える」と思い込んでいました。今

記事を読む

カウントダウン

繁盛感の演出~注文が入りました!自動スクロール~

楽天ショップなどでよく見かける「注文が入りました!」逆スクロールをショップサーブに導入しよう!企画?

記事を読む

家計管理も自動化デジタル化の時代がやってきた

ネットショップはデジタルの世界が前提で、運営工程の多くが自動化されています。 注文を受けると同

記事を読む

資格や検定合格

ネットビジネスに資格や検定合格は必要なし

「TOEIC800点以上なら月給1万円アップ。」というのであれば燃えますよね。ゴールがあるし役にも立

記事を読む

カラーミー

ハンドメイド品のカラーミショップユーザー店舗利用

「これは欲しい!」というものがあって検索したところ、カラーミーショップに出店している店舗さんがヒット

記事を読む

HTML

1ページ内に多数ある共通URL部分は省略したい

自作用HTML情報。 自分で作ったHTMLのページ内にリンクがたくさんあって、その大半は同じ場

記事を読む

ルナスケープ

Lunascape(ルナスケープ)

Lunascape(ルナスケープ)とは、Chromeやインターネット・エクスプローラーなどと同じ、イ

記事を読む

ヤフー難しい?

ヤフーショッピング 店舗開設は難しいか?

複数ワードではなく、質問型キーワードでご訪問。 ヤフーショッピングにはトータルで5、6年出店し

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑