*

TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

公開日: : 最終更新日:2017/02/22 ネットビジネス, 起業や開業

TPPに注目

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。」なんて思い込んでる人もいるかもしれませんが、そんなことないっしょ。EC市場の成長は鈍化する気配なしです。

個人的に注目しているのはTPP協定です。

とりあえず、TPPの簡単な説明から。

TPPとは?

輸入した商品の大半は「関税(英語ではtafiff)」という税金がかかります。

例えば、こんな喩え話です。「海外に旅行に行った際、これ(商品)は安い!日本に持ち帰れば儲かるぞ!ヽ(^。^)ノ」と思って10万円相当で買い付けてきた。国内では18万円程度で販売されているので18万円で売れば8万円儲かる。

ところが、その商品には80%の関税がかかることがわかって8万円を支払った。結局、仕入れは18万円となり販売しても利益が出ないので自分で使うことにした。

税率はあえて大げさにしました。

TPP協定というのは、「この関税をなくしましょう。」という話です。協定に参加するのは、アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージランド、シンガポールなど約12カ国(中国、韓国、インドネシアは不参加)です。その参加国間での貿易に関して、「関税を撤廃しましょう。」という話合いです。

発効されるとどうなる?

TPPはまだお話合いの途中で、決定すると、いろいろな品目で関税が即時撤廃されたり、何十年もかけて段階的に割合を減らしていくとのことです。

例えば、日本からアメリカに輸出している自動車の場合、2.5%の関税がかかりますが、「25年目に撤廃される」と言いますから気の長い話ですし、一般庶民はもちろん、ショップ運営者にも直接的には関係ないですね。

でも、『生地や衣類などほとんどの繊維製品にかかっている最大で14.2%のほとんどの関税が、協定発効後すぐに撤廃されます。』
http://www3.nhk.or.jp/news/imasaratpp/article12.html

つまり、アパレル関係では、海外からの仕入れコストが安くなったり、これまで価格が見合わなかったような繊維や衣類などが輸入しやすくなる可能性が出てくるわけです。

現在、関税のかかっている品目は何千?種類もありそうです。何にどれくらいの関税がかかっているかは、財務省貿易統計で見ることができます。
http://www.customs.go.jp/tariff/

準備運動的ネットショップ

早ければ、2018年4月に発効されるので、それまでに適当なネットショップでも立ち上げて、良い商品が見つかれば、すぐに販売できる体制を整えておくのも良いと思います。

ショップサーブのようにカートの英語対応はマストですね。

これからは輸出や輸入、海外販売が熱い!かも。

※参考
http://www3.nhk.or.jp/news/imasaratpp/article15.html

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

google

Googleが電化製品市場に参入する可能性

Googleは既にChromebookというパソコンやスマートフォン&タブレットのNexusシリーズ

記事を読む

baseアプリ

ベイス(base)はネット開業ASPの理想形

ショップサーブでお店を運営しながら、つい、使いにくい点に不満たらたらで、ブログにも「あんな機能とかこ

記事を読む

ニッチジャンルでSEO

ニッチなジャンルで検索結果の1位を狙う方法

「マニアックでニッチなジャンルでSEOを施策し検索結果の1位を狙ってみる」というのが最近の趣味的な取

記事を読む

事業用口座

ネットバンクで事業用口座は作れる?

作れますよ~。手っ取り早いのは楽天銀行ですね。屋号の口座が作れる数少ないネットバンクのひとつです(ソ

記事を読む

「何でも屋」よりも「専門店」が成功しやすい5つの理由

町の小さなスポーツ店がネットの人気店に 「専門店」が当たる典型例ですね。 ネットショップ

記事を読む

クラウドワークス

クラウドワークスを活用した副業ブローカー

クラウドワークスを物色中、「メルマガ執筆依頼!」というのがあったのでチェック。 なんと、その単

記事を読む

トップセラー

最大の悩みは集客。それを解決する方法はこれ。

このネタを公開して良いものか・・・ 読んでわかる方のみご活用くださいw 新規参入ネットシ

記事を読む

自販機的メーカー

自販機的メーカー

自販機メーカーじゃないですよ。 「自販機的」です。 自販機に対して、いくらお金をつぎ込も

記事を読む

イノベーター理論

イノベーター理論を知って、すっきり。

イノベーター理論とは、簡単に言えば、消費者を5つのパターンに分けた考え方です。新商品や新サービスが出

記事を読む

wappy

「ワッピーぬいぐるみ」をもらい損ねる

このブログは、2014年5月にWADAXからレンタルサーバーさくらインターネットに乗り換えました。も

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑