スーパーデリバリー審査パスならドロップシッピングから

スーパーデリバリー審査パスなら

この記事は約4分で読むことができます。

数年ぶりにネット回線がつながらなくなり朝から右往左往・・・

機器類の再起動でも回復せずサポートセンターへ電話。

「ただいまお電話が込み合っており」

「ただいま」じゃねーだろ、「いつも」だろ! ヽ(゚Д゚)ノ と思いながらも、わりとすぐにつながりました。

サポセンのお兄さん。

手順良く確認の作業の指示をしてくれて、最終的に、ルーターの画面から「再設定」することで解決。

感動。

と言う無駄話はその辺で、スーパーデリバリー!

45%仕入れ発見!しかも。

「売れそうなモノ」ってなかなか見つけにくいですね。

「見つけるまで販売しない。」というのもひとつですが、とっとと商品情報を取って販売してしまうというのもひとつ。

今回、インテリア系メーカーで掛け率が45%というのを見つけました。

しかも、ドロップシッピング可。

つまり、在庫を持たず販売ができるやつ。

これなら、リスクはゼロなのでやりやすいですね。

在庫情報も、ほぼリアルタイムに表示されるので、注文が入ったあと、いちいちメーカーに確認を取らなくても、その場で発注ができます。

ドロップシッピング可のメーカーの探し方

単純に「ドロップシッピング」と検索してみます。

すると、81点しか商品出てこないんです。

「ドロップシッピング」と言う言葉は、どちらかと言うとネット用語です。

メーカー側で使う言葉は「直送」です。

「直送」で検索すると一気に12,000点出てきます。

スーパーデリバリー

これだけあれば、選びホーダイです。

直送対応のメーカーは多数ありますが、対応方法はバラバラです。

送料別途1500円の場合もあれば、モノによっては「消費者直送無料」なんてふとっぱらなサービスもあります。

「直送 送料無料」等で検索。

審査前の場合

「これから申し込む」って場合、注意しないといけないのが、入会資格にもあるように「受注発注など在庫を持たないサイト」は審査に落ちる、ということです。

スーパーデリバリー内には在庫を持たなくて良いメーカーも多数ありますが、それは審査が通った後の話。

まずは、「販売サイトがあり在庫を持って販売いている。」という事実が必要です。

申込時には販売サイトのURLを書かないといけません。

もちろん、中身がないURLだと審査には落ちます。

販売サイトとして稼働していないとお話にならないですね。

SDより安く仕入れる方法

スーパーデリバリーに出店しているメーカーや問屋はを通じて仕入れをすると、メーカー側はSDに手数料を支払います。

なので、その分掛け率が高めです。

上記のインテリア・グッズのメーカーもSD内では45%ですが、直接取引すれば40%です。

5%はでかい。

当店も、SDに出店しているメーカーと直接取引をしている場合もあります。

ただ、これは、「取引を直接申し込んだメーカーが、たまたまSDに出店していた。」と言うだけの話。

SDに出店しているメーカーと直接取引をしようとしても、「SD経由で申し込んでください。」というところも多いです。

これは仕方がないですね。

SDに出店しているメーカーや商社は、まともな企業が多いので、直接取引する場合は、それなりの実績が必要かもしれません。