*

販売価格に配送料を含めた金額にしたい

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 Q&A, ネットショップ運営, マーケティング, 売上アップの方法

この記事は約3分で読むことができます。

送料について、注文のしやすさ、つまり、顧客心理の観点から普通に考えると、次のような順位付けになるのではないでしょうか。

無料 > 全国一律 > 都道府県別や重量別

送料については、安さも大事だと思いますが、わかりやすさもけっこう重要だと思います。

さて、仕入れ価格に利益を乗せて、さらに、配送料を加算した価格で販売したい場合、定価や市価を下回る場合は、「送料無料」と謳っても、なんら問題はありません。

でも、「仕入れ価格+利益+配送料」の合計が、定価や市価を超えた場合は、2つ問題が発生しそうです。

問題1 他店より高いので売れにくい(ライバルがいる場合)
問題2 「定価や市価以上の価格で買わされた」というクレームが発生する
問題3 「送料無料」と謳っても嘘くさくなる

問題1 具体的数字で見てみると、市価「10,800円」の商品について、送料を加算して「11,800円」として販売した場合、同一商品が他店でも販売されている場合は、ネット上では簡単に比較できるので売れにくくなります。つまり、価格競争力がなくなります。

問題2 「他店のほうが安かった!ボッタクリだ!」という種のクレームは、ネットショップにはお馴染みです。お店に非ははなく、いわゆる脚の言いがかりです。でも、市価よりも高いとなると、言い訳しにくくなります。

問題3 定価や市価より高く販売して「送料無料」と謳っても、お客もそう単純ではないので「ちゃんと送料取ってるじゃん」とバレバレということになります。

以上を踏まえると、やり方としては2つに絞られそうです。

対策1 「送料無料」ではなく「送料込み」と表記する。
対策2 送料は別で頂く。

なお、お店オリジナルの商品の場合は価格設定は自由なので、この限りではありません。また、メーカーや商社が商品の価格をオープン価格としている場合は、販売側は自由に価格設定できますので、この問題も発生しないですね。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

個人事業主の名刺

個人事業主、会社代表の名刺の作り方

名刺って営業ツールだと思うんですが、そういうことを考えて作っている人は少ないみたいです。そこで、どう

記事を読む

アイデア

アイデアはすぐにドメインを取って形にしておく

ネットビジネス後発組は、SEOのスキルがないと検索上位への道はなかなか厳しいです。そこで、逆転の発想

記事を読む

ライン電話

LINE電話の品質が良かった

最近よくLINE電話を使います。無料ですし、通話品質もだいぶ良くなってるので、友達との会話くらいなら

記事を読む

ブラックリスト

カラーミー ブラックリスト登録方法

注文を受けて商品を出すと必ずトラブルになる。」 そんな客はブラックリストに登録して注文

記事を読む

NAVERのまとめサイト

SEOを考えた時のNAVERのまとめサイトについて

ご存知のように、NAVERのまとめサイトは、検索結果に頻出です。 何かと、上位に出てきますよね

記事を読む

画像の切り抜き

画像の切り抜き方

AdobeのPHOTOSHOP(フォトショップ)など、写真編集のテクニックのひとつに「切り抜き」とい

記事を読む

オリジナル商品の作り方

いろいろあるオリジナル商品の作り方のまとめ

ショップ運営も軌道に乗るとオリジナル商品を作りたくなるもの。オリジナル商品は、販売価格を自由につ

記事を読む

営業なんて簡単だ

営業なんて簡単だ

メーカー営業マンが挨拶に来る。1回目は名刺と挨拶のみ。2回目は、「この商品見積もり出します。」3回目

記事を読む

良さそうに思える言葉

良さそうに思える・見える、良い印象の言葉のまとめ

ネット販売をする上で語彙は武器になります。売れる言葉集のようなものをアマゾンで探してみましたが、なさ

記事を読む

アクセス解析

ネットショップ運営者が押さえるべきアクセス解析8つのポイント

ネットショップを開店して1~2年は毎日のようにアクセス解析を見てました。何人の訪問があったのか、どの

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑