無料ネット販売アプリのベイスの進化がヤバイ。

base進化

この記事は約4分で読むことができます。

baseの進化がヤバイ
最近、周りで、ベイス(BASE株式会社@東京都港区)で、ネット販売を始める人やお店が多いんですよね。知り合いの飲食店だったり、主婦やサラリーマンだったり。たまたまですかね・・・

業界人としては、「いやいやいや~、そこは、まずyahoo! shoppingでしょう。」と言いたいところですが、どうやら、baseは、業界人ではない人たち、つまり、ネット販売初心者の心をうまくキャッチしているようです。

実際、メルカリで不用品を販売するくらい簡単なやり方で、ネット販売が始められるわけですから、そりゃ、みなさん飛びつくでしょうね。

HTMLをいじったり、アクセスの分析をしたり、そーいうことに命をかけているオッサンのこだわりは、もはや、世間には受け入れられない時代になったのかも知れません。ま、手軽に始められるのが一番ですけど。

で、久々にbaseの管理画面に入って、びっくり。

(・_・)

正直、ここまで進化しているとは思っていなかったです。

通販の基本システムを提供しながら、必要なオプション機能は、必要なだけ追加したり削除したり、そのへんの機能がかなり充実しています。

例えば、ベイスとインスタは非常に相性が良いのですが、なんと!InstagramやFACEBOOKとの連携が可能になるツールが無料で導入できるんです。

おいおいおい・・・・我らがショップサーブ(本格的な通販システムですが、、)さん。かなり出遅れてないですかね。

さて、このインスターツールですが、下記の説明があります。

Instagramと連携するために、まずはFacebookページとの連携が必要です。 Facebookページと連携すると、BASEにて公開されている商品(sold outも含む)がFacebookページの「ショップ」に表示されます。

なるほど。ベイスに出品していく商品が、自動的にFACEBOOKに表示されていくわけです。そして、インスタも連携できるわけです。

この機能めちゃくちゃ欲しいんですが、、、、残念ながら、baseはサンプルショップを作っているだけです。一部の商品だけセレクトしてbaseで、インスタを使って販売を開始しようかしら、って思うほどです。(すでに始めていたり・・・)

その他、通販玄人には定番のGoogle AnaliticeやYahoo! Japan、Googleのコンバージョンタグ、さらには、広告効果測定機能まで追加できるじゃないですか。しかも無料で。

おまけに、注文の一括処理は不可能と思っていましたが、納品書のダウンロードや、CSV管理、CSV一括発送、ヤマト運輸連携、クラウド会計のフリー(freee)やマネーフォーワードまで連携可能になっているじゃないですか。

この技術力ハンパないですね。本気じゃないですか。

もうこの際、お願いですが、楽天、yahoo! shopping、Amazon出店の店舗の取り込みなども考えてみてはいかがでしょうか。喜んで支店作りますよ。あいにく、まだ商品の大量(5,000点とか10万点とか)一括登録には対応していないので、今後がちょっと楽しみです。