*

ネーミングのためのチェックリスト7

公開日: : 最終更新日:2017/03/17 ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ, 売上アップの方法

この記事は約3分で読むことができます。

何に悩んでるかというとネーミングです。以前は、ドメイン名で同じように何日も悩んでいたことがありましたが、ドメインに関してはシンプルにつけるようになったので悩むこともなくなりました。

でも、今回の商品はなかなか決まらない・・・

ということで、改めて商品のネーミングのためのチェックリストを、いくつかの参考文献を元に作ってみました。簡単なフレームワークですね。

1.わかりやすいか?
お客さんにとってわかりやすい名前であることが前提。

2.発音しやすいか?
読んでわかっても、口頭で伝えにくいとヒットにつながらない。と言っても、「きゃりーぱみゅぱみゅ」のように、言えないのにヒットしているものがあるので、例外もありですね。というか、キャラありきですが。

3.商品の特性がわかるか?
読んでなんのことかわからないと意味がないので、その商品が何なのか一発でわかるやつが良いですよね。「70個のしじみのちから味噌汁」わかりやすっ。

4.覚えやすいか?
覚えやすいといえば10文字以内でしょうか。いや、「海上自衛隊」や「ゲシュタルト崩壊」、「ゴールデンイーグルス」は10文字の単語ですが、決して言いやすくもなく覚えにくいような気がします。となると9、8、7文字あたりが有力になりそうです。

5.インパクトがあるか?
これは難しそう・・・7、8文字で、あるいは、7、8文字の中にインパクトを持たせるには数字や、「ギュっと」や「ピリっと」などのオノマトペを使えば、多少インパクトが出るもしれません。

6.親しみがあるか?
全部が全部だとは限らないと思いますが、「パソコン用ハードディスク」も「えんばん式きろく箱」とでも言い換えれば。親しみがわきそうです。時代が逆行しているような・・・

7.イメージを想起するか?
商品名を読んだだけで、その商品を使って偉える体験や感覚、感動をイメージできるか。これは高度だ。「激アツUSBメモリー」(やけどしそう)。


Adsense

関連記事

鮮度が命

刺し身も情報も鮮度が命

たまにリンク元を見ることがあります。そのリンク元が掲示板の場合がります。 軽く内容を見

記事を読む

no image

予約システムはアプリ開発よりCGI

「予約のシステムを使いたい。」というのはネット系の企業よりもリアルのビジネスのほうが多いかもしれませ

記事を読む

no image

Iotでも先駆者利益?

ネット販売ではないんですが、普通のホームページを「同業者よりも何年も前に」立ち上げたある会社は、月間

記事を読む

裏ワザ・裏事情

裏ワザ?ネットショップのお仕事裏の事情

海外から商品が入ってくる以前に、その商品を海外で見つけるというステップがあります。海外にも色んな商品

記事を読む

ウブロ

日経新聞WEBの広告をクリックしてみた

日経新聞のWEBを見ていたら次のような広告が出ていました。 PR『星野リゾート、星野佳路代表が

記事を読む

カウントダウン

繁盛感の演出~注文が入りました!自動スクロール~

楽天ショップなどでよく見かける「注文が入りました!」逆スクロールをショップサーブに導入しよう!企画?

記事を読む

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」金融商品を学ぶ

金融商品は、ネット販売とは関係ないのですが、たまには他業種の商品について学んで見てもよいのではないし

記事を読む

自動返信メールのこだわり

自動返信メールのこだわり

楽天のショップ2店舗で買い物をしたんですが、自動返信メールがよく似ていて、ちょっと気になりました。

記事を読む

電話営業

目撃。電話営業がなくならない理由

ネットショップを開店するとすぐに電話が鳴ることがあります。もちろん、お客さんではありません。SEO業

記事を読む

記事が多い理由

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。 最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑