マジメなネットショップ開業セミナー「月商10万を目指す」

月商10万円突破セミナーを受けてみた

申し訳ありません。

今回紹介する月商10万円突破セミナーは現在やっておりません。

もうちょっとレベルの高いやつ(受講無料)に変わっています。(コロナ騒ぎのためオンラインですが。)

Eストアーの繁盛店セミナー

でも、それを受けてきた感想を書いていますので、もしかすると良いヒントがあるかもしれません。

ご参考まで。

Estore/seminar/gessyou100000yen.html

月商10万円突破セミナー

通販システムのショップサーブが提供する1万円くらいのセミナーです。

純粋に「月商10万円突破するためにすべきこと。」という内容です。

怪しいツボを売りつけるようなセミナーではありません。

月商1000万でも気づくこと

当店の場合、月商10万円はすでにクリアして久しいです。

でも、月商10万目指すための基本を聞くと、意外にできてないことに気づきました。

EC歴が長いので慢心があることに気づいたセミナーでした。

繁盛店の作り方のキホン

このセミナーのテーマは「繁盛店の作り方」。

「いかにテクニックを駆使してどうこうする。」という話ではなくて、「実店舗ビジネスで元気なお店のやっていることを真似しましょう。」という内容です。

例えば、実店舗で元気なお店は、「品数が豊富でしょう?」「専門知識のあるスタッフがいるでしょう?」「すごく賑わっている感じがありますよね?」

それをネットショップで実現するには、「どのように店舗作りをすれば良いか。」という、普通にまじめでシンプルなテーマです。

衝撃のSEO事例

ただ、衝撃を受けた事例がひとつ。

通販システムのショップサーブでは、商品ページごとにSEOの基本項目を入力する欄があります。

これ↓

SEO設定

「外部用キャッチコピー」はmeta descriptionのこと。

当店の場合5000点以上のアイテムがあるので、いちいちページ毎にSEO設定なんてできないんですよね。

だから、ほぼ空欄状態。

ところが、アーミー系ホビーのネットショップさんは、それを地道に全部埋めたところ、サクッと月商1000万超え。

まじか~・・・とショックを受けました。

「繁盛店はやること、きっちりやってるな~」と思いました。

商品写真撮影3原則

商品写真なんて「いいカメラで撮れいいんでしょ?」くらいに考えていました。

実際そのやり方で不都合は感じていませんでした。

ところは、「商品写真には抑えるべきポイントが3つある。」と。

1つ目は、使用しているイメージがわかる。
2つ目は、余計なものが写り込まないようにする。
3つ目は、シズル感

シズル感は食品に限りますが、生肉を載せるのではなく、煙を出しながら焼いて美味しくべているシーン。

生肉

これを見て、「おいしそう~」って思う人はガチの肉好き。肉女子。

でも、一般的な人は次のようなシズル感のある写真を見て初めて「食べたい!」と思うわけです。

シズル感のある写真

何が不足しているか気づく

トータルの感想です。

「繁盛店はとことんやってるな。」と印象です。

ページごとSEO設定するのは骨の折れる作業です。

でも、繁盛店は、そこを貪欲に取り組んでいるということ。

このセミナーで、どこまでやるべきなのか?何ができていないのか?といったことに気付かされました。

「当店は甘っちょろいな・・・」と感じた月商10万円突破セミナーでした。

ぜひ、ショップサーブのEストアーさん、以前の良質なセミナーを再開してみてはいかがでしょうか。