*

オズボーンのチェックリストNo.3「拡大」の事例

公開日: : 最終更新日:2016/12/11 マーケティング, 起業や開業

この記事は約3分で読むことができます。

大きくしてみてはどうか
オズボーンのチェックリスト「大きくしてみたらどうか?(拡大)」「大きくしてみてらどうか。」以外では、「強くしてみたらどうか?」「高くしてみたらどうか?」「長くしてみたらどうか?」「分厚くしてみたらどうか?」などがあります。

大きくしてみるのは、物理的な大きさのほか頻度や付加価値、時間を長くする、というのもありますね。個人的には、さらに、量や数を「増やしてみてはどうか?」なんてのも一応考えます。

ま、このアイデアを生むための視点は、わりとポピュラーですよね。

大きくなった商品

みんな大好きポッキーの特大バージョンです。写真で見ると大きさはわかりませんが、箱の高さは28cmです。通常のポッキーが16cmほどなので、ほぼ2倍ということになりそうです。

長くしてみた

「一人用の縄跳びが先か大縄跳びが先か」は知りませんが、個人用を団体用に長くした例と言えます。また、商品の事例で言えば、女性がご存知のやつがありますが、この場での画像提供は差し控えさせていただきます。サービスについても「長くしてみてはどうか?」という視点もアリです。

長くしてみた

強くしてみたらどうか

通常は3%や5%くらいの度数のものを10%弱まで強くしたドリンク。靴は靴でも、衝撃に強くした安全靴。接着剤や両面テープも強力なやつあります。

量を増やしてみた

最近よく見かけるのが、洗剤の大容量です。「どうせずっと使うんだからもっと容量が欲しい。」という消費者の要望に応えたであろう洗剤や柔軟剤、消臭剤などの大容量バージョンはもやは定番です。

商品名やキャッチコピーで使えるキーワード

キャッチコピーや商品名に使える大きい系をイメージできる言葉は、「ビッグ」「ラージ」「ジャイアント」「ジャンボ」「特大」「超特大」「2倍、3倍」など。

また、容量に関しては「増量」、強いは「ストロング」「パワフル」、長いは「ロング」、高いは「ハイ(HIGH)」「スカイ」「ノッポ」、分厚いは「ヘビー」、「厚い」は、英語で「thick」と言いますが日本人には馴染みがないですね。


Adsense

関連記事

価格の表示方法

商品毎に価格の表示方法を変えたい

ネットショッピングをしていて色々な価格表示がありますよね。今回遭遇したのは、「衝撃価格」という表示。

記事を読む

no image

オリジナル商品の価格の決め方5つのポイント

メーカーが希望小売価格を決めている場合は、それを元に販売価格を決められますが、オリジナル商品となると

記事を読む

ファイナンシャルプランナー

今も、今後も期待できる職業「ファイナンシャル・プランナー」

今も、今後も期待できる業種のひとつにファイナンシャル・プランナーがアリではないかと思います。時代

記事を読む

高い利益率

驚愕!こんなに高い利益率だとは!

シリーズものの本16冊ほどを古本市場へ持って行き買い取りしてもらうことに。番号札を渡されて、待つ間、

記事を読む

売却

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」とい

記事を読む

バレない副業

2015年副業しっかり。会社にバレない対策に意外な盲点あり。

「今年から副業に勤【いそ】しもう。」 そう考えているお勤めの方も多いことでしょう。ぜひ、ばれな

記事を読む

営業なんて簡単だ

営業なんて簡単だ

メーカー営業マンが挨拶に来る。1回目は名刺と挨拶のみ。2回目は、「この商品見積もり出します。」3回目

記事を読む

makeshop

思わず反応してしまったmakeshopのバナー

バナーもデザインやキャッチ次第で反応してしまいます。今回、視線が釘付けになったバナーは、ネットショッ

記事を読む

plala

ぷらら等プロバイダーの無料HPでのネットショッピングが危険な理由

自宅やオフィスの固定電話を使ってインターネットサービスを使う場合、必ず、プロバイダーという通信事業者

記事を読む

青色申告

6大メリットの青色申告の届け出は2月28日までに

税制面でとってもオイシイ個人事業。でも、おいしさを漫喫するためには、それなりの手続きが必要です。開業

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑