*

ターゲットがスマホ世代ならネット販売にメルカリは外せない

この記事は約4分で読むことができます。

メルカリで大失敗(><)

「メルカリなら中古品を安く買える」という思い込みがあったので、欲しかった商品を即買いしました。「いい買い物をした。」と、ご満悦もつかのま、やめとけばいいのに、思わずAmazonで検索。

Amazonの新品のほうが安いじゃないですか。

やられた・・・orz

「Amazonの新品より高く売るとはけしからん!」なんて、典型的クレーマーのような言いがかりはつけません。勉強代だと思って大事に使っております。

さて、まじめな話。「ネット販売と言えばパソコン」という時代は、すでに終演を迎え、現在は、ご存知の通りスマホ全盛です。

10代~30代の人を対象に、こっそりリサーチしてみたころ、日常的にパソコンでショッピングをする人の割合は20%以下です。パソコンすら持っていない人も半数以上です。大半がスマホオンリーです。

そこで、普段のネットショッピングの使い方を聞くと、メルカリは最初に出てきます。「中古でもいいから安く買いたい」って場合はメルカリを使うことが多いですね。以前は、「ヤフオク」の役割でしたが、ヤフオクはおっさん・おばはんの定番と化としております。

次に、女性の場合、洋服を買う場合は特定のお店を決めていて、ひたすらそのお店を使うイメージです。「価格検索を駆使して安いお店を探し当てて、最安値で買う。」という人はいないです。

男性の場合は、やはり、Amazon、ヤフーショッピング、楽天などの利用率が高いです。ショップサーブで出店しているような専門店を利用している人は皆無でした。やはり、「ネットの専門店利用は年齢層高め」という印象です。もちろん、「すべてにあてはまる」とは言えませんが。

そこで見えてきたのは、ターゲット層によっては、販売スタイル、特に攻め方は大事かと思います。つまり、ターゲット層が10代~30代のスマホ世代の割合が多い場合は、メルカリは当然のごとく押さえる。

次に、スマホサイトです。パソコンサイトなんで後の後です。場合によっては、スマホサイトだけで十分、むしろスマホサイトだけで行く、ということもあるでしょう。

「スマホサイトだけ」の場合は、ショップサーブのような総合通販システムよりも、おちゃのこネットのスマホだけのコース(月額540円)がコスパは最高でしょうね。

ショップサーブのオールインワンが月額12,000円ほどで、おちゃのこのスマホだけプランが500円なので、ここの選択を間違うだけで年間14万円の無駄金を垂れ流してしまう結果に至りそうです。

14万円もあればおいしい焼肉や寿司食べ放題ですよ。豪遊できますね。もったいない・・・


Adsense

関連記事

ブラックリスト

カラーミー ブラックリスト登録方法

注文を受けて商品を出すと必ずトラブルになる。」 そんな客はブラックリストに登録して注文

記事を読む

ウェブ接客

「ネットショップは販売業としては欠陥だらけ」ということを意識したほうが良いかも

一見、便利なネット通販ですが、実店舗の販売業と比較すると、実に欠陥だらけということに気づくと思い

記事を読む

仕入先

仕入れ先がなかなか見つからない簡単な理由

「◯◯ 卸販売」などと検索しても、希望するような仕入先メーカーがなかなか見つからないです。いくら検索

記事を読む

クレーマー拒否

通販 クレーマーからの注文拒否するには

面倒くさい客からの注文はいらないですよね。いわゆるクレーマー。あれこれ難癖つけて来る客です。購入単価

記事を読む

バリエーション

自作ページにバリエーションを設置した

「ショップサーブに自作ページを作ってカートは設置したが、バリエーションの選択肢がないので動作しない。

記事を読む

プラグイン3選

ネットショップのWordPressに必ず入れたいプラグイン3選

ネットショップのブログでコンテンツを配信し、また、その場で商品が買えるような作りをメディアE

記事を読む

レスポンシブ・ウェブ・デザイン

レスポンシブ・ウェブ・デザイン(RWD)急務!

Googleのモバイル検索のランキングに影響があると言われてるレスポンシブ・ウェブ・デザイン。簡単に

記事を読む

シンメトリー効果

デザインはシンメトリー効果を意識する

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「この

記事を読む

メンテナンスフリー

ショップサーブはメンテナンスフリーだから運営が楽ちん

ショップサーブに引っ越しして何年になるでしょうか。 「ネットショップは自作に限る」という固定観

記事を読む

自動引落

クレジットカードの継続課金、自動引き落としについて調べ中

お客さんに定期的に買って欲しい新商品をがあって、それを、「カードで毎月引き落としするあれでやってみる

記事を読む

Adsense

Adsense

最強のメルマガCGI
メルマガCGI、こんなに素晴らしい最強のCGIがあったのを忘れていた・・・

2018年からの傾向なんですが、通販システムを借りているショップサ

事情
一部のネット販売店の実情

最近話したAさんのお話。。。「ネット販売やっています。」というと、

確定申告
2019年確定申告の時期だよ~テキトーな個人的裏(ウラ)話

来ましたか?確定申告のハガキ!1月下旬に来たハガキ、忘れないように

みるみる残高が増える
やれば、銀行口座残高がみるみる増えるヽ(^o^)

銀行口座の残高が増えるって嬉しい! って思いませんか? 思

insta
instagramやるべき店とやるべきではない店(ネット販売)

インスタは一応アカウント持ってますが何年か放置です。当然です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑