*

オリジナル商品を作る目的で開店

この記事は約2分で読むことができます。

「オリジナル商品は自由に値段が付けられるし、他で販売もしていないので価格競争にもならないから良い。」とは言えるんですが、いざ作ってみると、これが思うように売れないんですね~。中には1点も売れない商品や、大量に在庫を抱えてしまった商品なども。

ネットでは売れないけど実店舗では売れる商品だったり、客層を間違ってしまったために売れない場合(中高年のお客さんなのに若者向け商品を作ってしまった)は、まだ救いがあります。

でも、誰に見せても「そんなもの必要ない」と言われる商品は完全に失敗(これ最悪。泣きたい・・・)。「なぜ、そんなオリジナル商品を作ってしまったのか?」悔やんでも悔やみきれないわけです。粗大ごみで廃棄する以外道はなし。捨てるにも金がかかる始末。

洋服等、センスのいい人は売れるモノがわかるらしく、作っては普通に売れて、の繰り返し。うらやましいですね。そういったセンスに自信がない場合、オリジナル商品を失敗することなく作るなら「需要があることを確かめてから」に限りますね。つまり、お客さんの「こういう商品ないの?」という声があって初めて着手する感じです。

そのためには、まずは、ネットショップを立ち上げて()お客さんの声を収集することから始める必要があります。オリジナル商品の製作が目的なら、「掲載している商品は売れても売れなくてもどっちでもいい」スタンスなので、数を出品して、「見つからない商品があったら、お気軽にお問い合わせください!」といったバナーを目立つように表示する。

まずは、ショップサーブのモバとくパックで商品数1000点を目標に開店ですかね。個人的な経験では検索との相性が良いので、一般のお客さんの声を集めやすいと思います。

オリジナル商品

※誤解される恐れのある日本語に注意。

Adsense

関連記事

事件簿

ネットショップ運営のかる~い事件簿

長年ネットショップをやていると、いろいろあるのですが、おおむね平和な運営が10年以上続いてい

記事を読む

検索されてる言葉

ヤフーショッピングで検索されている言葉を知るには?

という検索ワードでの当サイトご来店。 ヤフーショッピングで「腰痛」と検索してみました。すると「

記事を読む

スマホだけでネットショップ

スマホだけでネットショップ運営

「当日は、このメールをプリントしてお持ち下さい。」なんてありますよね。 スマホ画面を見せれば済

記事を読む

請求メールの書き方

請求メールの書き方の基本ポイント4つ

煽り系のメルマガに、まんまと釣られて商品を購入することになりました。以前にも1度購入しているのですが

記事を読む

動画風・・・意味なし

クリック率が高くなる仕掛け(動画風)を作ってみた

動画風バナーというか、「これクリックすると動画が再生される」と思ってしまうバナーです。で、ついクリッ

記事を読む

amazon

アマゾン・マーケットプレイスの特定商取引法について

そういえば、1年くらい前でしょうか。マーケットプレイスの出品者に特定商取引法にもとづいて、事業者

記事を読む

バナー

効果的なバナーを作るコツ

いざバナーを作ろうと思うといつも困るんですよね。 効果的なバナーどうやって作れば良いのか?

記事を読む

レンタカーのナンバーは?

一番早いネットショップの作り方

新しいブログに引っ越しして初めてのネットショップの作り方講座。 講座と言っても一言で終わります

記事を読む

ネットショップは作るな

ネットショップは絶対に作るな!(最新版)

ネットショップ開業|ネットショップの仕入れ|ネットショップ運営 過去ブログで一番人気記事をリラ

記事を読む

動詞の名詞化

アクションボタンを動詞から名詞に変換する

ショッピングサイトをはじめランディングページにはユーザーにアクションを促すボタンが配置されていま

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑