*

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

公開日: : 最終更新日:2015/09/29 ネットビジネス, ヤフーショッピング・作成講座

この記事は約2分で読むことができます。

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要があります。その割合は1%~最大15%。最低1%なので、言い換えれば、販売商品はすべて1%割引での出品ということになります。

ポイントは誰のものかというと、お客様のもの。

店舗でもなくヤフーでもない。

例えると、ヤフー会員のお客様は、ヤフーポイント銀行(仮)にポイント口座を持っており、yahoo! shoppingで買い物するたびに、口座にポイントを貯めていくことができます。

お客様が1万円の商品を購入した場合、店舗側の売り上げは9900円。100円分のポイントが自動的にヤフーポイント銀行に貯蓄されます。言い方を変えると、ポイントはお店の負担。

ポイント制なんかやりたくないお店にとっては、なんか損したような気分ですが、逆に、お客様がポイントで商品を購入した場合は、その額がヤフーポイント銀行からポイントではなく現金で支払われます。

もし、ポイントの仕組みがなければ、「ポイントがあるからこの商品を買おう」というお客さんは逃すことになるので、1%の販促対策と考えれば良いかもしれません。

ちなみに、以前はヤフーショッピング専用のポイントでしたが、現在は、「Tポイントカードはお持ちですか?」でお馴染みのTポイントですね。ツタヤを始め、東急ホテルやゴルフ5、エディオンやカメラのキタムラでも使えるようです。

※参考(ストアクリエイター >よくある質問 >ポイント・アフィリエイト)
http://storedoc.ec.yahoo.co.jp/s/shopping/faq/point-affili/

Adsense

関連記事

有名ASP

本気でネット販売を始める人に有名ASPをすすめる7つの理由

企業さんに通販システムを聞かれた場合、だいたい、ショップサーブをすすめています。ショップサーブは、ネ

記事を読む

freee

平凡なアイデアを圧倒的技術力でビジネスにしてしまった例

ウェブサイトでは紹介済みの、ネット上で決算までできてしまうオンライン経理サービス「freee」。

記事を読む

ルナスケープ

Lunascape(ルナスケープ)

Lunascape(ルナスケープ)とは、Chromeやインターネット・エクスプローラーなどと同じ、イ

記事を読む

モノづくり

ビジネスアイデアは無限にあるようだ。。。

ここ数年、トランクルームが目立ちます。一度使おうかと思ったこともありましたが、1年間預けて年間10万

記事を読む

記事作成代行

ブログ記事の作成代行ビジネスがいいかも

ネットショップはもちろん、リアルのビジネスの運営においても、FACEBOOKやツイッターなど、ブログ

記事を読む

HTML編集

ヤフーショッピングの画像やHTML編集方法

ヤフーショッピングは、ショッピングモールなので、と言うと語弊

記事を読む

自作のすすめ

ネットショップ自作のすすめ、も・・・

ネットショップを始める場合、ショップサーブなどの開業サービスを使ってスタートするのが一般的になりまし

記事を読む

Buyee

Buyee売れるよ~ショップサーブ出品自動~

日々いろいろなネットサービスが生まれては消えていくわけですが、最近の傾向としてネットショッピングのボ

記事を読む

no image

ショップ運営を丸投げする場合の費用

「ネットに参入したいけど時間も人もいない。」 そんな場合、「誰か代わりに運営をしてくれないか?

記事を読む

フリーランスの自己ブランディング

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍してい

記事を読む

Adsense

Adsense

仕入れは楽しい
スーパーデリバリー(SD)・デビュー週数間。やっぱり仕入れは楽しいかも。

ふとした思いつきからネット仕入れのスーパーデリバリーを、審査を

スーパーデリバリー
仕入れ日記。スーパーデリバリー審査通った?落ちた?

ネット販売で小売業をやっていると、販売用の商品はもちろん仕入れ

イージーマイショップ
ネットショップ開業easy my shop(イージーマイショップ)の評価。べた惚れかも

EC業界、日々変化して、なにかと対応に追われる日々を送る店長X

イージーマイショップ
easy my shop(イージーマイショップ)はどうよ?評価は?by現役店長

ネットショップ開業と言えば、ショップサーブをはじめとして、カラ

格安SIM
年収300万円以下なのにオススメ格安SIMを使わないのは、お金にだらしないと言わざるをえないかも。

「お金ない~」って言う人いますよね。年収が少ないのかというと、そうでも

→もっと見る

PAGE TOP ↑