Shopify運営日記。忘れてはいけない2つの裏側設定

アナリティクス・サーチコンソール

この記事は約6分で読むことができます。

ショップサーブからShopifyへ引っ越しの日記。

お客様に見える部分のページ関係は100%セッティング完了したのですが、お客様に見えない部分「裏」の部分の設定が、2つほど残っていました。

1つ目は、グーグルアナリティクス、2つ目は、サーチコンソール。

アナリティクス

Shopifyで初めてネットショップを始めた人にとっては、「ちょっと難しそう?」な話ですが、大事なことなので書いておきます。

実際は、決して難しいことじゃないですから(^^)

Googleアナリティクス」は無料サービスなので誰でも使うことができます。

これを使うと、ネットショップに「何人お客さんが来た。」とか「このページを3分閲覧した。」といったデータがわかります。

例えば、「ユーザーの60%が50歳以上」といったデータまでわかっちゃいます。

来店したユーザーの行動をデータで見ることができるんです。

だから、「開店したのに売れない!なぜ!?」という悩みを持たずに済みます。

売れない理由は数字でハッキリわかるわけですね。

タグを入れる箇所めっちゃ探す

今回初めてShopifyを使うことになって管理画面にも慣れてきました。

Googleアナリティクスでアカウントを新規で作ってタグを入手しました。

タグとは下記のようなものです。コピペするだけです。*****のところは数字が入ります。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-160031918-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-*********-1');
</script>

でも、アナリティクスのタグを入れるところは、20分ぐらいかけてやっと発見しました。

そんなところにあったのか!

というのがここ↓

アンリティクス

「オンラインストア」→「各種設定 」と進むのですが、別の箇所にも「設定」ってあるので、ちょっとややこしいですね。

Googleサーチコンソール

次はサーチコンソール。これもGoogleの提供する無料サービスえす。

サーチコンソールでわかるのは、訪問キーワードです。

「ユーザーがどのような検索ワードでやってきたのか?」「そのワードは1カ月当あたり何回検索されているのか?」ということがわかります。

検索ワードがわかることで、これも「売れる理由」や「売れない理由」がわかります。

また、「これから売っていくため」の戦略も立てやすくなります。

例えば、家電中心のネット販売を始めた。半年経って、訪問ユーザーは1日100人もあるのに(アナリティクスを見て)一向に売れない・・・

なぜか?

そこで、サーチコンソールで検索ワードを調べてみたところ、「シャープ 電子レンジ」「ソニー テレビ」「東芝 ノートパソコン」などなどの検索ワードでユーザーが訪問していることがわかりました。

お店を見ると、それら全部売っていないことが判明。

そりゃ売れるワケないですよね。

じゃあ、シャープの電子レンジやソニーのテレビ、東芝のノートパソコンを仕入れて販売を開始すれば良いわけですね。

サーチコンソールとドメイン側での設定

Shopifyでは、サーチコンソールのタグを入れるとか、どこか設定する箇所はありません。

サーチコンソール側とドメイン管理サイト側での設定が必要になります。

サーチコンソール側にドメインを入力すると「google-site-verification=HogeHogeraope7kdkepKDHEI002ovnsdleE」といった感じの長ーい文字列が表示されます。

これをコピーして、ドメイン管理サイトへ移動。

今回はムームードメインなので、「ムームーDNS」→「変更」と進みます。

そして、「種別」を「TXT」を選択して、内容に先ほどのコードをペタっとして完了です。

ドメインの管理者であることの確認がされるまで、しばらく時間がかかるのでお茶でも飲んでおいてください。

キーワードが取得されるのは先

サーチコンソールの設定がおわったからといってすぐにキーワードが取得されわけではありません。

検索エンジンからのキーワード検索があって初めてデータが取得されます。

サーチコンソールに「検索ワードが反映されるまで2週間くらいかかる。」と言われていますので、気長に待つしかないですね。

とりあえず、ここまで設定しておけば、あとはインスタなりFBなり、あるいは検索広告などで商品をマーケティング(告知)する行動に移ります。