*

スマートロックが欲しい

公開日: : 最終更新日:2018/10/26 ショップサーブ, ネットビジネス

この記事は約3分で読むことができます。

一番欲しいものと言えば、スマートロックです。ジャラジャラの鍵(かなりの数がついてる)持ちたくもないし、閉める、開ける作業もしたくないんですよね。

「あ!?鍵閉めたっけ???」と心配になる時間も無駄です。

今、それを解決してくれるのがスマートロック(後付けタイプ)。

めっちゃ欲しいです!

で、インスタやFBで頻繁に宣伝を見ますが、アマゾンのユーザーレビューを見る限り、「今」導入するには微妙な感じですね。

そんなことを考えながら、ふと思ったんですが、「そもそも自宅って鍵する必要ある?」てこと。

留守中は施錠するのが常識ですが、「常識は疑え」理論に当てはめれば、「施錠しなくてもいんじゃね?」って話になります。

オートロックで管理人もいるマンションなどは、第三者が自由に出入するのは難しい。高級マンションならまだしも、普通のマンションならドロボーに狙われる確率は極めて低いんじゃないでしょうか。

さらに、今どき、自宅に金庫を置いて大金を置いている人も少ないでしょう。

ま、若い女性などは、ドロボー以外の心配がありますから、施錠は必要だと思いますが、オッサンの一人暮らしなど、鍵はいらんでしょ。

あと、お年寄りはタンス預金が多いみたいですね。ボロい家に住んでる高齢者は狙われやすいかもしれないですね。

でも、盗られて困るようなものを家に置いていないオッサンや若者の一人暮らしにスマートロックどころか、普通の鍵もいらないような気もしますが。ノー・ロックのスマートなスタイル。

田舎なんかでは、鍵していないことも普通です。

田舎スマートじゃん。

スマートっていい言葉。

ショップサーブは、ネットショップのスマートな運営が可能な国内唯一の通販システム(言い過ぎ)。」

かなりイメージアップしませんか?w



Adsense

関連記事

池田香織

フリーランス用のホームページ(池田香織さんのCM)

無料ホームページ作成と言えばwix.comですな。 個人的には、かなり好きなwixのy

記事を読む

no image

便利屋のネーミング

「便利屋 ネーミング」というキーワードがあったので、「よし、考案しましょう。」で、まず最初に思い浮か

記事を読む

検索キーワードは検索ユーザーとの対話

検索キーワードはユーザーとの対話

GAのオーガニック検索のキーワードの取得がほとんどできなくなって久しいですが0%ではないんですね。割

記事を読む

海外から日本に販売

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ

記事を読む

ショップサーブ

ショップサーブのキャッチコピーを変更してみた

ショップサーブのキャッチコピーはこれ↓ なんですが、、月商1000万と言われてもね~。

記事を読む

キュレーション・サイトとは

キュレーション・サイトとは

curationはcurator(博物館・図書館などの館長=いろんな情報を分類したりまとめたりする人

記事を読む

no image

ショップ運営を丸投げする場合の費用

「ネットに参入したいけど時間も人もいない。」 そんな場合、「誰か代わりに運営をしてくれないか?

記事を読む

事業用口座

ネットバンクで事業用口座は作れる?

作れますよ~。手っ取り早いのは楽天銀行ですね。屋号の口座が作れる数少ないネットバンクのひとつです(ソ

記事を読む

サイト廃止も想定してサーバーを選ぶ

「ネットショップ向け写真撮影の代行をやっています。よろしければご紹介ください。」的なメールをたまたま

記事を読む

EC事情に異変

2019年。ネット販売事情に異変

結論から言うと、異変とは、「最新の現場情報はリアルからしか得られなくなりつつある。」というこ

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑