*

ECサイトのためのワードプレス・テーマ(Stork)と必ず設定したい3箇所

公開日: : 最終更新日:2018/09/09 ウェブ・テクニック, ネットショップ運営, マーケティング

この記事は約3分で読むことができます。

ストーク

ショップサーブの同一ドメイン内にワードプレスがインストールできるようになったので、急ピッチでコンテンツ作りに励むショップさんが増えていますね。一方、(WPオプションを知らず)無料ブログを使っているお店さんも、まだあるようです。

変な言い方ですが、職人としてネットショップ運営に携わっている人は、ワードプレスは有料テーマを使い、基本設定をし、コンテンツを作り込むのが定番かと思います。テーマはいろいろ悩むところですが、スマホユーザーの多いショップさんに特にオススメしたいのは、WordPressテーマ「ストーク」ですね。

ま、他にも色々あるので、これが「絶対!」というわけではないです。でも、LP(ランディングページ)が簡単に作れるところなど、コスパ、使い勝手等を考えると「本心でおすすめ」と言えます。自分の会社でも数店舗のブログで実際に導入を進めています。

さて、今回は設定についてです。テーマをインストールしたあと、ヘッダーやカテゴリ、その他のデザインなど、カスタマイズを行いますが、それよりも、まずは、SEOを意識した構造部分の設定はしっかりやっておきたいところです。

2点ほどあります。

1.パーマリンクの設定

「URLの表示をどうするか?」という問題です。デフォルトの状態は、ちょっと検索ロボットにも検索ユーザーにもあんフレンドリーな状態になっているので、フレンドリーな設定にします。

「設定」→「パーマリンク設定」と進みます。「カスタム構造」のところにチェックし、「https://ブログ/%category%/%postname%」と入れます。「/%postname%」だけでも良いです。これは好みです。

カスタム構造

2.Google Analytics設定

これは絶対に外せないですね。いくら一生懸命ブログを書いても、解析できなければ意味をなしませんから。「外観」→「カスタマイズ」と進み、「アクセス解析コード」のところに、GAの「UA-xxxxxxxx-xx」のコードを入力します。他のタグは不要です。UAから始まるコードを入力するだけでOKです。

GA-code

3.コメント

コンテンツを読んでいるユーザーは、将来のお客様になる可能性があります。読んで終わりではなく、「ちょっと聞きたいな。」といったユーザーを逃さないためにもコメント欄は表示させておくのが良いですね。

「設定」→「ディスカッション」→下記の項目にチェック

コメント

以上、とりあえず「必ず設定したい3箇所」でした。あとは、「コンテンツの作り方」になりますが、それについては、後日紹介したいと思います。


Adsense

関連記事

ニッチジャンルでSEO

ニッチなジャンルで検索結果の1位を狙う方法

「マニアックでニッチなジャンルでSEOを施策し検索結果の1位を狙ってみる」というのが最近の趣味的な取

記事を読む

ハイかイイエか!

するするスクロールするページの作り方

久しぶりにJavascript入りのページを作成。 と言うより、開業時の許認可の必要の有無」が

記事を読む

差し込み印刷(サムネイル)

ダイレクトメール(DM)はWORDの差し込み印で

ワードを使い始めて何年でしょう。 「差し込み印刷」という機能を初めて知りました。 こんな

記事を読む

さくらインターネット

さくらインターネットでネットショップを開設

さくらインターネット(レンタルサーバー)でネットショップとは、これまたマニアックですね。でも、できな

記事を読む

壁掛けテレビ

ネットショップ繁盛の方法は繁盛店に学ぶ

壁掛けにできるくらいの薄型テレビを購入しました。ただ、そこには壁掛け用の金具は付属していないんですね

記事を読む

機能アップ

4つの機能アップをお願いを申し上げる

数年ぶりにショップサーブに要望。 (1)「お店ページを更新する」ボタンが、いちいちページ編集ペ

記事を読む

メディアEC

ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取りざたされていますが、実は、これ

記事を読む

カートボタンの作り方

カートボタン(購入ボタン)の作り方

確かに、ショップサーブのデフォルトのカートボタンはパッとしないですね。「できればオリジナルを作りたい

記事を読む

テーマは着せ替え

テーマをインストールする(デザインの着せ替え)

wordpressの優れているのはデザイン(テーマ)が自由に着せ替えできる点です。インストールしただ

記事を読む

請求メールの書き方

請求メールの書き方の基本ポイント4つ

煽り系のメルマガに、まんまと釣られて商品を購入することになりました。以前にも1度購入しているのですが

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑