*

税理士法人のネーミング(ヒマつぶし)

公開日: : 最終更新日:2016/07/08 ネーミング・キャッチコピー, ネットビジネス, 副業

この記事は約3分で読むことができます。

ランサーズ(Lancers:仕事募集応募サイト)を見ていると、新規法人や新商品、新サービスのネーミングやキャッチコピーの募集がたくさんあります。「自分の商品くらい自分で考えよ。」なんて思いますが、100点満点のネーミングができれば、Lancersはいらないわけです。そういうわけで、みなさん、他の人の脳みそをお借りしているという状況でしょう。

実際に、応募するのも良いですが、ネーミングの練習としてブレスト的に使うのは、適度な暇つぶしになります。

【お題】新規税理士法人のネーミング

ご依頼主は、覚えやすいとかドメインが取れるとか、信頼感や堅苦しさのなさなど、いろいろな条件を出しておりますが、客として税理士法人に求めるのはひとつだけ。

それは税金が安くなること。

ですよね?

となれば、ひとつしかないんじゃないでしょうか。

税理士法人 節税マニア

ま、これでは、信頼感に欠けますし、ふざけすぎです。

そこで、考案したのがこれ。

税理士法人タックスセービング

「tax saving」とは日本語に訳すと「節税」です。ですから、法人名を日本語にすると「税理士法人 節税」。ま、これはふざけているとして、「タックスセービング」はアリかなと思います。ただ、何十人もの税理士スタッフを抱える法人としては、やや軽いがしますので、このネーミングは、個人事業でちゃらくやってる税理士事務所向きかもしれませんね。

個人的にネーミングするならこれ。

税理士法人タックスヘイブン

「tax haven」とは日本語にすると「租税回避地(そぜいかいひち)」。要するに、「日本で事業をやってると税金ばかりでいっこうに儲からない。」そんな企業が、海外の税金の安い国や地域に現地法人を作ってしまうあれです。

まぁ、税理士法人租税回避値とは、これまた不謹慎極まりなく、国税局にケンカを売るネーミングなのは間違いないです。ですから、本業で税理士やる方は、くれぐれも、税務署を敵に回すようなネーミングは避けたほうがよろしいかと思います。

納税は国民の義務

Adsense

関連記事

自社コンテンツも買う時代

自社サイトのコンテンツも買う時代?

お仕事募集ページには「記事を買う」募集がいっぱいあるのですが、その大半は、自社コンテンツなどの外注の

記事を読む

アンケート

アンケートに答えたらサービスがよくなった

アンケート(enquête)はフランス語で、英語ではSurvey、questionnaireと言うら

記事を読む

DIME

週末副業で稼ぐ108の方法

今回はDIME誌。「ネット」「稼ぐ」「副業」「収入」というキーワードは女性の次に目が行くポイント。つ

記事を読む

no image

広告費と外注費の配分を変更してみる

あまり効果の出ていない広告費を削って、それを外注費に回すというアイデア。外注とは仕事を外部に委託する

記事を読む

有名ASP

本気でネット販売を始める人に有名ASPをすすめる7つの理由

企業さんに通販システムを聞かれた場合、だいたい、ショップサーブをすすめています。ショップサーブは、ネ

記事を読む

マッチングサイトの作り方

仲介サイト(マッチングサイト)の作り方について

検索キーワードがほとんど取得できなくなったので月単位でも目を通せるレベルです。楽しみが減ったといえば

記事を読む

楽しくない

リアルのショッピングに比べてネットショッピングが楽しくない5つ理由

ショップサーブを借りてネットショップを開店する。個人的には、もはや常套手段となったネット開店手法。ネ

記事を読む

逆境の中で

逆境の中で破壊的改革はできるのか

どんな業界も栄枯盛衰ですね。かなり前から「若者の自動車離れ」というキーワードをよく見かけますが、その

記事を読む

ココナラ

副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシャルTVで見たよ~。興味あるけ

記事を読む

キュレーション・サイトとは

キュレーション・サイトとは

curationはcurator(博物館・図書館などの館長=いろんな情報を分類したりまとめたりする人

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑