ホーム > ブログ1 > 年商とは?月商とは?年収とは?

年商とは?月商とは?年収とは?

「年商(ねんしょう)1億です。」と聞くと、「自由に使えるお金を1億得ている(手取り月給800万以上!?)」と勘違いしている人もまだまだいます。これは間違っています。

おすすめ記事
ネットショップの年収ってどうなの?

年商とは?

年商とは

年商とは、文字通り1間のい(あきない)の総額ことです。一年間の総販売額(総売上)です。1億円の商品を年に1回だけ販売しても、それは「年商1億円」です。「1年間にいくら売ったか?」というのが年商です。

会社や事業に入ってきたお金で、社長が使えるお金とは別のお金です。年商1億円の会社の社長の年収が300万と聞いても、なんら不思議ではありません。

年収とは!?

下の図のように、会社や個人事業、お店に「売上げ」として入ってくるお金は「年商」や「月商」、「日商」 を使います。そして、社長や社員、アルバイトとして、「会社からもらうお金」を年収や月収などといいます。

「年収」の勘違いも多いですが、、税金とかいろいろ引く前の金額のことです。ですから、年収1億でも、最終的な手取りは1億円になりません。税金がっぽり行かれるからです。保険や年金も引かれます。サラリーマンで年収1,000万くらいだと、手取りは800万くらいです’(家族の有無などによって変わる)。

年収とは

金額に驚くのはど素人

年商いくら、年収いくらで驚いたり盛り上がるのはよくあることですが、商売をするようになると、年商や年収は、たんなる目安で、いくら高かろうが驚くことはなくなります。サラリーマンの年収は聞けば手取りはだいたいわかりますが、売上げや社長の話となると、もっと、立ち入った「いやらしい」ことを聞きたくなります。

例えば、「年商1億です。年収は800万くらい。」という社長。でも、車はお約束のベンツなのですが、社用車です。つまり、会社のお金で買った車です。社長の年収800万円からは出ていないのです。会社は「法人」と言います。社長は「個人」です。

「法」、「個」で2人の人がいるのがわかりますか?それぞれにおさいふがあるのです。例えば、社長ひとりでやっている法人の場合は、会社で使えるお財布(年商が入ってくる)と個人で使えるお財布(年収が入ってくる)2つあることになります。これが、同じ年収でも事業主のほうが使えるお金がはるかに多い理由です。

話がそれてしまいましたが、これ以上はちょっとヒミツで。

ビルのイラスト
http://www.sashienomori.com/japanese/office1.html

↑ PAGE TOP