*

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」というビジネスも、なかなかおもしろそうです。そういった売買ができるポータルサイトを見ていると、各案件の撤退理由には「本業が忙しくなったから」とか「別で始めた事業に集中するため」とか言った理由が書かれていることが多いです。

売却

確かに、例えば、月商500万のネットショップができたとき、同時進行で運営している月商2万、3万のお店は、必然的に、おざなりになってしまいます。人間、現金なもんで、つい、優等生をかわいがってしまうわけです。そこで、そういったメインに比べて重要度の低いサービスは、他人や会社に売り飛ばしてしまうという案も浮上します。

でも、これらは「結果的に、そうなってしまうケース」ですが、逆転の発送で、売却目的にサイトを立ち上げるというもの全然アリということになります。そうなると夢は広がります。

当然、赤字のネットショップやECサイトは売れるワケがありませんが、ある程度の集客力があったり、会員も持っていたり、PV(ページビュー)があれば、それなりの値段がつきます。もしかすると、2年3年と運営していれば、現状より大きな収益を生むかもしれませんが、そこに執着せず、すぐに手放すというもの悪くないと思います。

必要なのは、(1)アイデア、(2)技術力、(3)そして売買に関する知識

(1)アイデア・・・これがなければ何も生まれないので、とにかく見聞を広げて、だれもまだ手をつけていないアイデアを見つけることですね。

(2)技術力・・・サイトを立ち上げて、SEO施してPVや売上の実績を作る。売上に関しては1円以上であれば、「ポテンシャルあり」ということで、評価される可能性は高いでしょう。サイトのシステムは、ショップサーブなどを使って、仕組みを作っておけば、技術的な引き継ぎはいらないので、そこはASPを使っておきたいですね。

(3)売買・・・売った買ったが基本ですが、ドメインやサーバーの名義変更などが必要になるので、あらかじめ、そういったことに対応できるサービスをあらかじめ選んでおく必要があります。ムームードメイン(mumu domain)もショップサーブも簡単にできます。

後は引き継ぎ系です。小さいとは言え、事業そのものを譲渡するわけですから、運営方法を完全にシステム化、マニュアル化しておく必要があります。勘に頼る部分とか、暗黙知の部分はなるべくないほうが良さそうです。HTMLがわからないような人でも運営できる仕組みを作っておけば、より高く売却できるでしょう。おそらく。。。

ちなみに、yahoo! shoppingで作ったネットショップを譲渡することは今のところ無理です。X店をA社からB社に譲渡する場合、B社はX店のデータを譲り受けても、X店をそのまま運営することはできません。B社が新たにYと計約して新店を開設した上で、X店のデータをインポートしなければいけないようです。

http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/a_id/101387/p/519

事業譲渡

Adsense

関連記事

OL主婦

OLや主婦のネット販売

「ネットショップ開業」と言えば男子。なぜか、そんな先入観があるのですが、実は、数字を見ると女性が半分

記事を読む

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べて、訪問者数は少なくなります。

記事を読む

ハミングバード

ハミングバードを知らないあなたは・・・

「ハミングバード」と聞いて「何それ?」というあなたは相当遅れています。本日学んだ専門用語、英語で言う

記事を読む

大きくしてみてはどうか

オズボーンのチェックリストNo.3「拡大」の事例

オズボーンのチェックリスト「大きくしてみたらどうか?(拡大)」「大きくしてみてらどうか。」以外で

記事を読む

スーツケース

従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そんな時代の趨勢に便乗して出張時は

記事を読む

no image

OEM契約とライセンス契約の違い

輸入品を扱っている場合など、わりと頻繁に出てくる基礎知識「OEM(オーイーエム)契約」と「ライセンス

記事を読む

ショップサーブ・特殊タグ一覧

ショップサーブ・メール・テンプレート用特殊タグ一覧

メモ記事です。というか、ショップサーブのマニュアルがPDFなんですよね。 これ、まじ使いにくい

記事を読む

SEO

これで十分。役立つSEO情報サイト2つ

しばらくSEOについては放置してましたが、ここへ来て、久々にしっかりお勉強中。ブックマークしていたサ

記事を読む

自動引落

クレジットカードの継続課金、自動引き落としについて調べ中

お客さんに定期的に買って欲しい新商品をがあって、それを、「カードで毎月引き落としするあれでやってみる

記事を読む

プロダクトアウト

マーケットインとプロダクトアウト

今のショップ運営者にとって、このようなマーケティングの用語も基本知識のひとつになりましたね。

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑