*

オズボーンのチェックリストNo.3「拡大」の事例

公開日: : 最終更新日:2016/12/11 マーケティング, 起業や開業

大きくしてみてはどうか
オズボーンのチェックリスト「大きくしてみたらどうか?(拡大)」「大きくしてみてらどうか。」以外では、「強くしてみたらどうか?」「高くしてみたらどうか?」「長くしてみたらどうか?」「分厚くしてみたらどうか?」などがあります。

大きくしてみるのは、物理的な大きさのほか頻度や付加価値、時間を長くする、というのもありますね。個人的には、さらに、量や数を「増やしてみてはどうか?」なんてのも一応考えます。

ま、このアイデアを生むための視点は、わりとポピュラーですよね。

大きくなった商品

みんな大好きポッキーの特大バージョンです。写真で見ると大きさはわかりませんが、箱の高さは28cmです。通常のポッキーが16cmほどなので、ほぼ2倍ということになりそうです。

長くしてみた

「一人用の縄跳びが先か大縄跳びが先か」は知りませんが、個人用を団体用に長くした例と言えます。また、商品の事例で言えば、女性がご存知のやつがありますが、この場での画像提供は差し控えさせていただきます。サービスについても「長くしてみてはどうか?」という視点もアリです。

長くしてみた

強くしてみたらどうか

通常は3%や5%くらいの度数のものを10%弱まで強くしたドリンク。靴は靴でも、衝撃に強くした安全靴。接着剤や両面テープも強力なやつあります。

量を増やしてみた

最近よく見かけるのが、洗剤の大容量です。「どうせずっと使うんだからもっと容量が欲しい。」という消費者の要望に応えたであろう洗剤や柔軟剤、消臭剤などの大容量バージョンはもやは定番です。

商品名やキャッチコピーで使えるキーワード

キャッチコピーや商品名に使える大きい系をイメージできる言葉は、「ビッグ」「ラージ」「ジャイアント」「ジャンボ」「特大」「超特大」「2倍、3倍」など。

また、容量に関しては「増量」、強いは「ストロング」「パワフル」、長いは「ロング」、高いは「ハイ(HIGH)」「スカイ」「ノッポ」、分厚いは「ヘビー」、「厚い」は、英語で「thick」と言いますが日本人には馴染みがないですね。


Adsense

関連記事

横取りマーケティング

スマホサイト横取りマーケティング

すでにスマホ・ショッピング全盛です。楽天やヤフーに出店しているネットショップは、スマホからアクセスし

記事を読む

spike

ネット販売業界激震!?カード手数料0円のサービス

現在使っているショップサーブのクレジットカードの手数料は業界でも最安値クラス。VISAやMASTER

記事を読む

バレない副業

2015年副業しっかり。会社にバレない対策に意外な盲点あり。

「今年から副業に勤【いそ】しもう。」 そう考えているお勤めの方も多いことでしょう。ぜひ、ばれな

記事を読む

フリーマーケット

着なくなったTシャツはリアル販売で

着なくなったTシャツですが、まず思い浮かぶのはヤフオク出品。でも、ノーブランドのTシャツは値がつかな

記事を読む

カリギュラ効果

これだけは絶対に見てはいけない

禁止されると、かえってやってみたくなる気持ちを引き起こすことを、心理学では「カリギュラ効果」と言うら

記事を読む

モバイルフレンドリー

スマホ最適化しないと検索ランクに影響

本来は公開しないことを公開しましたね。Google。 「PCサイトだけじゃだめよ。スマホやタブ

記事を読む

スマホショッピング元年

ネットショップ元年は2017年だった!?

「ネットショップを開業したいけど商品や、何を仕入れたらわからない。」「商材はあるけどライバル

記事を読む

ネットショップ祭り

東京でリアルな「ネットショップ祭り」というイベントが行われていた

昨年5月17日(日)、あのカラーミーショップ主催の「にっぽんネットショップ祭り」なるリアルなイベント

記事を読む

ショートカット

企業の通販部門は急がば回らない。その道のプロを頼ってショートカットを。

趣味で習い事をしている人も多いと思いますが、何かを始めるときに「その道のプロや先生から学ぶ」というの

記事を読む

no image

運営中のネットショップを「買う」という選択もある

「webshop開業したい。」というとき、自分で1から作り上げる方法の他に、既存(運営中)のネットシ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑