*

ウェブページの最終更新日や投稿日を調べる方法

公開日: : 最終更新日:2017/07/27 ウェブ・テクニック

ネットショップ運営者はもちろんのこと、EC関係者がウェブで情報を検索するときに重要視するのが、ページの最新のアップデート日、つまり、「その情報の鮮度はどうなのか」という点です。

このブログは、記事の投稿日は公開されますし、更新すると「最終更新日」が記録されます。

でも、ネット上には、検索でたどり着いたページにいつ書かれたのかわからに記事も多数あります。業界の裏事情などが書かれたページは、それがいつの時代のことなのかは重要な問題ですから、記事を鵜呑みにすることはできませんよね。

もし、日付のないブログ記事やホームページに出会ったときは、ぜひ最終更新日を調べることによって、その情報の鮮度を知って役立てましょう。

確かめる方法はとても簡単です。

調べたいページを開いた状態で「コントロール」キー+「シフト」キーを押しながら「J(ま)」を押します。(ブラウザはChromeをご利用くださいませ。)

CTR+SHift+J

わかりやすい図でしょう。

するとブラウザの右半分によくわからない画面が登場します。

更新日

こんな感じです。この部分の一番したの「>」の後に、「alert(document.lastModified);」をコピペしてペーストします。そして「Enter」キーを押すと、そのページの最終更新日、いつ書かれたか、という情報を知ることができます。

一連の作業を動画にしたのがこれ。

ただ、この動画では、記事は2011年9月で、更新日は2015年1月になっています。これは、記事作成が2011年で2015年に更新したのではなくサーバーの引っ越しをしただけです。という例外もあるので、一応念頭に入れておくと良いでしょう。コンテンツの更新というより、ファイルの更新日と捉えたほうが良いかも知れません。

※動画の最後に出てくる「入力]」はミスです。


Adsense

関連記事

バナー

効果的なバナーを作るコツ

いざバナーを作ろうと思うといつも困るんですよね。 効果的なバナーどうやって作れば良いのか?

記事を読む

moviemaker

Windowsムービーメーカー謎の現象に悩まされる

動画編集ブームに陥って、Windowsムービーメーカーでお店ページに貼り付ける動画を編集していました

記事を読む

フリーランスの自己ブランディング

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍してい

記事を読む

welcart

ブログでネットショップ構築

wordressのショッピングサイト・プラグイン「welcart」。 WPのサクサク感は心地よ

記事を読む

心理学

ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセールステクニック、キャッチコピー

記事を読む

SEO

これで十分。役立つSEO情報サイト2つ

しばらくSEOについては放置してましたが、ここへ来て、久々にしっかりお勉強中。ブックマークしていたサ

記事を読む

本店サイト

御社本店ネットショップは伸びてますか?意外なほどやっていない事がたくさんありますよ!

ネット通販事業として最初に公開したのが楽天。同時に「rakuten.co.jp」のつかない本店サイト

記事を読む

メルカリ売れた

メルカリ売れた!(初注文)苦節200日!?

メルカリに出品すること100日か200日か。コメントやイイネなどがつくものの売れる気配なく完全放置す

記事を読む

売れてる本の表紙デザイン

売れている本は表紙デザインが秀逸

ショッピングカートを作りたい! APIを使えるようになりたい! マッシュアップサイトを作

記事を読む

CRM

顧客管理にはいろいろあるけれどネットショップのCRMは?

ひとことに顧客管理(CRM)と言っても、その意味はさまざまなんですよね。例えば、売上だけ見てあれ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑