*

ウェブ担当者は効果的なランディングページが作れること

公開日: : 最終更新日:2017/07/13 ウェブ・テクニック, ネットショップの作り方, ネットショップ運営

ランディングページを作るのは、ほんと難しいですね(泣)。

もう、効果的なランディングページを作れる人助けてください・・・orz。

とお願いしたいくらいです。

「ホームページが作れる(HTMLやCSSを理解している)」レベルの人は、今は掃いて捨てるほどいますし、その程度では仕事にならないです。雇われても時給850円とかでしょう。世知辛いWEBの中ですな。

ウェブの現場で求められているのは、直帰率が低く転換率の高いページの作成スキルです。これができる人は、良い給料もらえます。そして、自分で稼ぐこともできます。だから、雇われない。そして、人材枯渇。

さて、せっかくランディングページを作ったので、復習したいと思います。ただ、通販の場合、あまりに長いランディングページは向かないので、ショートバージョンが良いですね。

1.つかみはファーストビュー

ファーストビューで「あ!このページは自分が探している商品がある!」と3秒以内でわかるキャッチコピーやバナーを用意します。ただし、前提として、検索ワードと一致する内容である必要があります。「マンゴー 通販」と検索してきたユーザーには、「マンゴーありまっせ」が最初に来るのが必須です。

マンゴーの写真

これは悪い写真の例ですね。マンゴーでやってくるからマンゴーの写真なら何でも良いかというとそうじゃないです。コノマンゴーの写真をみても「おいしそう」とは思えません。だから、切って食べる寸前のマンゴーの写真などをキャッチコピーを載せたアイキャッチ画像を用意します。(作成1時間)。キーワードはお馴染みシズル感。

2.使用後のイメージさせるキャッチコピー

普通のマンゴーなのか、特別なマンゴーなのか、それともまずいのか。これを食べたときに感じる感情を想起させるようなキャッチピーが良いですね。商品名に該当します。「固くて切りにくく、食べると舌が超絶しびれる悶絶マンゴー」とか。ま、よくあるのは、「○○県□□さんの手作りマンゴー」とかですかね。(考えるのに1時間)

3.商品情報

ここまで読んで欲しい人は普通に買いますから、このセクションに商品情報をすべて掲載して購入できるようにします。「購入しようと考えている人が、次に気になるのは、送料や支払い方法、納期などです。これらはヘッダーに入っているので、省略しても良いですが、送料無料の場合はしっかりアピールです。(説明文等1時間)

できれば、このあたりで2とかぶりますが、ベネフィットを列挙しておくのが良さそうです。ベネフィットとは、それを使って得られる体験のことです。「お客さんはマンゴーが欲しいのではない、マンゴーを食べたときの幸せを得たいのだ。」というあれです。マンゴーを売るな幸せを売れ、ですね。

商品情報

4.証拠や共感

「でも食べたらまずかったらどうしよう。」という不安を持っているユーザーは、このセクションまでやってきます。ここで、本当においしい証拠を突きつけます。1つの例がお客様の声です。「いかにおいしかったか。」というお客様の声を、実名と共に掲載します。できれば、テキストではなく、手書きフォントを使ったイメージ画像のほうが効果的です。

客の声

5.信頼

そこまで証拠を突きつけられても信用しない疑い深い人のためのセクションとでも言いましょうか。「有名パティシエも絶賛」「○○のランキングで1番」などとどめを刺すイメージです。

6.差別化

「マンゴー農家はいろいろあるけれど、俺のマンゴーこそ最高だ。」という差別化です。どこがどのように最高なのか、小学生にでもわかるように説明します。初回購入は特典をつけるとか、商品の中身ではないところで差別化する方法もあります。

7.ストーリー

後は、商品の開発ストーリーなど感情に訴えるセクションを設けるなどもあります。自家製の商品ならストーリーは簡単にできますが、メーカー市販品などを売る場合は、勝手にストーリーを捏造するわけにはいかないんで、メーカーサイトや担当者に開発秘話なんかを聞くというのもありですね。

ちなみに、お客さんの視線は、あっちこっち飛ぶので、至る所に「信頼」「差別化」の隠れキャラを仕込んでおくと、よりコンバージョン率は高まると思います。

追伸

本日は、ショップサーブのセミナーに刺激を受けてランディングページ作成に取り組みました。3時間半でなんとか納得のいくランディングページができました。人間集中力は90分などと言いますが、やればできる子です。


Adsense

関連記事

no image

ショップ運営者のメール処理テクニック

ショッピングモールに出店して間もない運営者から「某hoo!さんから、こんなメールが来たのですが、どう

記事を読む

ヤフー難しい?

ヤフーショッピング 店舗開設は難しいか?

複数ワードではなく、質問型キーワードでご訪問。 ヤフーショッピングにはトータルで5、6年出店し

記事を読む

ウェブダブ

ウェブダブ(WebDAV)これは超便利!

WebDAV(ウェブダブ) サーバーにアクセスする場合、通常はFTPソフトが必要ですが、Web

記事を読む

no image

ネットショップの選び方(独学派か学校派か)

ネットショップ開業サービスを選ぶ際の基準について・・・ 何か新しいことを始めるとき、「自力でで

記事を読む

カウントダウン

通販会社スタッフに求められるスキル

「ウェブページが作れる」 「エクセル・ワードができる」 「フォトショップが使える」 「イラスト

記事を読む

フォローメール

フォローメールはスマホで読まれることが多いことを考えると

楽天で買い物したお店からフォローメールが届きました。スマホで読んだわけですが、「さっと読めるのは

記事を読む

行動規範

(株)Eストアーの行動規範

(株)Eストアーはショップサーブというネットショップ開業システムを提供している企業です。長年使う中で

記事を読む

集客力強化

集客力を強化するための裏ワザ

書いてしまった段階で裏ワザではないんですが、見ている人は少ないですからね。見て使った人には裏ワザです

記事を読む

ROE

「とは」で検索して「とは」について考えたSEO

ネットショップ運営者に取って「検索」は、ショップ運営する上での呼吸のようなものです。ほぼ毎日欠かさず

記事を読む

店舗メール3つのコツ

開店前に知っておきたい「ショップサーブ店舗メールの使い方3のコツ」

ショップサーブだけに限ったことはでないですが、メールの使い方については3つのコツがあります。

記事を読む

Adsense

Adsense

初めてのメルカリ
初めてのメルカリショッピングで

ネットショップ運営者とは言え、C業界人ですからね。EC業界のことは広く

ハッシュタグとは
ハッシュダグとは

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって

メルカリ3
メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。

商材見っけ
トップセラーで商材見っけ!

仕入れ0.01掛けから7掛けまでの商売をしていると、それ以下の掛け率の

no image
スマホだけでネットショップ運営

「当日は、このメールをプリントしてお持ち下さい。」なんてありますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑