*

ECサイト運営者のお勉強(PLC-プロダクト・ライフ・サイクル)

公開日: : 最終更新日:2018/06/01 ネットビジネス

今よりもっとバカの時代、「これ」を知っていれば、大量の不良在庫に凹むこともなく。ほろ苦い失敗を避けれたであろう法則があります。

PLC
プロダクト・ライフ・サイクル

わかりやすく言うと、ほとんどの商品には寿命があるということです。バカ売れしている商品もいずれは売れなくなる。斬新なビジネスモデルもいずれは行き詰まる。さらには、会社でいうなら栄枯盛衰です。

ただし、これはあくまで「基本的に」という話で、コンスタントに売れ続ける定番品もあれば、何年も売れなかったのに、何かのきっかけで突然売れ始める商品もあります。

残念ながら、当店の商品はPLCのセオリー通り、導入期から入り、成長期、成熟期、そして衰退期を経て、無事ご臨終と相成りました。

グラフはこんな感じです。
plc-graph

新製品を開発した場合は、導入期はコスト回収のため赤字です。成長期に入ってから利益が出始めるイメージです。

でも、市場はインターネットで、しかも既製品の販売だったので、導入期から黒字でした。最初から売れてしまったので、「売れて当たり前とばかりに、すっかり勘違いです。

商品は成熟期から衰退期に差し掛かっているのに、成長期の成功体験が強烈すぎて気づかなかったんですね。

結果、大量の不良在庫をかかえ、「どうしたものか・・・」と頭を抱えることになったわけです。始まりから、中を経て終わるまで3年ほどこことでしたでしょうか。

今、世の中を見れば、2、3年のサイクルで、はやっては廃れていく商品やサービスが目に付きます。

ひとつ気がかりなのは、というか、もしかして、すでに成熟期から衰退期に向かっているのではないか?と思えるのがインスタです。

「インスタ映え」が流行りましたが、流石にインスタ映えの写真ばかり見てると、どれも同じに見えてきて、感動も薄れてきました。ま、主観だとは思いますが。

あと、ECサイト運営で利用中のショップサーブですが、「ECサイト専門のASP」という業種ですが、PLCでは成熟期です。衰退期へ入るタイミングがいつになるか・・・という感じです。株式を保有している人はEC業界のトレンドに敏感にならないと行けないですね。



Adsense

関連記事

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング制作中

新しくブログというか、ウェブサイトを作っています。いわゆるコンテンツマーケティングの部類にはいるので

記事を読む

ネットバンキング

ネットバンキングが使いやすい銀行は?

銀行口座を作りすぎて大混乱中。内ひとつは屋号口座。全部で20口座はあるのではなかろうかという勢いです

記事を読む

有名ASP

本気でネット販売を始める人に有名ASPをすすめる7つの理由

企業さんに通販システムを聞かれた場合、だいたい、ショップサーブをすすめています。ショップサーブは、ネ

記事を読む

ランキング

2014年のブログ人気記事ランキング3

2014年5月からブログを引っ越ししてからのランキング。ときどき、過去のブログを見て反省しないといけ

記事を読む

グーペ

純国産ホームページ作成サービス「goope(グーペ)」を使ってみたネット業界人としての感想

ネットショップ一筋20年、ネットショップの企画、構築、運営がメインなので、普通のホームページを作る機

記事を読む

記事ライター

ブログ記事ライターの募集がいっぱい

お仕事募集掲示板見るのが楽しいです。 それで気づいたことのひとつが「ライター募集」の多さ。

記事を読む

no image

これはオモシロイ!マニアックなネットの楽しみ方

ランサーズ(Lancers:仕事募集応募サイト)でライティングの仕事に応募してみました。「依頼者の指

記事を読む

no image

ネットショップ運営者向け電話機やスマートフォン

ネットに電話番号を公開すると、それは「電話を受けます」という意思表示としてとられて当然ですが、困った

記事を読む

TVショッピング

テレビショッピングは販売の仕掛けなど見どころ満載

テレビショッピングと言えばショップチャンネル。日本初のTV通販番組として1996年に設立された会社で

記事を読む

ヤフーショッピング出店めんどくさい

訪問キーワードです。 面倒!大変!だりー! 確かに! 出店作業はめんどくさ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑