*

利益率は高ければ高いほどいい

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ネットショップの仕入れ, ネットショップの作り方

「仕入れがいくら」「掛け率がいくら」など、結局のところ、ショップ運営者、あるいは仕入れ担当者が知りたいのは利益率。その商品を販売して、どれだけの利益が残るのかがもっとも重要なポイント。何か商材を考える場合、できれば利益率の高いものにありつきたい!

ネットを調べるといろいろ出てきます。コンタクトレンズの原価は30円とか、140万円の車の原価は22万円、ファミレスのハンバーグの原価は30円前後、歯ブラシは1本1円!、書籍の原価は35%あたり。コーラは1缶5円。ポカリスエットなんて98銭って!

誰が書いたかわからないサイトですが、「はい。その商品1点の原価は30円くらいというのは知っています。業界にいましたから。本当の話です。」と言える商品がいくつかあることを考えると、ほぼ、正確な情報かも知れないですね。

ただ、これは製造原価であって、その他のコストは無視してます。工場の家賃、電気代や水道代、製造用機械のリース代や保守費用、人件費、運送費用などなど。それらが加算されて卸価格になるわけですね。メーカーは原価計算をして販売価格を決めるわけです。

いずれにせよ、問屋やメーカーから仕入れていては利益率は低くなるので、究極の利益率を目指すなら製造者になるに限ります。自作でもハンドメイドでも自分が作れば自由に卸価格や小売価格を決められますから。

そしてメーカー(ハンドメイド作家でもかよい)になって顧客がつけば、価格競争に巻き込まれることなく、安定して売り上げが得られるというメリットがあります。ま、この安定のを得るために、小売店にはない苦労の道のりがあるのですが・・・

※参考
ネットショップの仕入れ

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

アパレル・ファッションの定番仕入れ方法

ファッション系の仕入れは展示会が基本だと思います。直近では、国際アパレルEXPOが2016年11

記事を読む

カウントダウン

勝てる仕入れはメールを使うな

今どき何でもメールで済むと思っている人が多いようです。確かに、メールは便利で、ショップを運営している

記事を読む

no image

予約システムはアプリ開発よりCGI

「予約のシステムを使いたい。」というのはネット系の企業よりもリアルのビジネスのほうが多いかもしれませ

記事を読む

no image

初頭効果の営業マンを客観的に見ると

心理学で言う初頭効果とは、「初対面以降、第一印象に引きづられる。」ということですね。営業案のSさんが

記事を読む

EC CUBE

EC CUBEの使い道をイメージしてみた

ショップサーブを使えば簡単にネットショップが作れて運営できる。 確かにそうです。 わかっ

記事を読む

DVD販売

dena仕入れ儲からない?

「dena 仕入れ 儲からない」というキーワードでご訪問。 「denaでの仕入れが全部儲からな

記事を読む

自分で作れる

ネットショップは自分で作れるのか?

このネタは何回も投稿しないといけないようです。兵庫県某市から接続のAさん。男性か女性か、年齢もわかり

記事を読む

onlinestore

How to create an online store

「ネットショップってどうやって作るの?」という疑問は、日本に限らず、アメリカ、イギリス、ドイツ、フラ

記事を読む

エクセルの表

エクセルで作った表をHTMLページに表示

「エクセル(Openoffice)で作った表をウェブページに移植できる!」と、まぁ~こんなことを今更

記事を読む

ジャンク

仕入れのキーワードはJUNK(ジャンク)

ジャンクとは、ジャンク品のことで、故障している商品や、そのままでは使えないような損傷が激しい商品のこ

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑