*

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り

たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍しているウェブデザイナー、イラストレーター、カメラマン、デザイナーなどです。FACEBOOKの友達になっていて、彼ら彼女らの投稿を日々目にしています。そのうち何人かについて思うのは、「その仕事、本気?」「プロ意識あるの?」ということです。「○○食った」だの、「旅行行った」だの、ひどい場合は、ネガティブなニュースをシェアして怒りのコメントをつけたり。

あなたをよく知る友達にとっては、なんてことない投稿かもしれませんが、1、2回しか会ったこともない人にとって、そういった投稿は、あなたの人格イメージを作るための材料になるわけです。「この人は食に対する意識が低く、ニュース見ていちいち感情を変化させる人なんだ。」なんて思われるわけです。それが人格のすべてだと思われかねないわけです。怖いですね~。

以前、「タダで仕事をやらせようとしてくる友人に、どう対処すれば良いのか?」と言った、お悩み相談のような記事を目にしたことがありますが、タダで頼まれてしまうようなスキを与えている側にも原因があるのではないしょうか。ま、「ただでやってくれ」なんて場合は、確実にナメめられてると思うんですが違いますかね。

「仕事するあなた」=「普段の友達のあなた」と思われていると、仕事も友達として依頼されるでしょうが、「仕事するあなたはプライベートとは全く別の顔」だったら、よっぽど空気を読めない友人でないかぎり、ボランティアの依頼が来ることはないと思います。SNSで自分を曝け出すのは悪いとは思いませんが、よく知らない人に対してのリスクも考えたほうが良さそうです。

フリーランスも自己ブランディング

そこで自己ブランディングという考え方の登場です。「ブランディング」とは、簡単に言えば、「自分はカクカクシカジカの信念を持ってプロとしてやっている人間だ。」ということを周りの人の頭に植え付けることです。

自分で、そのように思っているにも関わらず、周りには「趣味でやってそう。」「副業っぽい。」「お金のことはあまり気にしてなさそうだからタダでも受けてくれそう。」「ヒマそう。」なんて思われると、ブランディングは完全に失敗です。

そこで、自己ブランディング化に向けて準備をするわけですが、いろいろあるテクニックの中のひとつがホームページです。すでにブランドが確率している人にとっては、ホームページは、せいぜい名刺代わりですが、これから仕事を取りたい人にとってホームページは、非常に重要なツールになります。

自己ブランディングの最強ツール ホームページ

最初の話のようにブランディングをする場合のSNSは取り扱いがなかなか難しいですね。でも、ホームページなら、日記は載せる必要もなく、純粋にビジネスのコンテンツだけにしてしまえます。「与えたいイメージ」だけを意識して作り込むことができます。まだ、持っていない人は、早急に作っておくべきでしょう。

フリーランスで仕事をしているのに「ホームページさえない」というのは、このご時世ではマイナスです。プロフィールやポートフォリオなど、基本コンテンツを盛り込んだホームページを公開していれば、少なくとも「趣味?」「片手間でやってそう。」とは思われないでしょう。

友人Aさんも、2年前に話しをした時に「ホームページを作ってポートフォリオを載せていきたいです。」とは言っていたのですが、「苦手だ」「忙しい」など言い訳に、未だに影も形もありません。その割に、趣味ではたっぷり時間を使っているようです。これでは本気度感じられないですよね~

ちなみに、「ホームページを作るのは大変」だと思い込んでいる人も多いですが、それは何十年も昔の話で、今は誰でも簡単に、しかも無料で作れるようになっています。苦手な人でも、がんばれば2、3日でできます。

自己ブランディングに最適な無料HPサービスWix.com

例えば、ホームページ作成サービスのWix.com。

無料でホームページが持てるサービスはたくさんあります。でも、「見た目のクオリティーが高いサービスは、以外に少ないのです。「無料なのはいいけど、見た目がねぇ~」というのが多いのです。自己ブランディングでは、情報を羅列するだけではかえって逆効果で、情報を「魅せる」必要があります。

Wixなら、今風のかっこいいデザインのホームページが一瞬で完成します。「かっこいい」というと語弊がありますが、例えば、お客さんに「質の高い仕事をしてくれそう。」といった印象を与えたい場合に、そういったデザインが選びやすいのです。

特に、写真家やイラストレーターなどアーティスト系のフリーランスの人は、いくら写真の腕が良くても、いくら洗練されたセンスの持ち主であっても、ホームページがダサいと台無しです。

そんな時はWixで無料アカウントを作って、作品をサクサクっと載せれば、今風のイケてるホームページがあっという間に完成するわけです。逆に、作品のクオリティーが低くても、ホームページのクオリティーが高いと、見た人は、作品や仕事もそのレベルだと感じてくれるわけです。人間は単純ですからね。

危険なフリーランス

物は試しです。インテリア・コーディネーターやインテリア・デザイナーなどホームページを作りたいと思います。ログインして、自分の業種にマッチしそうなテンプレートを選んでクリックします。するとサンプル写真の入ったサイトが1分以内に出来上がります。

これ↓
http://netshop7.wix.com/mysite

おしゃれでしょう?

自動的にスマホサイトも完成です。後は、自分の作品など、「できるだけクオリティーの高い」写真に差し替えたり、ポートフォリを作ったりして自分オリジナルのホームページに仕上げていきます。

ちなみに、自分で作ろうとすると、こーいうことになります。

http://www.netshop7.com/sakusei/mysite.html

ホームページビルダーで作った1ページです。本業がウェブデザイナーならまだしも、本業でもないのに自分作ろうとすると、作成、更新に膨大な時間を取られ、本業に時間が取れなくなり、本業の質が下がり納期に間に合わなくなり、ブランドを高めるつもりが下げてしまうという結果になってしまいます。気をつけたいですね。

Wixでは公式ブログでフリーランス向けのコンテンツやポートフォリオサイトの作り方について情報発信しているので、こちらも参考にするといいでしょう。

Adsense

関連記事

no image

ショップ運営に大きく影響を与える人間性

「英語の勉強もかねてたまには英語のサイトを」と思っていたところ、「否定的な人と付き合ってはいけない1

記事を読む

no image

海外から商品を仕入れるにはどうすれば良い?

海外から商品を仕入れる方法は、大きく分けると2つ。 1つは、日本に居ながらにしてネットを使い仕

記事を読む

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」金融商品を学ぶ

金融商品は、ネット販売とは関係ないのですが、たまには他業種の商品について学んで見てもよいのではないし

記事を読む

呪縛からの開放

無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システム)。かつては、「無料で作る」

記事を読む

SSL引っ越し注意

共用SSLの使い方にちょっと注意

個人情報などを送信するページはSSL(暗号化通信)を使うのが常識。でも、独自SSLを買うのはもったい

記事を読む

株式会社やるきねー

とりあえず株式会社を作るのもアリ

新しい年も始まって何か始めよう。「起業しようか。」「会社を作ろうか。」なんて考えている人も多いはず。

記事を読む

welcart

wordpressのネットショプ用のプラグインwelcartをインストールしてみた結果…

以前から気になっていたワードプレスをネットショップにカスタマイズするプラグイン「welcart」をイ

記事を読む

せどり

古本屋でせどりの仕入れ?

近くの古本市場に本を探しに。久々にやってきましたが、漫画本の専有面積が増えて小説やビジネス書などのコ

記事を読む

マッチングサイトの作り方

仲介サイト(マッチングサイト)の作り方について

検索キーワードがほとんど取得できなくなったので月単位でも目を通せるレベルです。楽しみが減ったといえば

記事を読む

サブドメイン

サブドメインの移転とネームサーバの関係

サブドメインとは親ドメインに対する「子ドメイン」のような感じ。苗字が親ドメインで名前部分が「サブ」。

記事を読む

Adsense

Adsense

ショートカット
企業の通販部門は急がば回らない。その道のプロを頼ってショートカットを。

趣味で習い事をしている人も多いと思いますが、何かを始めるときに「その道

ネットマーケティング
実店舗ビジネスもホームページにFBにInstaにとネットマーケティング全開

「美容室を開業した。ホームページを作った。」 以前は、実店舗のホ

儲かるネットビジネス
儲かるネットビジネス見っけ

儲かる(たぶん)ビジネス見っけました。 それは、ずばりフォー

セレクトショップ開業
リアル(実店舗)のセレクトショップ開業方法について

リアルのビジネスを始めようと思ったとき、誰もが、まずはネットで情報

検索キーワードは検索ユーザーとの対話
検索キーワードはユーザーとの対話

GAのオーガニック検索のキーワードの取得がほとんどできなくなって久しい

→もっと見る

PAGE TOP ↑