*

2018年ネットショップ起業5つの真実

公開日: : 最終更新日:2018/01/05 ショップサーブ, ネットビジネス, 起業や開業

この記事は約7分で読むことができます。

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実業で起業した人もいます。その勢いのあるうちに行動を起こすのがコツですね。「やってみたいなぁ~」なんて、のほほーんとしてると、あっという間に2月になっちゃいますよ。

今回はネットショップ運営経験者だから、現役でネットショップをやっている者だからこそ言える開業にまつわる真実を5つあげたいと思います。「5つの真実」なんて大げさな表現ですが、実は、この業界ではいたって当たり前の話です。改めて記事にするのがちょっと恥ずかしいくらいです。でも、業界を知らない人には良い情報になると思います。

と言うもの、化粧品を買おうを思ってネット検索をしたのですが、もうステマ(ステルスケティング・・・要するにヤラセ情報)だらけ。高濃度汚染ですわ。真実に全くと言って良いほどたどり着けないわけです。でも、この記事は違いますよ。

1.絶対副業からで

「脱サラして起業」とはよく言いますが、ネットショップに関してはそれをやってしまっては大やけどです。場合によっては奈落の底へ直行かもしれません。副業として小さく始めるのが鉄則です。

ネットショップがあまり存在しないころは、一念発起で起業していきなり月商100万、1000万なんて話も珍しくなかったんです。でも、今はご存知の通り、売っていないモノはないほどネットショップだらけです。そんな市場では小予算で始めてやるべきことをコツコツ実践していくのが王道です。

2.ネットショップは自分で作るな

ネット業界を知らない人は、「ネットショップ始めたい」→「ホームページ作成ソフトで作る。」という考えになることがあります。これは20年前の話で、今では見当外れも甚だしくトンチンカンなやり方です。ネットショップは手作業で作るものではありません。

「通販システムを借りる」のが正解です。いわば完成品です。ただし、中身はありません。カートや決済、商品ページ自動作成、メルマガ送信機能など、通販を営むためのシステムがあるだけです。後は、あなた(貴社)の商品や情報を追加することで、あなた(貴社)オリジナルのネットショップが完成します。


レンタルネットショップについてのページ参照

3.師匠を持とう

ネット情報で信用してはいけないのは「経験者でない人の話」です。ネットショップをやったこともない、ネットビジネスもやったこともない人の話に何の価値はありません。これは間違いないです。その記事が本物かどうかは書いている内容をある程度読めばわかるはずです。

できれば、リアルの世界で経験者の話を直接聞くのがオススメです。例え、その人の年商が100万円や1000万円程度でも、そのランクの人の話が聞けるのはめったにないないです。ネットしショップは無数にありますが、実際にやっている人に会える機会ってめったにありませんから。

知り合いに『「ネットショップやネットビジネスをやっている人」を知ってそうな人いない?』式の質問で、たいていはたどり着くことができるはずです。あまりに地方だと難しいかもしれませんが、この質問は秀逸なのでお試し頂きたいと思います。

それが無理な場合は、通販システムの老舗企業の(株)Eストアーの無料セミナーを受けに行くと良いです。同社はネットショップのシステムを専門に20年以上の実績があります。年商数億の店舗も多数抱え、それらのショップ運営のノウハウの蓄積もあります。何よりも通販業界の最新情報を知っています。

疑問点があれば、セミナー終了後、講師が個別に相談に乗ってくれます。オンラインのセミナーもありますが、リアルのセミナーとは似て非なりです。電車に乗って、セミナールームに行って話を聞いてみましょう。あなたの間違った思い込みに気づくと思いますよ。

4.まずは教科書通り進めよう

ネットショップ・ビジネスが始まって20年です。当初は、「どうやって運営していくか」という法則は確立されてなかったのですが、ここへ来て、ほぼやり方は完成しています。ただ、アマゾンで教科書も参考書も販売されていません。紙情報はアップデートができないので、変化の早いこの業界に追いつけないのです。

ショップの運営方法を体系的に教えてくれる学校はないのですが、かろうじて、Eストアーの有料セミナーが唯一まともな「ネットショップ運営講座」と言えるかと思います。もちろん、これがすべてではなく、受けたからと言って大成功とはいきません。でも、全容、大枠は把握できると思います。

「やる気があればなんとかなる!」と言った根性論もありますが、ネットの世界はやる気無くても儲かるときは儲かります。やる気あっても0円も当たり前です。これはネットの特徴かもしれません。リアルビジネスは体力や精神力がモノをいいますからね。ネットビジネスは体力いらないです。


ネットショップの運営ノウハウ

5.あせらずメルカリやヤフオクからでもOK

パソコンが苦手なのに「パソコンを使って起業しよう。」なんて勇敢な人もいますが決して間違いではないです。ただ、いきなりハードルが高すぎると挫折が早いです。パソコンにトライしてみて厳しそうなら、メルカリやヤフオクで個人売買的に販売してみるのが、この業界のエントリー的な参入方法です。

メルカリもヤフオクもスマホにアプリを入れるだけでネットで売買ができます。いやぁ~ほんと便利になりました。スマホで商品写真撮ってそのまま出品。早ければ「1分以内に売れる」なんてフツーにあります。自分に近いレベルから、一歩一歩クリアしていくのがオススメです。



Adsense

関連記事

no image

ショップ運営を丸投げする場合の費用

「ネットに参入したいけど時間も人もいない。」 そんな場合、「誰か代わりに運営をしてくれないか?

記事を読む

ヘロウィーン

秋(10月)の販促キャンペーンを打ちまくろう

H26年の家計調査では、10月の食料支出や家具や家事用品の支出ランキングは6位。ちょうど真ん中なので

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

イノベーター理論

ネットショップ運営者の基礎知識イノベーター理論

日々、ショップサーブ管理画面と格闘しながらネットショップ運営をしていると、EC業界のことは何でも知っ

記事を読む

ハンコ作ろう

個人事業主でも専用ハンコは作ったほうが良い

書類を整理してたら、こんなのが出てきました。 社名が入っているので、ぼかしましましたが

記事を読む

銀行後払い

回収リスクゼロの後払い決済がスタート!

8月末の「お知らせ」の注目ポイントは後払い決済のスタートですね。 未回収リスクがない「後払い(

記事を読む

フレームワーク

ターゲットを考える場合のフレームワーク(オリジナル)

新商品が出るたびにターゲット(誰に売る?)を考えます。その時の指針にするチェックリストのようなものを

記事を読む

青色申告

6大メリットの青色申告の届け出は2月28日までに

税制面でとってもオイシイ個人事業。でも、おいしさを漫喫するためには、それなりの手続きが必要です。開業

記事を読む

12月1日~BASEユーザーはエスクロー決済が必須

エスクローとは、簡単に言えば決済の仲介です。BASE株式会社がエスクローを始めるということは、決済の

記事を読む

閉店

あまりに残念な売上げ・・・閉店か移転かプラン変更か

ショップサーブのライトコースで出店しているお店さんの生々しい台所事情。 年商13万円、

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑