個人でサブスクを始める方法(月額0円、手数料3.6%だけ)

個人でサブスクを始める方法

サブスク(正式名称:サブスクリプション(定期購入))が流行っているようで、意外に個人でサブスクを販売する人は少なそうです。

サブスク専門のサイトもちらほら見かけますが、月額0円でも手数料が以上に高かったり、手数料を安く使用と思えば月額費用がかかったり。

でも、「ワードプレス」+「ウーコマース」+「ストライプ」なら、個人でもかんたんに月額無料で、そして手数料は3.6%だけでサブスクが始められます。

といった話があまり出ていないのでメモっておきます。

全体の流れ

まずは、ブログ用のワードプレス(wordpress)を動かすために、レンタルサーバーを借ります。

wordpress(以下WP)が使えれば、基本どこでも良いのですが、 さくらインターネットをおすすめしておきます。

サーバー代は月額500円ほどです。

ということは、実質サブスクのための固定費はサーバー代の500円程度、ということです。

厳密には無料ではないですが、ワンコインなら無料同然といっても過言ではないでしょう!

さて、WPを入れただけではただのブログです。

これに「Woocommerce(無料)」という物販やデジタルデータ販売ができるEC機能のプラグインを入れます。

そして、クレジット決済のStripeを申し込みます。個人でも申し込めますが、免許証やパスポートなどのデータを入稿する本人確認があります。

以上のWP+WC+STRIPEの組み合わせで、サブスクライフがスタートできるわけです。

やらないと損!!!

WPとStripeに商品登録

商品販売ページで、例えば、定期購読月額1000円という商品を作ります。

送料などはいらないので0円の設定でOKです。

そして、その商品が購入されただけでは1000円の入金にしかなりません。

そこで、「Stripe側で定期購入の商品を作り該当者に適用する」といった流れです。

つまり、購入と同時に、自動的にサブスクが始まるのではなく、注文者1件ごとに設定していく必要があります。

まあ、いきなり1万人ものサブスクの申し込みがある可能性は低いので、この手続きは手動でも、さほど手間がかかるものではありません。

Stripeでのサブスク商品の作り方

管理画面から「商品」→「商品を追加」と進みます。

サブスク商品の作り方

商品名と顧客の請求明細に書かれる文字列を入力します。

サブスクの作り方2

サブスク金額や課金期間などを入力します。

サブスク

以上が入力できたら右下の「料金プランを追加」をクリックして完了です。

受注オペレーション

サブスクの注文が入ったら「顧客」→「定期支払を作成」と進みます。

サブスク作り方5

(1)サブスクを適用する顧客を選びます。注文が入っている場合、最新の情報がここに自動的に表示されます。

(2)どのサブスクを適用するか選びます。

(3)「定期支払いを開始」を押すことで完了&サブスクがスタートします。

慣れだけ

Stripeはアメリカの企業なので、この管理画面は翻訳版です。

じゃっかん慣れない言葉などがあるので、yahoo! shoppingのストアツールのように最初は難しく感じますが、繰り返し使っていれば慣れてきます。

要は「慣れ」です。

「慣れ」も面倒に感じる場合は、多少の費用を払ってでも楽なサービスを使うと良いでしょう。

ネット販売をメインにやっている人は、基本「ケチ」ですから、極力金をかけずにやる方法を見つけますから、今回は、その一手法ということでした。

ご参考まで。