*

システムインテグレーターが繁盛すると消える職業が増える

公開日: : 最終更新日:2016/12/22 ECニュース, ネットビジネス

電力会社のカード情報を変更しようと思ったら、なんと!すべてスマホから完了できてしまうシステムが出来上がっていました。少し前までは、「カード情報変更届(複写式)」とかを取り寄せて、それに手書きで記入して送り返していましたから、大きな進歩です。

さらに、電力の使用料のグラフなんかもウェブで見られるようになっています。いつからなんでしょう?システム開発系の企業さん大繁盛ですね。システムインテグレーター(SIer)のお仕事ですかね。これからどんどん伸びそうです。

カード情報の変更について、これまでは顧客が記入した書類を封筒から出して、そのデータを入力する人が必要だったわけですが、顧客がスマホから簡単に変更ができるようになると、その仕事はなくなります・・・・大企業ですから、その辺は専門の部署や専門の担当スタッフがいると思いますが、今後部署自体が消滅する可能性もありそうです。

ショップサーブ運営のEストアーが、「EC強化と人手不足を一気に解決」なんてキャッチコピーを使っていますが、販売の現場もどんどん人がいらなくなっています。ネットショップも全部丸投げすれば自社に人材はいらないですから。自販機操作は外注です。もちろん、コストはかかりますが、人を雇うことを考えれば安すぎるくらいです。

「実店舗(実業)はやっているがネットショップのやり方がわからない。」という人がいるのはある意味当たり前ですね。運営方法が全然違いますから。しかも、実業はアナログ的で、ネットはデジタルですから、右脳と左脳の違いくらいあるんじゃないでしょうか。つながってるけど、基本的に役割は別、ということです。

ちなみに、カス会社の支払い方法も変更したのですが、こちらは相変わらず「変更用紙の取寄せ」からです。しかも、「お届けに1週間前後かかる場合がある。」とのこと。相変わらずお役所的ですな。

※関連
今後有望な業種のひとつはシステム・インテグレーター(SIer)!?


Adsense

関連記事

欠品率

27万点の中からドル箱アイテムを探そう

トップセラー(Top Seller)の商品数が27万点を突破したそうです。27万円はわかりますが、2

記事を読む

作成ツール

ネット販売ホームページ作成ツールはこれだ

訪問キーワード。 このキーワードから、おそらく、「ネット販売はASPを使うのが一番早くて楽」と

記事を読む

まだ間に合う開業

まだ間に合うネットショップ開業

ネット販売というものが日本に入って来て以来15年以上経ちます。毎年、すごい勢いで変化してきましたが、

記事を読む

記事作成代行

ブログ記事の作成代行ビジネスがいいかも

ネットショップはもちろん、リアルのビジネスの運営においても、FACEBOOKやツイッターなど、ブログ

記事を読む

好き嫌い

買うか買わないか、好きか?嫌いか?が基準

普段、友人などとの会話で、話題になっても良さそうですが、意外にそういった話題が出ないのが、この話。

記事を読む

トップセラー

人気ドロップシッピングの通販サイトとトップセラーがコラボ

ドロップシッピングとは、在庫なしでネットショップが運営できる副業としても人気のネットビジネス。仕入れ

記事を読む

ヤフーショッピング出店めんどくさい

訪問キーワードです。 面倒!大変!だりー! 確かに! 出店作業はめんどくさ

記事を読む

評価コメント

レビューを公開前にチェックできるようになる(3月)

Eストアーからのお知らせきました。 HTMLメルマガサービスや登録できるカテゴリ数の増量、在庫

記事を読む

フリーランスの自己ブランディング

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍してい

記事を読む

やり方

2015年からのネットショップのやり方

10年前の2005年と2015年のネットショップのやり方はすっかり変わりましたよね。 2005

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑