*

ステマは倫理観の問題

公開日: : 最終更新日:2016/06/03 ネットショップ運営, ネットビジネス, マーケティング

たまたま同業者のサイトを見た時、レビューのひとつが、明らかに自作自演でした。一般ユーザーが知る由もないことが書かれていたり、不自然にお店を持ち上げるコメントの数々があったり。

「そんなことをしてまで売りたいか?」と、見ているこっちが恥ずかしくなりましたが、このような自作自演的なレビューや評価をすることを、ステルスマーケティング(略して「ステマ」)と言います。

知らない人はいないような超大手通販企業も普通にステマをやっています。自作自演とまではいかないまでも、「プロレビューアーに商品を送ってレビューを書いてもらう」と言った感じです。

使った人の実際の声なので純粋には自作自演ではありませんが、製品の評価を意図的に操作しているという点では、ステマの部類にはいるのではないかと思います。そういったステマを使えば、ネット上ので製品の評価は集められますから企業としては、ありたがたいわけです。

ただ、これが行き過ぎると、「『ネット』というメディアの信頼性が失われかねない。」と警鐘を鳴らしているのがITpro(日経)に記事を投稿している高橋 暁子氏(ITジャーナリスト)です。

ショップ運営者としては、基礎知識として読んでおきたい記事です。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/010500001/010500001/?mlm

運営側を長くやっていると、やらせレビューは、直感的にわかるようになりますが、そんな見破り方などは、どうでもよくて、ショップ運営者としてやるべきは倫理観を持ってお店を経営していくということではないかと思います。

個々のお店が、常識的な倫理観を持って運営することで、高橋氏の言う「『ステマを許す媒体』と思われることは、メディア自身の死につながりかねない。消費者が一斉にそっぽを向けば、メディアとしての発信力や信頼を失いかねないのだ。」といった最悪のシナリオを避けるために貢献できるのではないかと思います。

まぁ、こんなネタもとに記事を書いてうんうんと言う人は、おそらく1000人に一人くらいでしょうが。一応、ブロガーとして、ブログネタとしてあげておきました。あしからず。

Adsense

関連記事

会員ランク

ファン化促進のための顧客会員ランク分け設定について考えてみた

ほとんどのネットショップが会員制やポイント制度は導入していると思いますが、難しいのは会員のラ

記事を読む

Wixニュースレター

Wix.comのニュースレター送信機能をテストしてみた

メルマガ(ニュースレター)を送信する場合、昔はメルマガCGIを使っていましたが、現在はメール送信専用

記事を読む

no image

ショップ運営者はリアルでお勉強を

物販ショップを運営しているなら、定期的に実店舗店に足を運んでいろんな実物の商品を見たほうが良いですね

記事を読む

集客せよ

店長日記にオススメの無料ブログサービス

最近はネットショップを作っても、MT(Movable Type)やWP(Wordpress)をブログ

記事を読む

静岡県&愛知県

地方の個性を部分的に出してアピール

世界の中では日本が長寿国というのは知ってましたが、都道府県別の健康寿命については知らなかったです。沖

記事を読む

操作方法

ネットで買い物するためのパソコンやスマホの操作方法

普段、パソコンやスマホなどIT機器に慣れている人には、信じがたい話なのですが、「ネットショップを

記事を読む

サテライトサイトの損益分岐点。「存続か閉鎖」の境目考察

細かい話なんですが、事実上廃止のサイトをいくつか持っています。それなりのドメインエイジ(ドメインを取

記事を読む

大きくしてみてはどうか

オズボーンのチェックリストNo.3「拡大」の事例

オズボーンのチェックリスト「大きくしてみたらどうか?(拡大)」「大きくしてみてらどうか。」以外で

記事を読む

激減

今後10年で激減する業種「経理担当」、激増する業種「ITコンサルタント」

2014年に、オックスフォード大学が、あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」というレポートを出し

記事を読む

楽しようぜ

衝撃!パソコン自動操縦!操作を記憶して再生する無料ソフト

給料少なすぎ! 会社ブラックすぎ! 体力ついていけないし! 楽して儲けた~い!

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑