*

Wix.comのニュースレター送信機能をテストしてみた

メルマガ(ニュースレター)を送信する場合、昔はメルマガCGIを使っていましたが、現在はメール送信専用のASPや、ショップサーブなどに装備されている機能などを使うほうが一般的になりました。

ただ、有料のASP以外、オマケ的についているメルマガ送信機能は、かゆいところに手が届いていないのが、もどかしいところです。

今回、イスラエルからやってきた「無料WEBサイト作成サービス」であるWix.comのニュースレター送信機能を使ってみました。

結論

点数をつけるなら使い勝手(ユーザビリティー)80点、送信機能80点といったところです。何と言っても、操作がしやすいですね。

ステップ1・・・書く
ステップ2・・・送信先選択
ステップ3・・・送信

初心者~中級者には十分な機能です。

※差し込み機能はなし。

CSVファイルのインポートあり

これはメリット大ですね。自社の顧客リストをCSVファイルに変換して取り込んで、送信することもできます。

取り込めるCSVファイルの形式は、Google形式、Outlook形式、Wix形式の3種類がありますが、GoogleもOutlookも使っていない場合は、Wixのサンプルファイルをダウンロードして、そこにデータを貼り付けて上書きすれば、簡単にインポートできます。

本文が画像化される

本文入力画面ではテキスト入力するのですが、それを送信するとリンク付き画像となって送信されます。これをクリックするとWixの専用ウェブページが開きます。そこはテキストデータになっています。いろいろ分析するために、このような形式を取っていると思われます。

wix-newsletter

これがブラウザで開いた状態↓

ニュースレター3

動画

ニュースレター送信のステップ1~3を動画にしてみました。
BGM付きで。

Adsense

関連記事

個人法人

個人と法人の違い(ネットショップの場合)

法人と個人事業の違いとか、メリット・デメリットとかは、検索するとたくさん出てくるので省略して、ネット

記事を読む

ワル知恵最強バイブル

ワル知恵 最強バイブル(知らない人は一生損する)ムック本

セブイレで一目見てジャケ買いです。 こういうタイプの本は、「ワル(悪)」とは入っていますが

記事を読む

6月の戦略

6月の販促キャンペーン戦略

6月生まれの方には大変申し訳ないのですが、6月といえば梅雨。連休もなし。1年の中でイメージの悪さは3

記事を読む

在庫を持たない

在庫を持つ、在庫を持たない、仕入れの塩梅

某モールからの出店者向けメルマガ。 「売上アップのためには在庫を切らさないようにしましょう。」

記事を読む

100均のネットショップ

100円均一(百均)のネットショップ

100均のネットショップってないと思ってたけど、ありましたね。しかもそこそこの数が。百均といえばダイ

記事を読む

WEB関係の職種

通販サイトの制作関連の職業について

例えば、「イタリアン・レストランを作る、経営する」という場合、関わる職業はかなり多いです。お店を作る

記事を読む

屋号口座

ネット販売向け屋号口座が作れるオススメの銀行

もうね、頭の古い人とはお話ができないです。ソニー銀行とか新生銀行とか楽天銀行とか、ネット専用の銀行名

記事を読む

セット割

まとめ割り機能で客単価アップ(セット割引)

ショップサーブのまとめ割り機能の使い方講座2回目です。(使い方講座1回目) 前回は、いわゆる「

記事を読む

キーワードが取得できない

yahoo!からの検索キーワードが取得できなくなった影響

日々アクセス解析を見ているひとは気づいたと思いますが、2016年12月15日を最後に、ヤフーからの検

記事を読む

レンタルサーバー

レンタルサーバーを開業したいという人に対して

「レンタルサーバーを開業したいのですが?」という人に対して、どういった返答、あるいは、アドバイスがで

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑