儲かる副業選びは最初が肝心かも!

副業選び

この記事は約5分で読むことができます。

副業選び

「食いっぱぐれ。」という言葉があります。若い人にはなじみがないかもしれませんが、「食いっぱぐれる」とは、「食っていけない。」って意味。例えば、「そんな仕事してたら食いっぱぐれるぞ。」(そういう会話はあまりないですが)という感じです。

逆に、「その仕事なら食いっぱぐれることはないよね。」という、昔から言われている代表例が3業界あります。

それは、衣食住の業界。

人間が生活していく上で必ず必要になる3要素?ジャンルです。服を着ないと外に出られませんし、食べないと生きていけない。雨風をしのぐ場所がいる。

逆に、雑貨。

別になくても困りませんよね。キャンドルとか置物とか。あったところで空腹が満たされるわけもなく、雨風がしのげるわけでもない。そういった人が生きていくうえで、さほど重要でないモノのことを不要不急のモノと言います。

さて、副業を始めるにあたって、どの業界を選ぶかは非常に重要で、そこの「入り」でミスってしまうと残念な結果しか待っていません。

「週末起業して好きなことで稼ごう。」なんて甘いキャッチコピーがありますが、「好きなこと」が不要不急のジャンルであれば、まず無理でしょうね。ゴルフが好きとかアニメが好きとか。それをまともな収入に変えるのは至難の業です(詐欺まがいのやり方なら不可能ではない)。

そんなことを思ったきっかけは、このネット販売業界です。

ショップサーブでECサイトを運営していますが、悲しいかな雑貨系なのでハッキリ言って儲かりません。食うには困ってないですが、年商1億とか5億とか、そんな羽振り良くできるレベルではありません。

でも、周りを見て、元気なお店と言えば、決まって「衣食住」関係です。

1つ目は衣の業界。アパレル業界は競合多数で厳しいマーケットと思われがちですが、これが意外や意外、新規参入でもポンっと当たったりするんですよね。チャンスがゴロゴロ転がっている業界です。

アパレル関係の通販に強いMakeshop(メイクショップ)のセミナーに参加して成功事例などを聞くと、「なるほどやはりそうか・・・」と感心してしまいます。普通の主婦がネット通販開業していきなり100万円を売り上げるとか、そんな感じです。

もちろん、アパレルなら何でも当たるわけではありません。「これまでになかった切り口で、かつ、需要がある」場合に限るでしょう。

次に食!

百貨店のなんとかフェアーに行ってみたことがあります。フロアーに入ると洋服や雑貨などのブースが並んでいました。平日なので人も少なく、「盛り上がってないなぁ~つまらんな~」と、思いつつ奥へ進むとフードエリアが広がっていました。びっくりするほどの人だかりです。

やはり、「食」関係は、みんな大好きですね。食に対する熱は今も昔も半端ないです。通販では、ショップサーブに出店しているユーザーさんで、ポテトチップスが大ヒットした例もありましたね。

次に住!

住むところには皆さんお金をかけます。かけるというか、何かとかかりますね。ましてや地震や水害などあると、お家の補修です。雨漏りを放置できませんからね。

そこで、儲かるのが工務店とか工事関係ですね。水道工事しかり電気工事しかり。災害がなくても、家が古くなると漏水や漏電で大忙しです。確実な需要があります。今後は日本は高齢化、老朽化は間違いないので需要はうなぎ上りです。

そんなわけで、衣食住業界。副業を始める際の多少のヒントにはなるのではないでしょうか?

雑貨とか絶対やめたほうがいいですよ。どこかの国の雑貨だろうが何だろうだろうが、今さらホント・・・うれまてんから(TT)